猪目洞窟 / 伊奈世波岐神社:八雲ニ散ル花 09

投稿日:

p8010901-2017-09-21-17-13.jpg

島根半島の西側にある、鷺浦(さぎうら)は長閑な港です。

p8010902-2017-09-21-17-13.jpg

その辺りの鵜鷺(うさぎ)地区は海と山に囲まれた小さくて静かな海辺の町で、古くは北前船の寄港地として栄えた場所でもあります。

p8010888-2017-09-21-17-13.jpg

その一角に「伊奈世波岐神社」(いなせはぎじんじゃ)があります。

p8010890-2017-09-21-17-13.jpg

ここは、歴史の伝承と裏腹に、とても雰囲気の良い神社でした。
何故か、それはここの祭神に関係があります。

p8010891-2017-09-21-17-13.jpg

伊奈世波岐神社の祭神は、その名の通り「稻背脛命」(イナセハギノミコト)です。
それにとってつけたように、「八千矛神」「稲羽白兎神」「稲羽八上比売神」を合祀しています。
稻背脛命とは誰なのか?
社頭掲示板の由緒をそのまま写してみます。

p8010889-2017-09-21-17-13.jpg

御祭神の主な事跡
御祭神の稲背脛命は亦の御名を大夷鳥命・天鳥船命といい出雲国造の祖神、天穂日命の御子であります。
天照皇大神の勅を奉じて建御雷神等と共に稲佐の浜に降りて国譲り神勅を大国主神に伝え給うた時に大国主の御子、事代主神は狩猟に美保関に出かけていたので稲背脛命が使いをされて事代主命を呼び還し国譲りについての諾否を問い給い、国譲りが武力によらずして平和理に解決されました。
この事は稲背脛命等の奔走の賜でありましてその御功績は偉大であります。
又父神天穂日命の後をうけて大国主神の祭祀に仕えられました。

p8010892-2017-09-21-17-13.jpg

こういうことです。
御祭神の稲背脛は出雲国造の祖神、天穂日の子のことです。
天照大神の勅を受けた建御雷神たちは稲佐浜に降り立ち、国を譲るよう大国主に伝えたましたが、大国主の御子、事代主は釣りに美保関に出掛けていました。
そのため、稲背脛が使いに出て、事代主を呼び還し、国譲りについての諾否を問いました。
国譲りが武力によらずして平和裡に解決された事は、稲背脛の奔走の賜であり、その功績は大きいといえます。
また、父天穂日の後を受けて大国主の祭祀に仕えました。

p8010893-2017-09-21-17-13.jpg

これは出雲王国の人たちを、あまりにバカにした内容です。
稲背脛とは穂日の子「夷鳥」(ヒナドリ)のことです。
穂日と夷鳥は、世話になった出雲王への恩を仇で返すように、大国主「八千矛」王と事代主「八重波津身」副王を大勢で拉致し、孤島の洞窟に監禁して枯死させたのです。
その非道をもって「稲背脛の奔走の賜であり、その功績は大きい」と言っているわけです。
また国譲りとは物部族による出雲王国の滅亡と征服であり、当然武力によって為されています。
しかもその物部族を影で導いたのは、穂日の末裔と云います。

p8010894-2017-09-21-17-13.jpg

稲背脛の「いなせ」とは「否・是」のことで、自分たちに従うか、従わないかを問うた神という意味の名です。
大国主と事代主は、おそらく「否」も「是」も問われることなく、非業の死をもたらされたのだと思います。

p8010897-2017-09-21-17-13.jpg

王家直系の子孫という「富家」の話では、事代主は伊奈世波岐神社に連れてこられて洞窟に閉じ込められたとありましたが、それは事代主ではなく、大国主であったと思われます。
伊奈世波岐神社にほど近い場所に、大国主殺害に関連した霊跡が2ヶ所あるからです。

p8010899-2017-09-21-17-13.jpg

b_ornament-2017-09-21-17-13.jpg

p8010903-2017-09-21-17-13.jpg

伊奈世波岐神社から東へしばらく行くと、猪目(いのめ)という海岸に着きます。

p8010904-2017-09-21-17-13.jpg

そこは奇怪な岩場などあり、夢に出て来そうな風景です。
しかし、決して夢で見てはなりません。

p8010913-2017-09-21-17-13.jpg

なぜなら、ここにある「猪目洞窟」は黄泉の穴と呼ばれており、この洞窟に行く夢を見たら必ず死んでしまうと言い伝えられているからです。

p8010908-2017-09-21-17-13.jpg

大きな岩が道路の端に見えたかと近づいてみれば、

p8010907-2017-09-21-17-13.jpg

大きな洞窟でした。
これが猪目洞窟です。

p8010905-2017-09-21-17-13.jpg

そう、この猪目洞窟こそが、大国主が幽閉され、枯死するに至った洞窟なのです。

p8010912-2017-09-21-17-13.jpg

洞窟は降りていくことができます。

p8010925-2017-09-21-17-13.jpg

洞窟内はごちゃごちゃした印象です。

p8010921-2017-09-21-17-13.jpg

それもそのはず、この洞窟遺跡は、1948年(昭和23年)に、漁船の船置場として利用するため入口の堆積土を取り除いた時に発見されましたが、そのまま船置場として利用されています。

p8010915-2017-09-21-17-13.jpg

凝灰岩の絶壁にできたこの洞窟は、東に向かって開口しており、幅約30m、奥行き30mあるそうです。

p8010924-2017-09-21-17-13.jpg

断層もくっきり見えるこの遺跡からは人骨が13体以上見つかっており、特に注目されるものとして は、南海産のゴホウラ製貝輪をはめた弥生時代の人骨や、舟材を使った木棺墓に葬ら れた古墳時代の人骨、稲籾入りの須恵器を副葬した人骨などだということです。

p8010920-2017-09-21-17-13.jpg

洞窟の奥には、小さな社がありました。
その上にはシダ系のものと思われる植物が垂れ下がっていますが、まるでここは深海の墓場のような雰囲気です。
今は道伝いに普通に訪れることのできる場所ですが、太古には舟からしか近寄れない、そんな洞窟だったのでしょう。

p8010917-2017-09-21-17-13.jpg

これ以上は立ち入るなと言わんばかりの石柱が立っていて、その奥は正に幽界に続いているようです。
この「黄泉の岩屋」の話は、当時の奈良の都にも聞こえて、出雲は「黄泉の国」だと言われるようになった所以だと云います。
「記紀」ではイザナミとイザナギの神話に変えられています。

p8010919-2017-09-21-17-13.jpg

奈良時代までは、都の貴族も出雲王国の大国主と事代主のことを覚えていてよく語られていましたが、権力の元に日本書紀が世に出ると、出雲王国のことは人々は話さなくなったと云います。
都の貴族たちの中には、海部王朝や物部王朝の子孫が多かったので、この出雲王と副王がどのように死んだか知っていました。
そして時の都の政府関係者は、物部勢力が出雲王朝を滅ぼしことを覚えていたので、かれらは大国主と事代主の怨霊を非常に恐れていたそうです。
古事記で、スサノオが天照大神(出雲の太陽の女神)の耕作田の畔をこわし、用水溝を埋め、新米のご飯を供えた神殿に排泄物をまき散らしたと記しているのは、スサノオの子孫が出雲王国を滅ぼしたことの例え話で暗示しているのだそうです。

p8010922-2017-09-21-17-13.jpg

b_ornament-2017-09-21-17-13.jpg

p8010883-2017-09-21-17-13.jpg

伊奈世波岐神社を西に向かったところに、ちょうど鷹取山と竜山、太々山の合わさる辺りに「御陵神社」と呼ばれる場所があります。

p8010880-2017-09-21-17-13.jpg

神社とは名ばかりに、思わず通り過ぎてしまうような古びた鳥居があるばかりです。

p8010881-2017-09-21-17-13.jpg

その背後には、あまりに巨大すぎてすぐには理解できないほどの磐座があります。

p8010884-2017-09-21-17-13.jpg

この磐座の下に、大国主、八千矛王は丁重に葬られたと、ひっそりと伝わっています。

p8010885-2017-09-21-17-13.jpg

穂日の子孫「出雲臣果安」(はたやす)は出雲国造でとして力を持っていましたが、国造の役職は廃止となり、意宇郡(おうぐん)の郡領に格下げされることになりました。
この時、果安は失業する可能性があることを知り神社の神職になりたいと考え、旧出雲王家の向家(富家)に「出雲神を祀る神社を建てて、共同で運営したい」と申し出ます。
向家は出雲王の神を祀り、主祭神を変えない条件で、出資する約束をしました。
果安氏は向家との約束を守らず、自分たちの祖である天穂日の主人であったスサノオを主祭神にしようと謀っていました。
しかしそれが時の右大臣「藤原不比等」に知られてしまい、大国主を祀るよう厳命を受けます。

p8010886-2017-09-21-17-13.jpg

果安氏は神門臣家に出向き、八千戈王の神霊を祀りたいと申し入れます。
出雲大社は当初、宍道湖の西岸に建てられる予定でしたが、神門臣家の勧めで八千戈王の遺体を埋葬した竜山の磐座を遥拝する今の場所に建設することが決定されました。
向家は領地の一部を売って出雲大社の境内地と神職達の屋敷の式地・家屋を購入する資金にしました。
神門臣家は領地内の材木を切り出し、運び、大工などの人件費を負担し、出雲大社を建てました。
大社社殿は神門臣家の所有となり、本殿の鍵は神門臣家出身の上官「別火家」が所有していました。
国造家・果安らはほどんど出資しなかったということです。
そうして716年、杵築・出雲大社は創建されました。

つまり、この磐座をまっすぐ南に下れば、出雲大社があるのです。
この磐座が、大社の真の御神体というこになります。

p8010887-2017-09-21-17-13.jpg

畏れ多くも、磐座の麓まで足を運ばせていただくと、そこには小さな社が祀られていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中