天河大辨財天社

投稿日:

1____p6070441-2017-11-21-12-00.jpg

「しかるべき時・しかるべき状態でないとお詣りできない」、「呼ばれないとたどり着けない」、
そう噂される神社が奈良の吉野郡天川村の山奥にあります。
「天河大辨財天社」(てんかわだいべんざいてんしゃ)といいます。

1____p6070421-2017-11-21-12-00.jpg

本当に山奥にありました。

1____p6070422-2017-11-21-12-00.jpg

長々と山道を運転してきましたが、なんとか呼んでいただけたようです。
そういえば冒頭のフレーズ、聞き覚えがあります。
同じく奈良の玉置山にある「玉置神社」がそうです。

1____p6070423-2017-11-21-12-00.jpg

「大辯財天」の扁額があります。
玉置神社が男性的な感じなのに対し、天河大辨財天社は女性的な雰囲気を感じます。
どちらも気高い龍神的な気配が漂っているように思いました。

1____p6070424-2017-11-21-12-00.jpg

天河大辨財天社は「天河神社」とも呼ばれています。
天河神社のパワーの一端が「手水舎」の水です。
と言っても物理的なパワーですが。
龍の口からまるでレーザービームのように、勢い良く水が噴き出しています。
龍口から直接水を汲み取ろうとすると、はじけた水しぶきで全身冷んやりすること請け合いです。

1____p6070419-2017-11-21-12-00.jpg

境内を散策したいと思います。
千年の灯「斎灯殿」という社がありました。

1____p6070416-2017-11-21-12-00.jpg

手前の丸い石垣は火を焚くためのものでしょうか。

p6070415-2017-11-21-12-00.jpg

ここで、立て看板の注意書きが目に留まりました。
なんと、本当に呼ばれなくなってた可能性もありました。
来れて良かった。

1____p6070430-2017-11-21-12-00.jpg

太鼓橋を渡って参道を進みます。

1____p6070432-2017-11-21-12-00.jpg

この先に拝殿があるのですが、途中横道に逸れます。

1____p6070434-2017-11-21-12-00.jpg

「五社殿」がありました。
各ご祭神は手前から
「龍神大神」(弁財天の化身なる龍神の神)
「大将軍大神」(八ツの杜の内森本神社ご祭神)
「大日霊貴神」(天照大御神の御別名)
「天神大神」(菅原道真公 )
「大地主大神」(琵琶山の地主守神)
となっています。

1____p6070438-2017-11-21-12-00.jpg

御社殿の前に玉垣に囲まれた石があります。

1____p6070439-2017-11-21-12-00.jpg

「天石」です。
天石は聖なる石と言われています。

1____p6070436-2017-11-21-12-00.jpg

この地は天から降った石というのが4つあるそうで、その内3つの天石が境内に祀ってあるといいます。
他の2つも探してみます。

1____p6070433-2017-11-21-12-00.jpg

この石も気になりましたが、違うようです。

1____p6070471-2017-11-21-12-00.jpg

もう一つは五社殿と参道を挟んで反対方向にありました。

1____p6070472-2017-11-21-12-00.jpg

こちらはやや丸みを帯びています。

p6070474-2017-11-21-12-00.jpg

最後の1つはなかなか見つけられませんでした。

1____p6070477-2017-11-21-12-00.jpg

裏境内の方へ進んでいくと神田がありました。

1____p6070468-2017-11-21-12-00.jpg

社があり、

1____p6070481-2017-11-21-12-00.jpg

ぽつんと石があります。

1____p6070470-2017-11-21-12-00.jpg

どうやらこれのようです。
なぜかこれだけは、玉垣で囲ってありません。

1____p6070440-2017-11-21-12-00.jpg

無事、天石を見つけたので、拝殿へ足を進めます。

1____p6070447-2017-11-21-12-00.jpg

拝殿へ進むと、その神々しさに心が震えます。

1____p6070457-2017-11-21-12-00.jpg

主祭神は宗像三女神の一柱、「市杵島姫命」(いちきしまひめのみこと)。
一説では日本三大弁財天のひとつとされています。

1____p6070459-2017-11-21-12-00.jpg

弘法大師「空海」も行を行った海抜1000メートル級の山々に囲まれたこの地は、日本の三大霊場の中心地と言われており、
人生の原点「命の誕生の地」とされているそうです。

1____p6070455-2017-11-21-12-00.jpg

天河神社は「芸能」「能」との縁が深く、多くの関係者が参拝に見えます。
元の祭神は七福神の一つの「弁財天」で、4本の腕を持ち、2本の腕に数珠とヴェーダ、もう1組の腕に琵琶に似た弦楽器を持つ「サラスヴァティー」でした。

p6070452-2017-11-21-12-00.jpg

拝殿に前にある鈴は、天河神社の象徴となる特殊な形をしています。

p6070467-2017-11-21-12-00.jpg

「五十鈴」(いすず)と呼ばれ、天照大神を岩戸からお出しする時に使った「神代鈴」と同じものだと言われています。

p6070454-2017-11-21-12-00.jpg

普通に振るのではなく、鈴緒を丸く円を描くように回すことで、不思議な音を奏でます。

1____p6070482-2017-11-21-12-00.jpg

拝殿向かいには立派な舞台もしつらえてあり、演奏などが行われるそうです。
しばらくのんびり過ごしていると、どこからともなくプオーンと甲高い音が聴こえてきました。
何事かと思えば、白装束の山伏のご一行数十名がやってきました。
普段見ることのない光景に、思わず驚きました。

1112e5a4a9e6b2b3e5a4a7e5bc81e8b2a1e5a4a9e7a4be-2017-11-21-12-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中