オンネトー

投稿日:

p6020978-2017-03-1-23-001.jpg

湖めぐりは北海道の旅の醍醐味の一つだと思います。
中でも「秘湖」と呼ばれる一般の観光では訪れることの少ない湖は、足を労するに価する美しさを見せてくれます。

p6020947-2017-03-1-23-001.jpg

北海道三大秘湖に数えられる「オンネトー」もそうした湖のひとつ。

p6020985-2017-03-1-23-001.jpg

「オンネトー」に訪れるにはまず、マリモで有名な「阿寒湖」を目指します。
奥に見える雄阿寒岳も美しいです。

p6020976-2017-03-1-23-001.jpg

釧路にある阿寒湖は北海道で5番目に大きい淡水湖になります。

p6020974-2017-03-1-23-001.jpg

阿寒湖のそばには、アイヌの村「アイヌコタン」があり、

img_4494-2017-03-1-23-001.jpg

様々な民芸品を買い求めることができます。

p6021003-2017-03-1-23-001.jpg

また阿寒湖からほど近い所に、北海道の形をした湖「ペンケトー」もあります。

p6020999-2017-03-1-23-001.jpg

ペンケトーとは「上の湖」という意味で、これに対し「下の湖」の意味のパンケトーという湖もあります。

b_ornament-2017-03-1-23-001.jpg

p6020958-2017-03-1-23-001.jpg

阿寒湖から西へ15分ほど緩やかな山道を進んだ先に「オンネトー」はあります。

p6020972-2017-03-1-23-001.jpg

抜けるような青空の下、阿寒富士、雌阿寒岳を背景に美しい湖が姿を表します。

p6020959-2017-03-1-23-001.jpg

「オンネトー」とはアイヌ語で「大きな沼」「年老いた沼」という意味からきているそうです。
見る度に色を変える「オンネトー」は「五色沼」とも呼ばれています。

p6020960-2017-03-1-23-001.jpg

雌阿寒岳の噴火の影響でできた「オンネトー」は酸性が強い水で、魚は棲めないのですが、エゾサンショウウオとザリガニが棲息しているそうです。

p6020948-2017-03-1-23-001.jpg

左に見える山が「雌阿寒岳」、右に見える山が「阿寒富士」です。
アイヌの伝承では、この雌阿寒岳と阿寒湖から見える雄阿寒岳は夫婦の山でしたが、雄阿寒岳はポンヌプリという小さい山を妾として囲っていました。
それを知った魔の神「ニッネカムイ」は「山のくせに妾を持つのは生意気だ」と、雄阿寒を槍で突き刺し、罪の無い雌阿寒までもその槍で突き刺してしまいました。
雌阿寒の火口は、その傷跡だと云います。

p6020966-2017-03-1-23-001.jpg

一日に何度も湖面の色が変わるオンネトー、僕が訪れたその時はエメラルドグリーンとコバルトブルーのツートン色になっていました。
なんとも神秘的な表情は、まさに秘湖に価する自然の宝物です。

p6020971-2017-03-1-23-001.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください