伊奈波神社

投稿日:

4052231-2022-04-25-04-40.jpg

「なるほど、これは確かに・・・」
僕は軽く戸惑いつつ、その石をしばらく見つめていました。

c1d-2022-04-25-04-40.jpg

4052198-2022-04-25-04-40.jpg

伊奈波神社(いなばじんじゃ)は、岐阜県岐阜市にある神社です。

4052200-2022-04-25-04-40.jpg

境内入口には岐阜善光寺がありました。
善光寺の本尊は甲州征伐後、織田信長の手で天正10年(1582年)3月に、岐阜城下の伊奈波神社の近くに移されたと伝えられます。
しかしこの本尊は同年6月2日の本能寺の変により織田信長が亡くなると、織田信雄により尾張国甚目寺へ移され、後に徳川家康の手に渡り遠江国の鴨長寺へ、さらに慶長2年(1597年)豊臣秀吉の手に渡り方広寺の本尊にされます。そして翌慶長3年(1598年)、信濃国に無事戻ることとなりました。

4052203-2022-04-25-04-40.jpg

緩やかな坂道の参道を登っていくと、

4052206-2022-04-25-04-40.jpg

石の橋が見えてきました。

4052209-2022-04-25-04-40.jpg

神社で時折見かけるこうした石の橋は、神が渡る橋とされていることが多いです。

4052211-2022-04-25-04-40.jpg

石橋のそばには大黒社が鎮座しています。

4052239-2022-04-25-04-40.jpg

奥には朽ちかけた大黒と恵比須の像。
伊奈波神社内で黒龍社と並びパワースポットと紹介される大黒社ですが、そのどちらも出雲系であることは容易に想像できます。

4052214-2022-04-25-04-40.jpg

伊奈波とは因幡のことか、因幡国といえば確かに出雲王国と関連の深い国です。
それがなぜ岐阜・美濃国(みののくに)にあるのでしょうか。

4052207-2022-04-25-04-40.jpg

さらに当社は出雲系の神社に分類されるのだろうかと思えば、そうとも言えない祭神で混乱してしまいます。

4052213-2022-04-25-04-40.jpg

伊奈波神社の祭神は「五十瓊敷入彦命」(いにしきいりひこのみこと)。
それに配祭神として「淳熨斗媛命」(ぬのしひめのみこと/主神の妃君)、「日葉酢媛命」(ひばすひめのみこと/主神の母君)、「彦多都彦命」(ひこたつひこのみこと/主神の外祖父)、 「物部十千根命」(もののべのとちねのみこと/主神の功臣)となり、がっつり物部系です。

4052215-2022-04-25-04-40.jpg

主祭神の五十瓊敷入彦は第二次物部東征のリーダーであった物部イクメ・ 垂仁大君の第一皇子で、第12代景行大君の兄にあたります。
『古事記』『日本書紀』によると、父・垂仁帝から弓矢を賜り武事をおさめ、勅命によって開拓した池溝の数は800に及び、茅渟の川上宮にて劔1千口を作り、これを石上神宮に納めて管理したと伝えられます。

4052216-2022-04-25-04-40.jpg

当社の社伝によると、「五十瓊敷入彦命は朝廷の詔を承けて奥州を平定したが、同行した陸奥守豊益が五十瓊敷入彦命の成功を妬んで、命に謀反の心ありと讒奏した。そのため、朝敵として攻められて同地で討たれた。さらに、夫の死を知った妃の渟熨斗姫命(ぬのしひめのみこと:景行天皇の皇女)は、都を離れてこの地で御跡を慕い、朝夕ひたすら命の御霊を慰めつつ生涯を終えた」とあります。

4052217-2022-04-25-04-40.jpg

この社伝に登場する陸奥守「豊益」とは誰か。調べてみてもその正体ははっきりしませんが、名前からして豊家の末裔ではないでしょうか。

4052219-2022-04-25-04-40.jpg

第二次物部東征を振り返ると、豊家の豊彦・豊姫とともに大和を制圧した物部イクメ(垂仁帝)は大君位を独り占めしたかったのか、豊兄妹を欺き東方へ追いやります。
豊姫は椿大神社の地で暗殺され、東国に追いやられた豊彦は上毛国(群馬方面)に王国を築きました。豊彦の一族らはエミシの民らと習合していったと思われますので、陸奥国に彼の子孫がいたとしても不思議ではありません。

4052218-2022-04-25-04-40.jpg

陸奥守「豊益」は一族の恨みを晴らすべく、一矢報いて五十瓊敷入彦を当地で討ったのかもしれません。

4052221-2022-04-25-04-40.jpg

とまあそれはさておき、当社で最も重要な祭神は、主神の外祖父・彦多都彦その人だったと僕は考えます。
彼こそは記紀によって隠された磯城大和王朝幻の11代「彦道主」大君なのですから。

4052249-2022-04-25-04-40.jpg

彦道主は日本書紀によると、崇神天皇(物部イニエ王)によって丹波に派遣された四道将軍の1人という設定ですが、実際は出雲族と海部族によって築かれた磯城大和王朝の最後の大君でした。彼は攻めてきた物部イクメによって丹波に追いやられ、その後、彦多都彦と名を改め因幡国造となりました。

4052250-2022-04-25-04-40.jpg

この伊奈波神社の鎮座地は、海部家と同族の尾張家が支配した地域に隣接しています。
つまり海部族が彼らの大君・彦多都彦を因幡神社として祀ったものが当社の始まりであったと考えられるのです。

4052237-2022-04-25-04-40.jpg

c1d-2022-04-25-04-40.jpg

4052223-2022-04-25-04-40.jpg

参道を登って楼門を潜った先の右手に「和歌三神社」(住吉神/玉津嶋神/柿本人丸)と「天満神社」(菅原道眞)が鎮座しています。
まさかここで人麿さんに出会うとは思いませんでした。

4052225-2022-04-25-04-40.jpg

そしてその先にある「黒龍神社」こそが当社参拝の1番の目的地でした。

4052236-2022-04-25-04-40.jpg

ここの存在を教えてくださったのが、ブロガーの「mame58」さんとFacebook友の「Ayako」さんです。

4052228-2022-04-25-04-40.jpg

なるほど、なかなかのご神気を放っておられます。
祭神は黒龍大神として高靇神を祀ります。

4052234-2022-04-25-04-40.jpg

ところでこの近辺に磐座があると聞いてきましたが、どこかな?

4052230-2022-04-25-04-40.jpg

あ、あったー。

4052229-2022-04-25-04-40.jpg

これが磐座「龍頭岩」。
思ったよりも小さく、しかも拝殿の脇に無造作に置かれています。
重そうではありますが、盗まれたりしないのかな。

4052232-2022-04-25-04-40.jpg

確かに爬虫類の頭に見えます。
伊奈波神社は天文8年(1539年)に、近くの丸山の地から遷座されましたが、黒龍神社はそれより以前から当地に鎮座していたと伝えられます。
この龍頭岩は古くからここに鎮座していたというよりも、この扱いからして後年に奉納されたものと見た方が良いのでしょう。

4052233-2022-04-25-04-40.jpg

海部族は出雲族が信奉する龍神と、道教の蓬莱信仰を習合させ、龍宮信仰を生み出しました。
丹後の籠神社やその一帯で龍宮信仰が見られるのはそのためです。

4052240-2022-04-25-04-40.jpg

また海部族は宇佐に移住し、宇佐族と集合して豊王国を築きます。
親魏和王の女王・豊玉姫が、古事記に龍宮の乙姫として描かれるのはそのためであり、また豊王家の分家である志賀海神社の安曇氏が龍宮にこだわる理由もそこにあると見ます。

4052242-2022-04-25-04-40.jpg

豊族は月神信仰と共に、出雲龍神信仰をひときわ高めていったと考えることができるのです。

4052241-2022-04-25-04-40.jpg

さて、当地は元来、海部族の聖地であったと思われるのですが、何故今は物部系の神社となっているのか。

4052244-2022-04-25-04-40.jpg

社伝によれば、景行天皇14年、武内宿禰が稲葉山北西の椿原(丸山)に五十瓊敷入彦命を祀ったのに始まるとされています。
しかし武内家の祖・大田根は物部家に裏切られ、命まで狙われていますので、彼らが五十瓊敷入彦を祀るとは思えません。

4052253-2022-04-25-04-40.jpg

一説に応神天皇の御代、物部印葉連公が、五十瓊敷入彦命を奉祀したとありますので、こちらの方が真実に近いかも。

4052255-2022-04-25-04-40.jpg

物部王朝は3代のみで終焉を迎えますが、以後も物部の名は歴史に濃く残っていきます。
彼らが美濃方面に勢力を持ち続けていたとしても、不思議はない話でしょう。

4052256-2022-04-25-04-40.jpg

天文8年(1539年)、斎藤道三が稲葉山に稲葉山城を築城するにあたり、伊奈波神社は現在地に遷座しましたが、この際、その地にあった物部十千根命を祀る物部神社を合祀し、稲葉山城の鎮守としたとも伝えられます。
当地はいつの頃からか、物部神社であったというのです。

4052258-2022-04-25-04-40.jpg

物部十千根はイクメ王の臣下で出雲国制圧軍のリーダーでしたが、王宮跡であった神魂神社をそのままの形で保存し続けたことから、出雲王家に敬意をもっていたことが窺える人物です。
僕が唯一、好意を感じる物部人です。

4052238-2022-04-25-04-40.jpg

c1d-2022-04-25-04-40.jpg

4052271-2022-04-25-04-40.jpg

岐阜市では、伊奈波神社に加え、五十瓊敷入彦の妻を祀る「金神社」と、子を祀る「橿森神社」の三社参りの風習があるといいます。

4052272-2022-04-25-04-40.jpg

金神社(こがねじんじゃ)では淳熨斗媛命を祭神とします。

4052273-2022-04-25-04-40.jpg

ビル街に鎮座する当社。

4052274-2022-04-25-04-40.jpg

淳熨斗媛は景行天皇の第六皇女とされますが、讒言により夫が討たれたことを知った渟熨斗姫は深い悲しみを抱き、この地で夫の霊を慰めつつ生涯を終えたと伝えられます。
その際、私財を使い町を開拓。産業・農業の発展に寄与したことから商売繁盛の神として金大神として祀られたと云われていました。

4052259-2022-04-25-04-40.jpg

橿森神社(かしもりじんじゃ)の祭神は市隼雄命。

4052270-2022-04-25-04-40.jpg

こちらも街中の一角にぽつんと鎮座していました。

4052260-2022-04-25-04-40.jpg

境内には、京都の建勲神社から明治時代に勧請された「岐阜信長神社」が鎮座。

4052261-2022-04-25-04-40.jpg

社伝によれば、景行天皇の御代にこの地に鎮座したといい、また織田信長は楽市・楽座を開いた際、市神をこの橿森神社の神木の元に祀ったと伝えられます。

4052262-2022-04-25-04-40.jpg

古くから当社は、安産祈願、夫婦和合、子供の守り神として厚く信仰されているといわれています。

4052267-2022-04-25-04-40.jpg

それは祭神が五十瓊敷入彦と淳熨斗媛の愛の結晶として世に生まれたからでしょうか。

4052268-2022-04-25-04-40.jpg

いやどうも違うようです。

4052266-2022-04-25-04-40.jpg

拝殿の裏に、御神体と思われる「駒爪岩」なる磐座がありました。

4052265-2022-04-25-04-40.jpg

それはなんともそそり立つ、立派なサイノカミ。

4052263-2022-04-25-04-40.jpg

神人が駒に乗り、この地に降り立ったという伝説があるのだそうですが、ここにも出雲祭祀の匂いを感じ取ったのでした。

4052264-2022-04-25-04-40.jpg

3109e4bc8ae5a588e6b3a2e7a59ee7a4be-2022-04-25-04-40.jpg3110e9bb92e9be8de7a59ee7a4be-2022-04-25-04-40.jpg3111e5b290e9989ce69db1e785a7e5aeae-2022-04-25-04-40.jpg3112e98791e7a59ee7a4be-2022-04-25-04-40.jpg3113e98791e7a59ee7a4be2-2022-04-25-04-40.jpg

8件のコメント 追加

  1. 8まん より:

    こんちは~ご無沙汰でした~。
    いや~やっと休み。CHIRICOさんのブログ見て、やっと休みになった認識。(笑)
    岐阜三社、私も行きました。コロナ禍騒ぎになって二年以上、その前に行ったのだから月日は経ってます。
    やっとGW。掃除に洗濯、部屋の片付け、ボロボロになった体に美味しいご飯とスーパー銭湯(笑)
    ブログから伺うCHIRICOさんも大変だったようですね。まあ、人生万事塞翁が馬なんて言葉があるように、人生なんて、ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ~ラ♪
    良い時も悪い時も楽しんで行きましょう♪

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      8まんさん、おはようございます😊
      8まんさんはGW突入のようですね、僕らには大型連休が存在しないので羨ましい!
      とはいえ、かなりお忙しかった様子、どうぞごゆっくり一息おつきください。

      本当に人生とはいかなるものか、ここにきて大きな岐路に立ち会うことになろうとは。生かされているなぁと、つくづく実感いたします。
      ともあれ絶望的だった旅も、またしばらく続けられそうです。いつか関東方面でオフ会したいですね♪

      いいね

  2. 匿名 より:

    黒龍社へも行かれたんですね^ ^
    置いてあった
    祝詞は唱えられましたか?

    私もまた行かねば〜✨

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      ふらりと立ち寄ってきました😊
      祝詞には気がつきませんでした。不思議な龍の岩にただただ見惚れていました😅
      丸山の磐座もちょっと気になりますので、僕もまた行きたいです。

      いいね

  3. Nekonekoneko より:

    物部氏とは何なんでしょうか?出雲族を目の敵にして殺戮しまくり、仏教を目の敵にして( ゚д゚)…その挙句歴史改竄ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      何でしょうね、徐福を同じ祖神としながら、海部氏とは対照的に感じます。
      一つは日本の西の外れ、佐賀地方を拠点としていたので中央に対する強い憧れを抱いていたのはあると思います。あと不老不死の考えがありましたので、敵の遺体は蘇らぬよう切り刻む習慣が残酷に見えたことも。大陸的な奴隷制もあったようで、そのようなことから出雲系大和族には嫌われていたと聞いています。その僻みでしょうかね。

      いいね: 1人

  4. mame58 より:

    伊奈派神社に来て下さったのですね😊
    感激です♬♪🎵
    私なんて毎月ぐらい行っているのに、omouhanaさんのおっしゃっていることすらわからなく、当然疑問も持ちませんでした😓(私って、いい加減なんだなぁ、、、と再確認しました)

    もう、このブログは保存版です!!
    おっしゃってみえることがわかるよう、もう少し勉強したいと思います。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      mame58さん、素晴らしい神社をご紹介いただき、ありがとうございました😊
      mame58さんに教えていただいてなかったら、僕が訪れることはなかったかもしれません。
      記事に書いてある内容は、僕の独りよがり的な部分も多いので、今まで通り気軽にご参拝されると良いかと思います。
      個人的には、出雲系、ひいては龍宮と謳われる邪馬台国系の古代人が祭祀を始めた場所でなかろうかと思いました。
      龍の頭の岩、本当に面白いですね。心残りは松尾社の写真を撮り損ねてしまったことです。またいつか尋ねてみたいと思います。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください