富士山

投稿日:

p9143044-2017-04-6-20-38.jpg

日本最高峰の山「富士山」。
その末広がりの美しい姿は、まさに日本一の絶景と言えます。
男なら、一度は日本の頂点に立ってみたいもの。
なので富士山登頂を目指してきました。

p9132916-2017-04-6-20-38.jpg

2010年9月13日AM9:00
富士山吉田口5合目の広場に到着しました。

p9132917-2017-04-6-20-38.jpg

土産屋などが並び、賑やかです。

p9132919-2017-04-6-20-38.jpg

5合目には「小御嶽神社」(こみたけじんじゃ)があります。
御祭神は大山祇(おおやまづみ)の長女「磐長姫」(いわながひめ)です。
山頂には二女「木花咲耶姫」(このはなさくやひめ)が祀られています。

p9132922-2017-04-6-20-38.jpg

すでにこの場所でこの俯瞰風景。

p9132923-2017-04-6-20-38.jpg

山頂は雲がかかって見えません。

p9132933-2017-04-6-20-38.jpg

12:00頃、登山開始です。

p9132937-2017-04-6-20-38.jpg

6合目までは比較的緩やかな傾斜で順調に進みます。

p9132946-2017-04-6-20-38.jpg

途中山小屋で休憩。
5合目で購入した金剛杖に焼印を押してもらいます。

p9132947-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

この先から結構険しい登山を覚悟しなければなりません。

p9132952-2017-04-6-20-38.jpg

基本的に溶岩の砂利道ですが、時折岩場も現れます。

p9132955-2017-04-6-20-38.jpg

草木はほとんど生えてない殺風景な風景。

p9132956-2017-04-6-20-38.jpg

このまま転がり落ちてしまいそうな気がしてきます。

p9132959-2017-04-6-20-38.jpg

PM5:00頃、8合目に到達。

p9132960-2017-04-6-20-38.jpg

ここで夕食と仮眠をとります。

p9132961-2017-04-6-20-38.jpg

夕食はカレー。

p9132969-2017-04-6-20-38.jpg

穏やかに日が暮れ始めます。

p9132974-2017-04-6-20-38.jpg

深夜2時頃、登山再開です。
末広がりということは、山頂に行くにつれ傾斜が厳しいということ。
残りの2合はまさに地獄でした。

p9143004-2017-04-6-20-38.jpg

AM5:00、登頂。

p9142998-2017-04-6-20-38.jpg

日本の夜明けが始まります。

p9143005-2017-04-6-20-38.jpg

明るくなるにつれはっきりとしてきた雲の輪郭。

p9143021-2017-04-6-20-38.jpg

大いなる太陽が姿を現します。

p9143041-2017-04-6-20-38.jpg

見事な御来光。

p9143058-2017-04-6-20-38.jpg

富士山山頂というのは、いつも晴れているわけではなく、むしろ雲がかかっていることが多いそうです。
初の登頂で御来光を拝めたのはラッキー。

p9143055-2017-04-6-20-38.jpg

それは岩戸から姿を現す「天照大神」そのもの。

p9143063-2017-04-6-20-38.jpg

日出づる世界を実感します。

p9143068-2017-04-6-20-38.jpg

ひとしきり感動したら、火口にそって富士山を一周してみます。
いわゆる「お鉢巡り」です。

p9143069-2017-04-6-20-38.jpg

しばし天空の散歩を楽しみましょう。

p9143077-2017-04-6-20-38.jpg

と言いたいところですが、標高3,776mの世界は酸素が薄く、すぐに疲れが出てきます。

p9143085-2017-04-6-20-38.jpg

富士山の中でもさらに最高地点の「剣ヶ峰」を目指しますが、あとちょっとがなかなか辿り着けません。

p9143079-2017-04-6-20-38.jpg

僕の影が赤い岩肌に映ります。

p9143082-2017-04-6-20-38.jpg

富士山の火口がぽっかり。

p9143089-2017-04-6-20-38.jpg

ぐるり半周するとそこには見事な富士山の影が映し出されていました。
富士山を登っていると、当然ですが、その全景を見ることはできません。
この影で、美しい富士形の姿を見ることができました。

p9143108-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

匂い立つ花は無くとも、そこには光輝く一輪の花が咲いています。

p9143111-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

「木花咲耶姫」鎮まるこの世界を見るには、やはり自力で登るほかはないと思われました。

b_ornament-2017-04-6-20-38.jpg

img_0012-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

ちょっと補足で、富士山土産をご紹介します。
名物「富士山めろんぱん」。
苦労して買て持って帰ってきましたが、味は普通のめろんぱん。

p9153114-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

それと金剛杖。
シーズンギリギリで山小屋も半分くらい閉まっていたので、焼印も中途半端ですが、

p9153116-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

それも含めて、良い記念になりました。

img0022-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpgimg003-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg

0407e5b08fe5bea1e5b6bde7a59ee7a4be-2016-01-2-00-38-2017-04-6-20-38.jpg小御嶽神社御朱印

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中