若狭彦神社:八雲ニ散ル花 番外

投稿日:

p7041296-2018-02-21-19-00.jpg

福井県小浜市の多田ヶ岳山麓に鎮座する聖地、、若狭国一宮「若狭彦神社」(わかさひこじんじゃ)、「若狭姫神社」(わかさひめじんじゃ)を訪ねてみました。
そこはとても気持ちの良い、素晴らしい場所でした。

c1d-2018-02-21-19-00.jpg

p7041263-2018-02-21-19-00.jpg

【若狭姫神社】
そこは総称として「若狭彦神社」と呼ばれますが、「上社」(若狭彦神社)と「下社」(若狭姫神社)に分かれており、また「上下宮」、郡名から「遠敷明神」とも呼ばれています。

p7041262-2018-02-21-19-00.jpg

上社と下社、どちらを先に参拝するのか、意見はまちまちのようです。
僕はとりあえず「下社」から参拝しました。

p7041261-2018-02-21-19-00.jpg

下社は水路と石垣に囲まれた境内に鎮座し、ちょっとノスタルジックな印象です。

p7041264-2018-02-21-19-00.jpg

境内に一歩足を踏み入れた途端に、濃密な森の空気に満たされます。

p7041267-2018-02-21-19-00.jpg

ここは森と水の気に溢れた聖地のようです。

p7041265-2018-02-21-19-00.jpg

境内に入ってすぐ右手に社務所があります。
後に向かう「上社」には社務所がありませんので、御朱印等はこちらでいただきます。

p7041271-2018-02-21-19-00.jpg

神さびた神門。

p7041275-2018-02-21-19-00.jpg

富家の伝承によると、第2次物部東征により西出雲を攻めた朝倉彦は、軍勢を率いて因幡国から但馬国を通り、さらに東へ進みました。
そして、途中若狭国に住んだ一派がいたと云うことです。

p7041276-2018-02-21-19-00.jpg

彼らは若狭を統治し、そこの豪族になりました。
その子孫が、後世に一族の神社を建てたのが当社であるそうです。

p7041278-2018-02-21-19-00.jpg

神門をくぐった先にも、広い敷地があり、いくつかの建物が見受けられます。

p7041281-2018-02-21-19-00.jpg

舞台は老朽化が激しく、今も使われているのかわかりません。
しかし往年の風格があります。

p7041280-2018-02-21-19-00.jpg

石碑の先にある蔵も、

p7041282-2018-02-21-19-00.jpg

かなり古びています。

p7041284-2018-02-21-19-00.jpg

摂社・境内社も鎮座していますが、

p7041285-2018-02-21-19-00.jpg

どれも朽ちかけています。

p7041283-2018-02-21-19-00.jpg

森の木々は樹勢よく、まるで生きて動き出しそうな雰囲気です。

p7041289-2018-02-21-19-00.jpg

御神木のひとつには

p7041290-2018-02-21-19-00.jpg

招霊の木(オガタマノキ)もありました。

p7041288-2018-02-21-19-00.jpg

下社・若狭姫神社は721年に上社より分祀されて現在地に移されたそうです。

p7041293-2018-02-21-19-00.jpg

元は上社が祭祀の中心であったそうですが、現在はほとんどの祭事は下社で行われています。

p7041295-2018-02-21-19-00.jpg

祭神は「豊玉姫命」を「若狭姫神」として祀っています。

p7041299-2018-02-21-19-00.jpg

彦火火出見尊の妻である豊玉姫は、記紀では龍宮の乙姫と描かれていますが、実際は宇佐・豊王国の女王で、『魏書』に「邪馬台国」の「卑弥呼」と記されたその人でした。

p7041302-2018-02-21-19-00.jpg

ふと拝殿前の地面に足型があります。
そこに立ってみます。

p7041303-2018-02-21-19-00.jpg

前には極小の賽銭箱。

p7041300-2018-02-21-19-00.jpg

右手に案内板。
そして上を見上げると、

p7041301-2018-02-21-19-00.jpg

大迫力の御神木「千年杉」がそびえていました。

p7041297-2018-02-21-19-00.jpg

豊玉姫の御霊が宿るという御神木は、確かに強いエネルギーを感じることのできる巨木です。

p7041304-2018-02-21-19-00.jpg

第2次物部東征軍は豊王国との連合軍でした。

p7041305-2018-02-21-19-00.jpg

朝倉彦の軍にも豊軍が加わっていましたので、宇佐・豊家の一族も当地に残ったのかもしれませんが、

p7041306-2018-02-21-19-00.jpg

物部勢にも、豊玉姫の威光は甚大だったことでしょう。

p7041308-2018-02-21-19-00.jpg

今少し、境内を散策していると、乳神さまという御神木がありました。

p7041309-2018-02-21-19-00.jpg

銀杏の大木からは、確かに気根が乳のように下がっています。

p7041310-2018-02-21-19-00.jpg

根のコブも女性的なふっくらさ。

p7041311-2018-02-21-19-00.jpg

「子種石」、

p7041312-2018-02-21-19-00.jpg

いわゆる陰陽石です。

p7041313-2018-02-21-19-00.jpg

そして境内の奥に御神水がありました。

p7041317-2018-02-21-19-00.jpg

滔々と流れる清らかな水は、ほのかな甘みを有しています。

p7041315-2018-02-21-19-00.jpg

当社の社紋は「宝珠に波」。
これは彦火火出見尊(山幸彦)が龍宮で手に入れた潮を自在に操る「潮盈珠」「潮乾珠」に由来しているそうです。

p7041272-2018-02-21-19-00.jpg

境内を後にしようとしたところで、遥拝所と書かれた二つの立て札を見つけました。
一つはこれから向かう「上社」のもの。
もう一つは「白石神社」とあります。
気になって調べてみると、若狭彦神社の元宮であると記されています。なにっ!

p7041266-2018-02-21-19-00.jpg

再び境内を出ようとしたところで看板を目にしました。
そこで振り返ってみると、

p7041320-2018-02-21-19-00.jpg

なるほど、乙姫が優しく、背を見送ってくれていました。

c1d-2018-02-21-19-00.jpg

p7041321-2018-02-21-19-00.jpg

【若狭彦神社】
下社を出て車で10分ほど、さらに山中へ進むと「上社・若狭彦神社」がありました。

p7041322-2018-02-21-19-00.jpg

社務所は無く、無人と聞いていましたが、確かにひと気を感じません。

p7041323-2018-02-21-19-00.jpg

参道途中にそびえる二本の大杉。

p7041325-2018-02-21-19-00.jpg

これは二の鳥居の役目を果たしているそうです。

p7041328-2018-02-21-19-00.jpg

参道の杜は深く、

p7041329-2018-02-21-19-00.jpg

いくつもの巨木が立ち並びます。

p7041326-2018-02-21-19-00.jpg

そして見えてくる神門。

p7041331-2018-02-21-19-00.jpg

神門から一歩足を踏み入れた時の、神聖たる空間の演出は見事、としか言いようがありません。

p7041332-2018-02-21-19-00.jpg

とっぷりとした、濃密な空気に満ちています。

p7041333-2018-02-21-19-00.jpg

ただ、やはり建物の老朽化は激しいようです。

p7041334-2018-02-21-19-00.jpg

こちらも奥に、御神水がありました。

p7041337-2018-02-21-19-00.jpg

時をかけて浄化された、深山の水が湧き流れています。

p7041344-2018-02-21-19-00.jpg

拝殿は豪族の里宮の雰囲気。

p7041340-2018-02-21-19-00.jpg

上社では、「若狭彦神」として「彦火火出見尊」、物部の祖神「イニエ」王を祀っています。

p7041338-2018-02-21-19-00.jpg

社紋は下社と同じ「宝珠に波」。

p7041343-2018-02-21-19-00.jpg

今では上社は、「初心を取り戻す」「神聖な気持ちがよみがえる」といったご利益があると云われています。
農林商業、海上安全、漁業、縁結び、安産育児、学問、厄除、交通安全等の信仰が深く、また畳・敷物業の神ともされ、インテリア関係者の信仰も集めているのだとか。

p7041342-2018-02-21-19-00.jpg

境内社の若宮社は「鸕鷀草葺不合尊」(ウガヤフキアエズノミコト)を祀っています。

p7041327-2018-02-21-19-00.jpg

日本海沿岸の僻地に、第2次物部東征の名残が、ひっそりたたずんでいました。

c1d-2018-02-21-19-00.jpg

p7041351-2018-02-21-19-00.jpg

【白石神社】
さて、若狭彦神社に元宮があるというので調べてみますと、それは上社から車で15分ほど「遠敷川」(おにゅうかわ)という川ぞいを登ったところにありました。

p7041364-2018-02-21-19-00.jpg

標識があるわけでもなく、勘を頼りに探しました。
と、川向こうにこんもりとした、いかにも幽玄な雰囲気の杜があります。

p7041350-2018-02-21-19-00.jpg

元宮の名は「白石神社」、どこにも標識がありません。

p7041352-2018-02-21-19-00.jpg

100名水に選ばれた「鵜の瀬」の給水所があります。

p7041353-2018-02-21-19-00.jpg

そして「良辨和尚」なる人物の誕生の地という石碑がありました。

p7041354-2018-02-21-19-00.jpg

良辨和尚とは持統天皇の頃の人のようで、東大寺の建立に尽力し、初代別当となった、ただならぬ人物のようです。
先ほどの鵜の瀬の水は、若返りの霊水だという話です。

p7041355-2018-02-21-19-00.jpg

さて、古ぼけた社殿らしきものが見えます。
ちょっと怖い感じも受けつつ、階段を上りました。
すると、

p7041356-2018-02-21-19-00.jpg

すごい、苔です。
苔の絨毯がありました。

p7041358-2018-02-21-19-00.jpg

上社、下社も苔がすごいなと思っていましたが、ここはまた一面の苔。
足を踏み込むのをためらいます。

p7041360-2018-02-21-19-00.jpg

薄暗い社殿の中を覗けば、「白石大明神」の扁額が。
間違いありません。

p7041361-2018-02-21-19-00.jpg

伝説では、若狭彦神が白馬に乗って雲の中から降臨したのが、この遠敷郡下根来村白石の里だったといい、その姿は唐人のようであったと云います。

p7041362-2018-02-21-19-00.jpg

和銅7年(714年)9月10日に彦神が示現した白石の里に上社「若狭彦神社」が創建されました。
そして翌、霊亀元年(715年)9月10日に現在地に遷座したとあります。
下社「若狭姫神社」は、養老5年(721年)2月10日に上社より分祀して創建されました。

p7041357-2018-02-21-19-00.jpg

若狭彦神は唐人の姿のようだったとありますが、物部氏は元は中華秦国の渡来人ですので、そのように見えたのでしょうか。
しかしこの白石に社殿を建てて、翌年には遷座したというのも、何か意味ありげな感じがします。

p7041359-2018-02-21-19-00.jpg

一説に、東大寺と「鵜の瀬」は同じレイライン上にあり、さらにその南には金峰山や、空海が祀ったとされる丹生の聖地があり、不老不死のラインが築かれているのだとか。
遠敷と丹生、若返りの霊水も、あながち眉唾という話でも無いのかもしれません。

p7041363-2018-02-21-19-00.jpg

e88ba5e78bade5bda6e7a59ee7a4be-2018-02-21-19-00.jpge88ba5e78bade5a7abe7a59ee7a4be-2018-02-21-19-00.jpg

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中