五十猛神社:八雲ニ散ル花 20

投稿日:

p7310242-2017-11-15-18-00.jpg

五十猛は妻と海を眺めていた。
そこはかつて、秦国からやってきた父が上陸し、秦国へ旅立っていった海岸であると聞いていた。
しかし五十猛は父親の顔を知らない。
彼が生まれて間もない時に、去っていってしまったのだ。

「お父様は偉大な方です。とても大切な、思うところあって出て行かれたのですよ。」

母、高照姫からは、そう教えられた。

「母と俺よりも、大切なことがあるというのだろうか、あの人には」

彼の父が再びこの島国にやってきたと、風の便りに聞いている。
それははるか西のはずれの小国だそうだ。
秦の民と共に渡来し、村を作り、妻と子を得ているという。

「俺は捨てられたのではないか」

そんな気持ちが湧き上がってくる。
しかしそんな父親も、自分に残してくれたものがある。
それは都だった。

「出雲のはるか東、丹波の国に秦の民を送っている。
少しずつ領地を広げ、安定したら息子を王に迎えるよう頼んである。
五十猛が成長したら丹波を頼れ、私の息子なら、きっと良き王となるだろう。」
母から父がそう言伝たことを聞いた。

「俺は丹波へ行こうと思う。そこで我が民を集め、出雲に負けないくらいの大きな国を造ろう。西の弟に負けてはいられん。お前も来てくれるか。」

妻の大屋姫に問いかける。
もとより彼女は、夫にどこまでもついていくつもりだ。
五十猛は妻を抱き寄せ、どこまでも遠く、水平線の彼方を見つめていた。

b_ornament-2017-11-15-18-00.jpg

p7310237-2017-11-15-18-00.jpg

秦国からやってきた大船団は、あいつぎ日本海に現れ、先頭の船は石見国の五十猛の磯に上陸しました。
その船には徐福が乗っていたと云います。

p7310239-2017-11-15-18-00.jpg

他の船も、次々その近辺に碇を下し、陸にあがって住み着いたと云います。
秦から来た彼らは「秦族」と呼ばれました。
また彼らは高級機織の技術を持っていたので、後には「ハタ族」と呼ばれるようになったと伝えられます。
ハタ族は、出雲の南部にも住んだそうですが、彼らは先住者の所有地でない所を探し続けて、山奥に住むことになったと云います。
穂日家以外のハタ族は、意外に奥ゆかしかったのでしょうか。

p7310241-2017-11-15-18-00.jpg

彼らが上陸した場所、また住んだその場所の地名は、徐福の息子の名をとって「五十猛」(イソタケ)と呼ばれています。
徐福は和国に来てから、和国風の名前として「火明」(ホアカリ)の名前を使いました。

p7310243-2017-11-15-18-00.jpg

火明・徐福は、大屋の地に屋形を構えていましたが、大国主の姫君「高照姫」を奥方として迎えたいと希望しました。
西出雲王家の神門臣家と親しくなつていた秦族の通訳が、その旨を伝えると、大国主・八千戈王はこれに応じ、高照姫は徐福の屋形に輿入れしました。

b_ornament-2017-11-15-18-00.jpg

p7310244-2017-11-15-18-00.jpg

五十猛の海岸から少し内陸に進んだところに、「五十猛神社」があります。
拍子抜けするくらい、簡素な神社です。

p7310245-2017-11-15-18-00.jpg

火明・徐福と高照姫の間に、息子が生まれます。
彼の名こそ「五十猛」です。
徐福の父親は「徐猛」と言いましたので、父の名を一字とって名付けたと云います。

p7310246-2017-11-15-18-00.jpg

大国主の息子「アジスキタカヒコ」の娘に「大屋姫」がいます。
大屋姫は高照姫のお世話をするために、徐福の屋形の側に住み着きました。
やがて成長した五十猛は、甲斐甲斐しくお世話をしてきた大屋姫に恋をし、妻に迎え入れます。

p7310247-2017-11-15-18-00.jpg

「丹後国風土記」の加佐の郡に次の記事があります。

志楽の郷 もとの字は領知(しらく)
むかし、少名彦命と大穴持命が、支配する天下を巡覧するとき、この国をすべて巡り終えた。
さらに越の国にでかけるときに、天火明の神を呼ばれて「あなたは、この丹波の国を治めなさい」と宣言された。
火明の神は大いに喜ばれて、「末永く青雲の領知(支配)する国」と言った。
それで、志楽と言う。

すなわち、火明・徐福は出雲王国領の丹波国を支配する許可を、大国主と事代主から得て、ハタ族を少しずつ丹波国に移転させていたと云うことです。
そしてやがて、丹波に「海族」(あまぞく)、後の「海部族」(あまべぞく)へとなっていくのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中