宮地嶽神社〜神功皇后紀 20

投稿日:

pa170044-2017-07-21-07-22.jpg

神功皇后は橿日の宮を過ぎ、福津の宮地嶽山の麓に来ていた。
先ほど山頂では天神地祇を祭祀したばかりである。
麓の社では皇后の知る二人が祀られていた。

「姫様、もう日が暮れます。そろそろ宮へお戻りください。」

武内宿禰が皇后のそばまでやってきて言う。
しかし皇后は社の前で佇むばかりだった。

「私はこれまで、大切な多くの者を失ってしまった。
ここに眠る兄弟もそうだ。」

そこには「阿部高麿・助麿」の兄弟が眠っている。
弓の名手と謳われ、一族の英雄たちだった。
しかし下関「豊浦宮」に大王・皇后滞在の折、新羅の「塵輪」の襲来から皇后らを守り、戦死している。

「磯良はもう王家の顔も見たくないと思っておるのだろうか。」

安曇磯良は安曇族の長で、新羅までの航海に欠かせない人物だ。
しかし王族と安曇族の歴史には複雑な経緯もあり、磯良は必ずしも王族へ良い感情を持ってはいないという。
そして阿部の兄弟は安曇族の英雄だった。

「姫様、風も冷えてきましたのでお体に障ります。
私めがもう一度、磯良を説得してまいりましょう。
さあ、宮へ戻りましょう。」

武内宿禰が手に寄せた皇后の肩は、すっかり冷え切っていた。

b_ornament_24_0m-2017-07-21-07-22.jpg

1____p6200002-2017-07-21-07-22.jpg

【松尾宮】
筑紫野市の集落の中に「永岡八幡宮」があります。

1____p6200004-2017-07-21-07-22.jpg

境内はさして広いわけでもなく、こじんまりとした印象です。

p6200018-2017-07-21-07-22.jpg

しかしそこにある巨大な楠には、思わず目を奪われました。

1____p6200008-2017-07-21-07-22.jpg

本殿を取り囲むように小さな祠が諸々あります。

p7180415-2017-07-21-07-22.jpg

そのひとつが「松尾宮」。
ここの伝承で、「神功皇后が熊襲征伐の時、ここで腹痛がしたので、この神に祈られて癒えた」とあります。

p7180416-2017-07-21-07-22.jpg

神功皇后の伝承に残るような腹痛といえば、僕はご懐妊の陣痛がすぐに思い浮かびました。

p7180418-2017-07-21-07-22.jpg

しかし陣痛には時期的に早すぎると思われますので、その兆しのようなものだったのではないでしょうか。

b_ornament_24_0m-2017-07-21-07-22.jpg

1____p3115532-2017-07-21-07-22.jpg

【若杉山】
神功皇后は篠栗にある「若杉山」(わかすぎやま)に登ります。

1____p3115534-2017-07-21-07-22.jpg

途中、皇后が手を置いた石というのがあります。

1____p3115535-2017-07-21-07-22.jpg

手を合わせてみると、ほんのり温もりが伝わるようです。

1____p3115547-2017-07-21-07-22.jpg

やがて「大和の森」という遊歩道に入っていきます。

1____p3115550-2017-07-21-07-22.jpg

山頂付近まで車で行けますが、あえてこの森を歩きます。

1____p3115554-2017-07-21-07-22.jpg

その理由たる目的地が見えてきました。
「綾杉」です。

p3115559-2017-07-21-07-22.jpg

若杉山の山頂にイザナギノミコトを祀った「太祖宮」があります。
神功皇后は臨月の身でこの山を登り、太祖宮にて祭祀の際にそのご神木の杉の枝を折り、
鎧に差してお守りとし、三韓征伐に臨まれたそうです。

p3115557-2017-07-21-07-22.jpg

無事凱旋の後、この杉の枝を植えたのが「香椎宮」の「綾杉」です。
さらに後に皇后は香椎の綾杉を分け植えたのがこの杉であるということです。
「杉を分け植えた」ことから「分杉山」と呼ばれ、今の「若杉山」となりました。

p3115561-2017-07-21-07-22.jpg

「綾杉」の名を持つ杉は北九州の「高倉神社」にもありました。
同じように凱旋の礼に植えられたと伝わります。

p3115562-2017-07-21-07-22.jpg

こちらは「トウダの二又杉」と呼ばれています。

p3115565-2017-07-21-07-22.jpg

このような名のある杉が多数、森の中にはあります。

p3115577-2017-07-21-07-22.jpg

途中で折れたようになっている「ジャレ杉」

p3115614-2017-07-21-07-22.jpg

「七又杉」などあります。

p3115568-2017-07-21-07-22.jpg

まさに若杉生い茂る山道を進むと

p3115582-2017-07-21-07-22.jpg

忽然と、急斜面の階段が見えてきました。

1____p3115586-2017-07-21-07-22.jpg

この先に見える社が「太祖宮」です。

p3115587-2017-07-21-07-22.jpg

とにかく登ります。

1____p3115592-2017-07-21-07-22.jpg

太祖宮の神殿が見えてきました。

1____p3115595-2017-07-21-07-22.jpg

近くに神功皇后の像があります。
太ましい。

1____p3115596-2017-07-21-07-22.jpg

近くにしめ縄のかけられた石と

1____p3115598-2017-07-21-07-22.jpg

ご神木がありました。
綾杉の親でしょうか。

1____p3115600-2017-07-21-07-22.jpg

さて、若杉山には「袖摺岩」(そですりいわ)と言われる迷所があります。
別名「はさみ岩」。

1____p3115601-2017-07-21-07-22.jpg

太祖宮の先に上から覆いかぶさるように突き出た大岩がありました。
すごい迫力ですが、これがはさみ岩というわけではなさそうです。

1____p3115602-2017-07-21-07-22.jpg

非常に険しい道を進みます。

p3115605-2017-07-21-07-22.jpg

と、見えてきました。

p3115609-2017-07-21-07-22.jpg

「はさみ岩」です。
悪心あるものは通ることができないと言われています。

1____p3115610-2017-07-21-07-22.jpg

良心者の僕は、無事通ることができました。

1____p31156141-2017-07-21-07-22.jpg

さらに奥には「若杉山奥之院」があり、弘法大師をご本尊として祀っています。

p31156161-2017-07-21-07-22.jpg

b_ornament_24_0m-2017-07-21-07-22.jpg

p5206823-2017-07-21-07-22.jpg

【宮地嶽神社】
近年「光の道」で全国的に有名になった神社があります。
「宮地嶽神社」(みやじだけじんじゃ)がそれです。

p1140018-2017-07-21-07-22.jpg

海岸から境内まで続く直線の参道は、春と秋の特定の日に、日没の太陽と重なります。
夕日が一直線に伸びた道に差し込み、赤銅色の道に染まります。

1____pa170029-2017-07-21-07-22.jpg

長い石段を登りきると、古都跡があります。

1____pa170016-2017-07-21-07-22.jpg

太古にはここに本殿があったのでしょう。

1____p5206825-2017-07-21-07-22.jpg

斜め左手にきれいな円錐状の宮地嶽山が鎮座しています。

p1140059-2017-07-21-07-22.jpg

そして斜めに折れて進むと、とても見事な楼門が見えてきます。

p1140055-2017-07-21-07-22.jpg

威厳を感じます。

p1140054-2017-07-21-07-22.jpg

楼門の先には

1____p5206829-2017-07-21-07-22.jpg

これまた日本一を誇る「大しめ縄」がかかる拝殿へと続きます。

pa170017-2017-07-21-07-22.jpg

御祭神は「神功皇后」の他に、「勝村大神」「勝瀬大神」の兄弟神となっています。
勝村・勝瀬の兄弟は、宮地嶽神社の裏にある古墳の被葬者として祀られていて「筑紫君・磐井」の孫で「筑紫君・葛子」の子であると伝わります。

p1140026-2017-07-21-07-22.jpg

しかし本来、宮地嶽神社に祀られていた兄弟神は「阿部高麿・助麿」(あべのたかまろ・すけまろ)であったとされ、
後に「勝村・勝瀬」の神に置き換えられたようです。
阿部高麿・助麿は弓の名手でしたが、下関で塵輪の襲撃を受けた際、戦死してしまいます。
仲哀天皇・神功皇后は彼らの里で、手厚く葬り祀ったことでしょう。

p1140046-2017-07-21-07-22.jpg

拝殿の左横にご神水があり、

p1140048-2017-07-21-07-22.jpg

そこから見事な黄金の本殿が垣間見えます。

1____pa170023-2017-07-21-07-22.jpg

阿部氏は志賀島に本拠を置く「安曇」(あずみ)の一族でした。

1____pa170024-2017-07-21-07-22.jpg

安曇は「綿津見」(わだつみ)の神を祭祀する、海人族です。
その一族の神(生き神)として束ねていた者が「安曇磯良」(あずみのいそら)でした。

p1140029-2017-07-21-07-22.jpg

宮地嶽神社の境内はとても広く、菖蒲園や古民家村、そして動物園まであります。

p1140031-2017-07-21-07-22.jpg

動物園には神馬になるのでしょうか、馬がたくさんいます。

p1140032-2017-07-21-07-22.jpg

そして本殿の裏には

1____p5206834-2017-07-21-07-22.jpg

様々な社が立ち並ぶ「八社巡り」があります。

1____p5206842-2017-07-21-07-22.jpg

この辺りは確かに強いエネルギーに満ちているようです。

p1140042-2017-07-21-07-22.jpg

しかし何と言っても、その一番の見所は最奧にある「奥之宮」になるでしょう。

1____p5206836-2017-07-21-07-22.jpg

「奥之宮」は先ほど述べた「勝村・勝頼」のものとされる古墳がそのまま社殿となっています。

p5206839-2017-07-21-07-22.jpg

中はとてもひんやりとして、静謐です。

p1140037-2017-07-21-07-22.jpg

ここからは数多くの、古代の貢物が掘り出され、「地下の正倉院」と呼ばれるほどだったと云います。

1____p5312050-2017-07-21-07-22.jpg

菖蒲園では花の季節に「菖蒲祭り」が執り行われます。

1____p5312062-2017-07-21-07-22.jpg

祝詞奏上の後、

1____p5312071-2017-07-21-07-22.jpg

神前に捧げる花が刈られ、

p5312113-2017-07-21-07-22.jpg

うるわしい巫女の舞が奉納されます。

1____p5312136-2017-07-21-07-22.jpg

その姿は正に菖蒲の精霊のようです。

1____p5312156-2017-07-21-07-22.jpg

安曇の聖地は、何処も麗しさに包まれていました。

pa170031-2017-07-21-07-22.jpg

さて、宮地嶽神社最大のイベント「光の道」です。

img_9437-2017-07-21-07-22.jpg

2月と10月の一定の日、好天に恵まれた日にだけ訪れるイベント、それを見ようと多くの人が訪れます。

pa170039-2017-07-21-07-22.jpg

大人気のイベントですが、参道の好位置に座れる人数は限られています。

pa170049-2017-07-21-07-22.jpg

やがて日が沈む頃、黄金の光が参道に続く道路に差し込み、光の道が現れます。

1____pa170059-2017-07-21-07-22.jpg

その先には安曇族の聖地、相島の積石塚群と志賀海神社の沖津宮を結ぶ道が見えていました。

0518e88ba5e69d89e5b1b1e5a5a5e381aee999a2-2017-07-21-07-22.jpg0217e5aeaee59cb0e5b6bde7a59ee7a4be-2017-07-21-07-22.jpg 若杉山奥之院/宮地嶽神社

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください