小杉の大杉(曲川の大杉・トトロの木)

投稿日:

9170425-2018-09-20-20-27.jpg

山形の山奥で、近年にわかに注目をあびているスポットがあります。
「小杉の大杉」、通称『トトロの木』です。

9170430-2018-09-20-20-27.jpg

秋田から仙台空港への帰り道に見かけた案内板「小杉の大杉」。
どっちやねんっ!って一人ツッコミしたのを覚えています。

9170423-2018-09-20-20-27.jpg

その時はスルーしたのですが、小杉の大杉は近年「トトロの木」の愛称で注目を浴びているそうです。
なので改めて、見に行ってみました。

9170432-2018-09-20-20-27.jpg

「小杉の大杉」というのは、小杉地区にある大杉のことでした、なるほど。
トトロの木の近くには、整備された駐車場がありますので、車で行くことができます。
が、場所はやや辺鄙な山あいにあり、道も決して広くないため、アクセスは良くありません。
駐車場に車を停めると、そこにある展望台からもトトロの木が見えました。
山あいの畑の真ん中にある、こんもりとした森がそれ。
う~む、トトロには見えんけど。。

9170455-2018-09-20-20-27.jpg

しかしご安心ください。
森をぐるり回って撮影ポイントに立てば、見えますよ、トトロに!
トトロの木の右側に、駐車場の展望台が見えていますね。

9170443-2018-09-20-20-27.jpg

人の大きさと比べるとどうですか、このビックサイズ!
メイちゃんもびっくり。
樹高はなんと20mあるということです。

9170447-2018-09-20-20-27.jpg

樹齢は1000年以上と言われ、幹回りも6.3mあるそうです。
でも2本の杉を植えたらトトロになるんじゃないの、って穿った見方をしていたら、

9170456-2018-09-20-20-27.jpg

なんとそれは一本の木でした。
一本の木の幹が3つに分かれており、それが縦横無尽に枝を伸ばし、森になっているのです。
駐車場から見ると3つの耳が見えていたのが、角度によって2本に見え、トトロになるというわけです。

9170439-2018-09-20-20-27.jpg

この木は村の天然記念物に指定されていて、手は加えられていないということ。
自然が作り出したこの造形は、まさに森の精霊のなせる技です。

9170465-2018-09-20-20-27.jpg

外見は愛嬌たっぷりですが、中身は畏怖さえ感じさせる巨木。
この小杉の大杉は、「幻想の森」にもある日本海型の「裏スギ」に属するそうで、屋久杉に代表される太平洋型の「表スギ」とは、その造形を異にします。
歪に伸びる幹枝に特徴があります。

9170435-2018-09-20-20-27.jpg

神代杉とも呼ばれる裏スギの巨木の下には、小さな祠が祀られ、いにしえより村民たちに大切に守られてきたことを窺わせます。
人災天災によって失われるものも多い中、この愛らしい巨木が、いつまでもそのままの姿でありますよう、心よりお願いしてきました。

9170470-2018-09-20-20-27.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください