水仙の里(野母崎)

投稿日:

1____p1160320-2017-04-6-07-15.jpg

1月中旬、長崎半島の先端、野母崎で「水仙まつり」があるというので行ってみました。

1____p1160259-2017-04-6-07-15.jpg

野母崎に着いてすぐ、「こっとん」という喫茶店に向かいましたが、残念ながら営業していませんでした。

1____img_9895-2017-04-6-07-15.jpg

お目当は「軍艦島カレー」でしたが、写真だけ撮って来ました。

1____p1160267-2017-04-6-07-15.jpg

さて、そこは、「水仙の里」と呼ばれる小高い丘になっています。

p1160370-2017-04-6-07-15.jpg

決して広い場所ではありませんが、思わず息が漏れる、素敵な光景がありました。

1____p1160262-2017-04-6-07-15.jpg

風に揺れつつ咲き誇る水仙。

1____p1160263-2017-04-6-07-15.jpg

その数1000万本と云います。

1____p1160269-2017-04-6-07-15.jpg

花は光の加減で元気に見えたり、

p1160316-2017-04-6-07-15.jpg

ちょっとアンニュイに見えたりします。

1____p1160342-2017-04-6-07-15.jpg

丘は海のそばにあり、

1____p1160343-2017-04-6-07-15.jpg

潮と花の香りが絶妙なハーモニーを奏でます。

p1160329-2017-04-6-07-15.jpg

野母崎水仙の里は、長崎で唯一「かおり風景100選」に選ばれているところだそうです。

p1160341-2017-04-6-07-15.jpg

丘の上まで登ってみます。

1____p1160273-2017-04-6-07-15.jpg

風景といえばこれも絶妙。

1____p1160296-2017-04-6-07-15.jpg

水仙と軍艦島のコラボレーションです。

1____p1160289-2017-04-6-07-15.jpg

その姿はまるで、

1____p1160360-2017-04-6-07-15.jpg

戦いに向かう彼を見送る女性のようです。

1____p1160309-2017-04-6-07-15.jpg

「花と花 うす紫と くれなゐと うなづきあうは 何のこころぞ」

1____p1160322-2017-04-6-07-15.jpg

「柳原白蓮」の詩を思い浮かべていました。

1____p1160331-2017-04-6-07-15.jpg

花はいったい何を偲い咲くのか、

1____p1160340-2017-04-6-07-15.jpg

それを僕は知りたいのです。

b_ornament_24_0m-2017-04-6-07-15.jpg

1____p1160373-2017-04-6-07-15.jpg

帰り道、夫婦岩がありました。

p1160377-2017-04-6-07-15.jpg

岩の間からは、やはり軍艦島が見えていました。

p1160384-2017-04-6-07-15.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中