佐野原聖地/宮浦神社

投稿日:

p6130287-2017-05-1-22-00.jpg

ウガヤフキアエズの尊は母「豊玉姫」と逢うことはありませんでしたが、
豊玉姫の妹「玉依姫」が大切にお育てしましたので、すくすくと育っていきました。
そんな玉依姫の献身的な愛に、皇子は恋心を抱いていきます。
やがて立派な青年として育ったウガヤフキアエズの尊は玉依姫に求婚しました。

「姫、私はあなたと結婚したい!」
「え、でも私はあなたの叔母さんですよ、それに育てたのも私ですよ!!」
「そ、それでもあなたが好きなんだ!!!」
「キュン、わかりました、あなたがそこまでおっしゃるなら…」

ラブラブな二人はめでたく結婚します。

p6130290-2017-05-1-22-00.jpg

ふたりの愛の巣があった場所が「佐野原聖地」(さのばるせいち)として宮崎市佐土原町に残されています。

p6130282-2017-05-1-22-00.jpg

木々が鬱蒼と取り囲む中、二重の玉垣の中に社がありました。

p6130283-2017-05-1-22-00.jpg

イチャラブだったふたりは幸せに暮らし、4人の皇子をもうけます。
4人の息子は「五瀬」(いつせ)、「稲氷」(いなひ)、「御毛沼」(みけぬ)、「若御毛沼」(わかみけぬ)と言いました。

p6130285-2017-05-1-22-00.jpg

4人の皇子達はここで、走り回りながら育っていったことでしょう。

p6130284-2017-05-1-22-00.jpg

ある時末っ子の「若御毛沼」が長男の「五瀬」に相談します。

「僕らは天津神の子としてどこに行けば、もっとこの国をよりよく統治できるだろうか」
「ん~、真ん中じゃね?」

p6130286-2017-05-1-22-00.jpg

ということで「若御毛沼」と「五瀬」は日本の中央、東の畿内に向けて旅立つことになります。
この「若御毛沼」こそ後の初代天皇「神武天皇」その人です。
ここから「神武東征」の物語が始まってゆくと記紀は記しています。

p6130291-2017-05-1-22-00.jpg

b_ornament-2017-05-1-22-00.jpg

p6130002-2017-05-1-22-00.jpg

さて、日南の鵜戸神宮へ向かう途中の山あいに「宮浦神社」(みやうらじんじゃ)があります。

p6130048-2017-05-1-22-00.jpg

朱い玉垣が美しい神社です。

p6130004-2017-05-1-22-00.jpg

この小さな神社には玉依姫が祀られています。

p6130010-2017-05-1-22-00.jpg

境内の切株には、さすが龍宮の姫にふさわしい御使いがいらっしゃいました。

p6130012-2017-05-1-22-00.jpg

建物の外観はまあ、なんですが、中に入って驚きました。

p6130047-2017-05-1-22-00.jpg

なんと立派な本殿でしょうか。
とても神々しいです。
地元の方達の、姫を愛する気持ちが伝わります。

p6130021-2017-05-1-22-00.jpg

宮浦神社から少し離れたところに、「玉依姫陵」があります。

p6130041-2016-06-19-06-29-2017-05-1-22-00.jpg

紫陽花に囲まれた小道を歩いていきます。

p6130040-2017-05-1-22-00.jpg

いらっしゃいました。
ここが「玉依姫」の御陵だとするなら、ほど近い鵜戸神宮の「吾平山上陵」が「ウガヤフキアエズの尊」の御陵で間違いない気がします。
お互い見つめ合って、今も眠っておられるのでしょうか。

p6130035-2017-05-1-22-00.jpg

姫の慈愛がそこら中に満ちているように感じました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください