白神山地 マザーツリー

投稿日:

pa040366-2017-09-1-23-00.jpg

西の自然遺産「屋久島」の象徴が「縄文杉」ならば、
東の自然遺産「白神」の象徴は「マザーツリー」。

pa040348-2017-09-1-23-00.jpg

「マザーツリー」に逢うためには「白神ライン」という道を車で走らなくてはなりません。
白神ラインにある「津軽峠」から徒歩数分でマザーツリーに逢えるということで、僕は気軽に考えていました。

pa040351-2017-09-1-23-00.jpg

しかし白神ラインとは、いわゆる林道であり、未舗装・未整備で、極めて危険な道路でした。
砂利道のところどころに大きな穴が開いていたり、対向車とすれ違えないほど狭い道幅だったりと、常に緊張感を強いられる道です。
携帯電話の電波も届かないところも多いです。
実際、転落横転してしまった事故も発生しています。

pa040349-2017-09-1-23-00.jpg

それでもマザーツリーに逢いたい一心でなんとか車を走らせました。

pa040353-2017-09-1-23-00.jpg

そしてついに「津軽峠」まで辿り着きます。

pa040352-2017-09-1-23-00.jpg

なんと、ここまでバスが走っています、びっくり。

pa040354-2017-09-1-23-00.jpg

さて、いよいよマザーツリーに逢おうという時、熊注意の看板がありました。
ビビります。

pa040355-2017-09-1-23-00.jpg

それでも気をとりなおして、前へ進みます。

pa040356-2017-09-1-23-00.jpg

ふれあいの径を行きます。

pa040358-2017-09-1-23-00.jpg

行きます。

pa040360-2017-09-1-23-00.jpg

と、見えてきました。

pa040375-2017-09-1-23-00.jpg

ブナの巨木、母なる木、「マザーツリー」です。

pa040377-2017-09-1-23-00.jpg

女神か…

森の中でたたずみ、優しく微笑みかけるその姿は「母」、と言うより「女神」のようです。

pa040380-2017-09-1-23-00.jpg

ブナの平均寿命は200年ほどですが、白神山地にあるマザーツリーは、推定樹齢約400年だそうです。
胸高直径148cm、胸高幹回り465cm、樹高30mの巨木。

pa040371-2017-09-1-23-00.jpg

確かに、屋久島の縄文杉が威厳と安定感、安心感ある男性的な、父親的存在感だとしたら、
マザーツリーは慈愛と優しさに満ちた、女性的な母性を感じさせます。

pa040379-2017-09-1-23-00.jpg

すぐに団体客などが現れて、現世に引き戻されてしまいましたが、
一寸の間の、僕と彼女だけの世界は、至福と言っていいひとときでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中