阿太加夜神社:八雲ニ散ル花 16

投稿日:

b070703-2017-11-13-23-00.jpg

松江市東出雲町にある「阿太加夜神社」(あだかやじんじゃ)に訪れました。
そこはしっとりとした、とても素敵な神社です。

b070662-2017-11-13-23-00.jpg

当地は松江市に合併する前は、「八束郡東出雲町出雲郷」と呼ばれていました。
松江市でありながら「東出雲」の地名がついているのは、ここが東出雲王国の中心地だったからだと思われます。
そして「出雲郷」、これは「あだかえ」と呼びます。
なぜそのような不思議な呼び方をするのかと言えば、それは当社がここに鎮座していることが理由のようです。

b070660-2017-11-13-23-00.jpg

阿太加夜神社のすぐ側には意宇川(おうがわ)が流れています。
意宇川とは「王川」のことで、上流には東出雲王家の王宮だった神魂神社が鎮座しています。

b070661-2017-11-13-23-00.jpg

苔むした石灯籠が年月を感じさせます。

b070664-2017-11-13-23-00.jpg

イケメンな狛犬も鎮座していました。

b070667-2017-11-13-23-00.jpg

拝殿へ至る道は、早朝ということもあって、とても清々しいです。

b070669-2017-11-13-23-00.jpg

阿太加夜神社の祭神は「阿太加夜奴志多岐喜比賣命」(あだかやぬしたききひめ)です。

b070670-2017-11-13-23-00.jpg

この阿太加夜奴志多岐喜比賣命とはどのような神なのか、様々な疑問が持たれているようです。
阿太加夜の響きから渡来人系の神の名ではないかとか、下照姫のことであるとか。
由緒では「大那牟遅命」(おおなむちのみこと)の御子神と記されていました。

b070672-2017-11-13-23-00.jpg

拝殿の左側に大きな石碑が並んでいます。

b070673-2017-11-13-23-00.jpg

先には本殿に並んで稲荷社がありました。

b070674-2017-11-13-23-00.jpg

阿太加夜奴志多岐喜比賣命は、実は宗像三女神の次女、「多伎津姫」(たきつひめ)のことであると富氏は記します。

b070686-2017-11-13-23-00.jpg

宗像氏の始祖「吾田片隅」王(あたかたすみ)は6代出雲大名持「臣津野」(おみつぬ)の子でした。
その吾田片隅の娘、三姉妹が宗像の三女神です。

b070690-2017-11-13-23-00.jpg

三女神の長女「田心姫」は7代大名持「天之冬衣」王に嫁ぎ、8代少名彦「八重波津身」いわゆる事代主を儲けました。

b070688-2017-11-13-23-00.jpg

次女「多伎津姫」は8代大名持「八千戈」王に嫁ぎ、「味鍬高彦」(あじすきたかひこ)を儲けました。
こうして出雲王家は血の結束を高めていきます。

b070677-2017-11-13-23-00.jpg

阿太加夜神社の境内は素晴らしい杜に囲まれていました。

b070675-2017-11-13-23-00.jpg

その中で白い幹の木が、一際存在感を放っています。

b070681-2017-11-13-23-00.jpg

三女神の一柱を示すかのような、優しい樹肌です。

b070683-2017-11-13-23-00.jpg

『雲陽誌』(1717年)は出雲江の項にみられるの説明の中で、「大穴持命の御子阿陀加夜怒志多伎吉比売命は神門郡多岐に坐となり、今此里に阿太加夜社勧請なるへし」と現在の出雲市多伎町の鎮座する多伎神社から勧請したというような説明をしています。

b070682-2017-11-13-23-00.jpg

西出雲に位置する「多伎神社」は西出雲王家「神門臣家」の領地であった神門郡にあり、その主祭神は「阿陀加夜努志多伎吉毘賣命」となっています。
神門臣家出身の八千戈王、いわゆる大国主に嫁いだ多伎津姫は、大国主が枯死したのを知ると、意宇群のアダカヤに住む姉の田心姫を頼って、移り住んだということです。

b070684-2017-11-13-23-00.jpg

つまり阿太加夜神社は、元は田心姫の住まいだったということです。
同じく子「事代主」を亡くした田心姫は、夫を失った妹を哀れんで、ここに一緒に暮らしたと云います。

b070698-2017-11-13-23-00.jpg

後に田心姫はここを多伎津姫に譲り、オウノ群を離れ、伯耆国(現米子市宗像)の今は宗形神社となっている場所へ移り住みました。

b070700-2017-11-13-23-00.jpg

境内にはいくつかの船が置かれています。
日本三大船神事の「ホーランエンヤ」で使われる船です。

b070701-2017-11-13-23-00.jpg

ホーランエンヤは松江市で12年後とに行われる船神事で、松江の城山稲荷神社の御神体を迎えて豊穣祈願をする祭です。
側に意宇川の河口があり、そこは古代の港だったそうです。
ホーランエンヤは、慶安元年(1648年)に大飢饉がおこったため、時の松江藩主・松平直政が城山稲荷神社の主祭神(宇迦之御霊神・ウカノミタマノカミ)を阿太加夜神社に勧進して豊穣を祈願したのに始まると云われています。
松江藩と阿太加夜神社の縁のきっかけは、松江城築城当時に奇怪なことが重なったので、祈祷が上手いとの評判であった阿太加夜神社神主の「松岡兵庫」に、天守閣工事の祈祷を行わせてこれを鎮めようとしたことによるそうです。

b070702-2017-11-13-23-00.jpg

「ホーランエンヤ」の語源は「蓬莱・塩爺」とのことですが、塩爺と言えば鹽竈神社の祭神でタケミカヅチとフツヌシを東北に導いたという「塩土老翁」を連想させます。

b070692-2017-11-13-23-00.jpg

ホーランエンヤの船の前には、何やら祀られた木があります。

b070694-2017-11-13-23-00.jpg

近づいてみると、藁で編まれた蛇が木に巻き付いています。
出雲の神社でよく目にする、「荒神」と呼ばれるものです。
阿太加夜神社では顔の表現がしっかりしていて、ユーモラスです。

b070693-2017-11-13-23-00.jpg

古代出雲の民族は、インドのドラビダ族の移民であると富氏の伝承にあります。
インドのガンジス川には昔、ワニがいて恐れられ、河の神として祀り上げられました。
また森のコブラも怖がられ、森の神になります。
この二神が合わさって「ナーガ」という龍神になり、ドラビダ族に崇拝されます。

b070697-2017-11-13-23-00.jpg

出雲に至って、ナーガは斉の神の眷属神となり、このように藁の蛇を御神木に巻きつけて祭祀しました。
この木は本来、「斎の木」と呼ばれたそうです。

b070704-2017-11-13-23-00.jpg

もう一つの木にも龍神が巻き付いていました。

b070705-2017-11-13-23-00.jpg

こちらは口を開いた蛇の形をしていますが、やや朽ちかけていました。

b070671-2017-11-13-23-00.jpg

阿太加夜神社を後にしようとしましたが、

b070710-2017-11-13-23-00.jpg

看板をみると、他に石碑のようなものが記されています。
行ってみることにします。

b070711-2017-11-13-23-00.jpg

朽ちたバスがあり、

b070712-2017-11-13-23-00.jpg

案内がありました。

b070713-2017-11-13-23-00.jpg

入ってみます。

b070721-2017-11-13-23-00.jpg

そこはまた、亜熱帯のジャングルを思わせる杜でした。

b070718-2017-11-13-23-00.jpg

新しいものでしょうが、「意宇杜」と

b070715-2017-11-13-23-00.jpg

「国引き」の石碑がありました。
意宇の杜は臣津野が国引きを完成させてこの森で「おう」と言ったことが由来と伝わっています。
ここは意宇の杜の比定地でもあると云うことです。

b070717-2017-11-13-23-00.jpg

意宇は意宇川と同じく、「王」を意味しています。
東出雲王家の都がこの一帯にあったということだと思われます。

b070724-2017-11-13-23-00.jpg

さらに先に、門部王の歌碑がありました。

「飫宇(おう)の海の河原の千鳥汝(な)が鳴けば 吾が佐保河(さほがは)の思ほゆらくに」

b070733-2017-11-13-23-00.jpg

出雲国の国守として赴任した門部王が、都を思って詠んだ歌と伝わります。

b070727-2017-11-13-23-00.jpg

境内を出ると、「河童橋」という橋があり、

b070730-2017-11-13-23-00.jpg

水神さんと親しまれる、河童の皿のような石がありました。

b070732-2017-11-13-23-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中