高天原:八雲ニ散ル花 番外

投稿日:

p6070584-2018-01-25-00-00.jpg

『日本書紀』神武天皇記に曰く、「高尾張邑に土蜘蛛がいたので殺害し葛城邑に改めた」

c1d-2018-01-25-00-00.jpg

1____p6070597-2018-01-25-00-00.jpg

奈良県御所市の葛城地区に、神々が住まう天上界「高天原」(タカマガハラ)と呼ばれる場所があります。
神話好きなら、高天原と聞いただけで気分が高まります。
その高天原と呼ばれる場所を訪ねてみると、高鴨家の聖地「高鴨神社」から高台に向かった、金剛山の中腹に広がる高原台地にありました。
そこは大和盆地を一望できる標高の高い場所で、神が大和の民を見下ろすのに相応しい雰囲気を持っています。

p6070544-2018-01-25-00-00.jpg

高天原を目指して山道を進むと、「高天彦神社」(たかまひこじんじゃ)が見えてきます。

p6070545-2018-01-25-00-00.jpg

鬱蒼とした森の先にある聖地・高天彦神社。

1____p6070566-2018-01-25-00-00.jpg

樹齢数百年と云われる杉の並木道が参道を作り出しています。

p6070547-2018-01-25-00-00.jpg

高天彦神社の主祭神は「高皇産霊」(たかみむすび)です。

p6070550-2018-01-25-00-00.jpg

社名の「高天彦」は「高皇産霊」の別名と云われています。
が、高皇産霊は男神ではありませんでした。

p6070551-2018-01-25-00-00.jpg

高皇産霊は葛城氏の祖神で、天地創造の時、高天原に出現した神だとも伝わっていますが、それも違います。

p6070552-2018-01-25-00-00.jpg

高皇産霊は別名を「高木神」と呼ばれていますが、彼女の名前は「栲幡千々姫」(タクハタチヂヒメ)と言います。
記紀では両者は母娘とされていますが、同一の人物のことです。

p6070548-2018-01-25-00-00.jpg

参道脇には末社の「三十八神社」がありました。
葛城王朝の歴代の王を祀っているそうです。

p6070553-2018-01-25-00-00.jpg

栲幡千々姫は日本に渡来した「徐福」の母親の日本名であると云います。
徐福の父親は徐猛といい、記紀では「押穂根」(オシホネ)と書かれています。
徐福は二度来日していますが、最初の渡来地、「出雲」から「丹波・丹後」地区にかけての「海家」の地盤には、高皇産霊・高木神を祀る神社はほとんど見られません。
逆に二度目の渡来地である筑後平野一帯には、高木神を祀る神社が数多く鎮座します。

p6070554-2018-01-25-00-00.jpg

つまり、その高皇産霊を祀る当社は、東征で大和入りした物部族が祀ったということになるのだと思います。

p6070555-2018-01-25-00-00.jpg

日向神話で語られる「高天原」が、のちに大和に伝わったのでしょう。

p6070564-2018-01-25-00-00.jpg

境内には明治天皇と神武天皇の遥拝所が設けてあります。
神武は二度の物部東征を一つにまとめ、神話化した話となっています。

p6070559-2018-01-25-00-00.jpg

社殿の左脇に、うっかり見落としそうになる石碑がありました。

p6070561-2018-01-25-00-00.jpg

「蜘蛛塚」と呼ばれているそうですが、案内板など何もありません。

p6070560-2018-01-25-00-00.jpg

土蜘蛛とは日本の先住民で朝廷に従わなかった人々のことです。
日本書記によれば、神武天皇の皇軍は葛のつるで網を作り、 それを覆いかぶせて反抗する土蜘蛛を捕らえて殺したそうで、それでこのあたりを葛城と呼ぶようになったと伝えています。

c1d-2018-01-25-00-00.jpg

p6070568-2018-01-25-00-00.jpg

境内の外に出ると、「鶯宿梅」(おうしゅくばい)と呼ばれる梅の古木があります。
その昔、高天寺で修行をしていた小僧が若くして亡くなります。
師は小僧の死を嘆き悲しんでいたところ、梅の木に鶯がきてホーホケキョではなく、
「初春のあした毎にはくれども あはでぞかえるもとのすみかに」と鳴いたと伝わります。

p6070571-2018-01-25-00-00.jpg

鶯宿梅からあぜ道のような道を歩いた先にも土蜘蛛に関連した「蜘蛛窟」があるといいます。

p6070593-2018-01-25-00-00.jpg

ここで左に曲がらなくてはならなかったのですが、僕はまっすぐ進んでしまいました。

p6070573-2018-01-25-00-00.jpg

柵のようなものがありますが、先に進めます。

p6070574-2018-01-25-00-00.jpg

小道を進みます。

1____p6070577-2018-01-25-00-00.jpg

なんかありました。

p6070578-2018-01-25-00-00.jpg

「蜘蛛窟」か、と思いましたが、

p6070580-2018-01-25-00-00.jpg

なんだか違います。

p6070581-2018-01-25-00-00.jpg

ちょっと気味悪くなり、これはいかんと来た道を戻りました。

p6070582-2018-01-25-00-00.jpg

戻って先ほどの道を曲がると、小さな標識がありました。

p6070583-2018-01-25-00-00.jpg

しかしその先も、道というか、獣道のようなものがあるばかり。

p6070591-2018-01-25-00-00.jpg

勇気を出して進むと、ありました。

p6070589-2018-01-25-00-00.jpg

「蜘蛛窟」です。

「そのひととなり、身短くして手足長し。しゅじゅと相類す」
「恒に穴の中に居り。故、賤しき号を賜いて土蛛と日う」

近いところで「葛城一言主神社」境内にも土蜘蛛塚があります。
葛城の笛吹の村で育った大彦は「長髄彦」(ナガスネヒコ)と蔑称で呼ばれました。
葛城で土蜘蛛と呼ばれたのは、大彦の一族や尾張族だったのではないでしょうか。
葛城にある数々の蜘蛛塚は、物部の大和制圧の痕跡だったのです。

c1d-2018-01-25-00-00.jpg

p6070598-2018-01-25-00-00.jpg

高天彦神社帰り際に気づきました。
「幸せを呼ぶカエル石」とあります。
天然石に無理やりつけた感のある目が安っぽく感じましたが、慣れてくると意外に可愛い、カエル様でした。

p6070599-2018-01-25-00-00.jpg

1114e9ab98e5a4a9e5bda6e7a59ee7a4be-2018-01-25-00-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中