神戸神社:斎王〜倭姫命世記を追う08

投稿日:

4160183-2018-05-31-22-05.jpg

崇神天皇66年、ヤマトヒメは隠市守宮から穴穂宮へ遷り、そこで4年間奉斎した。
ヒメがその地に至った時、伊賀国造が、箆山葛山戸(みふぢくろかづらやまのへ)と、地口・御田を進呈した。
また鮎取る淵・梁作る瀬など、朝御饌・夕御饌も供した。

c1d-2018-05-31-22-05.jpg

4160160-2018-05-31-22-05.jpg

『倭姫命世記』の「穴穂宮」の候補地とされる「神戸神社」(かんべじんじゃ)は、三重県伊賀市上神戸の田園の中にありました。

4160181-2018-05-31-22-05.jpg

『皇太神宮儀式帳』にも「伊賀穴穂宮」として記される、元伊勢の一つとされています。

4160161-2018-05-31-22-05.jpg

陽気のせいもあるでしょうが、とてものどかな雰囲気に満ちています。

4160164-2018-05-31-22-05.jpg

主祭神は「大日霊貴命」。
配祀神として、天児屋根命、天太玉命、倭姫命、栲機千千姫命、天手力男命ほか多数の神々を祀ります。

4160165-2018-05-31-22-05.jpg

当社も様々な他社合祀の末、配祀神が増えたのだろうと思われます。

4160166-2018-05-31-22-05.jpg

倭姫命世記は、ヤマトヒメが隠市守宮から、当地に移り、天照大神を4年間奉斎した地であると伝えています。
その際、伊賀国造は土地や田を進呈し、鮎などの食事を提供したと云います。

4160169-2018-05-31-22-05.jpg

本殿を見てびっくりしました。
それは正しく、伊勢神宮のそれです。

4160172-2018-05-31-22-05.jpg

それもそのはずで、伊勢神宮と同様に、当社も20年に一度遷宮を行うそうですが、その際に伊勢神宮・風日祈宮の古材を譲り受けるのだと云います。

4160174-2018-05-31-22-05.jpg

僕は倭姫命世記の内容は信憑性に足りないと考えていますが、当社と神宮の結びつきは強いように感じました。

4160177-2018-05-31-22-05.jpg

7月10日に行われる「初魚掛祭」も、元伊勢としての名残として斎行されているそうです。

4160162-2018-05-31-22-05.jpg

e7a59ee688b8e7a59ee7a4be-2018-05-31-22-05.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中