金立神社:筑秦ノ饒速日 03

投稿日:

p9180531-2017-10-23-23-30.jpg

浮盃(ぶばい)にたどり着いた徐福が見上げると、その先には美しい円錐形をした金立山(きんりゅうさん)が見えていました。
徐福はこの山に、不老不死の霊薬を求めるようになります。
標高501.8mの金立山には、山頂から山麓にかけて「奥の院」「上宮」「中宮」「下宮」が鎮座しています。

b_ornament-2017-10-23-23-30.jpg

p7171421-2017-10-23-23-30.jpg

【下宮】
長崎自動車道佐賀大和インターから10分ほどで「下宮」に到着しました。
どっしりと安定感のある「肥前鳥居」が印象的です。

p7171424-2017-10-23-23-30.jpg

辺りは住宅街になっています。

p7171425-2017-10-23-23-30.jpg

境内の横は幼稚園になっていました。

p7171426-2017-10-23-23-30.jpg

御祭神は
「保食神」(うけもちのかみ・穀物の神)
「罔象売女命」(みずはめのみこと・水の神)
「秦の徐福」
となっています。

p7171437-2017-10-23-23-30.jpg

地元ではなぜか徐福が雨を降らせる神として信仰されています。
それはなぜか!?

p7171435-2017-10-23-23-30.jpg

地元では日照りが続くと金立神社に祀られる徐福のご神体を乗せた神輿を港まで運びます。
そこから有明海に浮かぶ沖ノ島まで船で連れ出すそうです。

p7171434-2017-10-23-23-30.jpg

すると秦国へ連れ帰されると思った徐福は、雨を降らせて船が出ないようにするのだとか。
徐福、可愛すぎです。

p7171427-2017-10-23-23-30.jpg

境内の横に弁財天が祀られています。

p7171431-2017-10-23-23-30.jpg

「甲羅弁才天」と呼ばれ、徐福が不老不死の薬草を探しあぐねていた時、五色の雲と共に天女が静かに降りてきて徐福にフロフキの薬草を授けたそうです。

p7171441-2017-10-23-23-30.jpg

弁財天といえば宗像三女神の三女「市杵島姫命」と同一の神とされていますが、この市杵島姫は徐福の元に嫁いでいます。
甲羅弁才天の話とは関係ないのでしょうが、徐福と弁財天の因縁のようなものを感じます。

p7171442-2017-10-23-23-30.jpg

b_ornament-2017-10-23-23-30.jpg

p7241834-2017-10-23-23-30.jpg

【中宮】
金立山の中腹、市立金立教育キャンプ場そばに中宮はあります。
ここはかつて荒れ果てていたと聞いていましたが、比較的新しい祠ができていました。

p7241835-2017-10-23-23-30.jpg

b_ornament-2017-10-23-23-30.jpg

p9180481-2017-10-23-23-30.jpg

【上宮】
金立山はもちろん登山にも良い山ですが、車で山頂まで行くこともできます。
ただ、相応の酷道を走る心構えは必要です。
さて、林道突き当りに車の駐車スペースがありました。

p9180483-2017-10-23-23-30.jpg

ここから10分ほど下ると、金立神社上宮があると云います。

p9180486-2017-10-23-23-30.jpg

足場のあまり良くない山道を下ります。

p9180487-2017-10-23-23-30.jpg

と何やら人工物が見えてきました。

p9180507-2017-10-23-23-30.jpg

上宮です。

p9180523-2017-10-23-23-30.jpg

本殿はすべて石でできています。

p9180505-2017-10-23-23-30.jpg

創建時期は古く不明、「日本三代実録」に金立神は「清和天皇の貞観2年(861)3月、正六位上から従五位下に昇叙、光孝天皇の元慶8年(884)12月従五位下から従五位上に昇叙」の記録があります。

p9180524-2017-10-23-23-30.jpg

祭神は下宮と同じ3神となっています。

p9180525-2017-10-23-23-30.jpg

本殿の裏に回って見ると、

p9180489-2017-10-23-23-30.jpg

磐座「湧出御宝石」(わきでのおたからいし)があります。

p9180490-2017-10-23-23-30.jpg

見事にそそり立つ巨石。

p9180495-2017-10-23-23-30.jpg

周りは回廊のように石が積まれ、中央の巨石を回り見ることができます。

p9180498-2017-10-23-23-30.jpg

湧出御宝石の頂部には水が溜まっていると伝わります。
僕はそれを聞いて、大分の「猪群山環状列石」を連想しました。
山頂にあるストーンサークルの中心「神体石」にも頂部に水が溜まっていて、金魚がいると云います。

p9180499-2017-10-23-23-30.jpg

この巨石は神仙思想に基づく「陽石」であると、徐福シンポジウムに参加した「梅原猛」(うめはらたけし)氏は説きます。

p9180503-2017-10-23-23-30.jpg

これが陽石ならば近くに「陰石」もあるはずと氏は探しました。

p9180521-2017-10-23-23-30.jpg

それは上宮から少々心細い山道を下ったところにありました。

p9180512-2017-10-23-23-30.jpg

まさにそれらしい造形の、巨大な陰石です。

p9180515-2017-10-23-23-30.jpg

岩の下まで行くと、清らかな水が流れています。
一口含むと、甘く柔らかな味がします。

p9180516-2017-10-23-23-30.jpg

水は岩の間から滲み出ていました。

p9180514-2017-10-23-23-30.jpg

少し離れたところには祠もあります。

p9180517-2017-10-23-23-30.jpg

おそらく徐福は、最初にこの陰石を見つけたのではないでしょうか。

p9180519-2017-10-23-23-30.jpg

そしてその上に陽石である湧出御宝石を立てさせ、そこで祭祀を取り行ったのかもしれません。

p9180511-2017-10-23-23-30.jpg

山中でこの自然の神秘を見た徐福は、ここが神宿る山であると感じたに違いありません。
僕も内からみなぎる力を得て、さて、降りてきた道を再び登らなくてはならないのです。

p9180527-2017-10-23-23-30.jpg

b_ornament-2017-10-23-23-30.jpg

p9180475-2017-10-23-23-30.jpg

【奥ノ院】
駐車スペースまで戻ってくると、そこに奥の院へと続く鳥居があります。

p9180476-2017-10-23-23-30.jpg

少し登るだけなのですが、何気にきつい勾配です。

p9180477-2017-10-23-23-30.jpg

龍神を崇める出雲族は、蛇がとぐろを巻いた形に似た大きくずんぐりとした山を神奈備とします。

p9180529-2017-10-23-23-30.jpg

それに対し、徐福らが連れてきた渡来人は、小高い形の良い山を神奈備としたようです。

img_1027-2017-10-23-23-30.jpg

金立山もそうした山です。

p9180478-2017-10-23-23-30.jpg

山頂には石の祠が一つありました。

p9180480-2017-10-23-23-30.jpg

道鏡は星神を信仰します。
このような小高い山は、星を読むのに適していたのでしょう。

p9180479-2017-10-23-23-30.jpg

徐福も愛した景色。
そこからは美しい遠望が見え、涼しい風が吹き抜けていきました。

p9180530-2017-10-23-23-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中