三歳社 / 狼神社(出雲):八雲ニ散ル花 番外

投稿日:

p8010714-2017-12-18-11-00.jpg

大国主・事代主の死をきっかけに畿内・大和へ移住した出雲族の子孫には、故郷へ里帰りした一族もいました。
出雲大社の北奥、八雲山登山口付近に鎮座している「大穴持御子神社」(おおなもちのみこのかみのやしろ)、通称「三歳社」(みとせのやしろ)は、そうした子孫が祀った神社だと云うことです。

p8010721-2017-12-18-11-00.jpg

三歳社は山深いとことにありました。
今は登山も可能になっているそうですが、かつては八雲山は、勝手に入ってはいけない禁足地だったと云います。
それもそのはず、猪目洞窟で枯死させられた八千戈王・大国主の遺骸を鎮めた磐座がこの山奥に鎮座するからです。
当然現代においても立ち入るべきではない場所です。
ただし、三歳社までは入っても大丈夫だと、出雲地方の古い伝承でも云われています。

p8010716-2017-12-18-11-00.jpg

主祭神は事代主となっていますが、ここはお年玉の発祥と云われる、葛城の御歳神が里帰りした社なので、本来は御年神が主祭神だったのではないかと思われます。
呼び方も「大年神」(おおとしのかみ)、「年徳神」(としとくじん)というところもあれば、場所によっては「お正月様」、「恵方神」などとさまざまであると云います。

p8010720-2017-12-18-11-00.jpg

こんな山奥の小さな社ですが、正月三日には参拝客で賑い、参拝客はトシガミさんから、福を招くという福柴を受けて帰り、家に飾るそうです。

b_ornament-2017-12-18-11-00.jpg

b060197-2017-12-18-11-00.jpg

出雲市斐川町直江、斐川公園北に狼を祀る神社があります。
「八幡宮 狼神社」といいます。

b060155-2017-12-18-11-00.jpg

境内は小高い狼山の山頂を切り開いた空間に造られています。
元は「田波八幡宮」と呼ばれていたそうですが、明治23年10月、森の中腹にあった「狼大明神」を迎え入れ二社を合祀し、狼神社は「大神神社」と社字を改められ現在に至っていると云います。

b060195-2017-12-18-11-00.jpg

長い石段を上ります。

b060181-2017-12-18-11-00.jpg

境内にはボロボロになった、古い狛犬が異様な存在感を放っています。

b060193-2017-12-18-11-00.jpg

昔このあたりはうっそうと茂った森の中、狼の恰好の棲家であり、民家に出入りしては危害を加え村人を大変困らせていたと云います。

b060192-2017-12-18-11-00.jpg

由緒を見ると、「中古の昔、此の山に狼徘徊し多くの人命を損害なす。故に時の段原頓阿弥と申す人、此の神を勧請し、乞い願いによって悉く平定せし由、古老の申傳候。いにしえより村人、狼を山の神として祀る畏敬の念もあり。」とあります。

b060194-2017-12-18-11-00.jpg

また当地、狼ヶ森は戦国時代(1570年頃)尼子・毛利の武将達が戦に明け暮れた古戦場でもあったということです。

b060158-2017-12-18-11-00.jpg

しかし、当社も実は、奈良の大神神社の神が里帰りした社だということのようです。

b060159-2017-12-18-11-00.jpg

大神神社に祀られる大物主は「事代主」のことなので、東出雲王家の故郷へ里帰りしたということになるのでしょう。

b060163-2017-12-18-11-00.jpg

狼を神使とする有名な神社に玉県秩父市三峰の「三峯神社」(みつみねじんじゃ)があります。
そこの拝殿の手前には珍しい「三ツ鳥居」があり、大神神社との繋がりを伺わせます。

b060165-2017-12-18-11-00.jpg

境内の一角に小さな祠がありました。

b060168-2017-12-18-11-00.jpg

氏子さんらしき女性が教えてくださいましたが、ここは伯耆富士「大山」(だいせん)を遥拝する場所のようです。

b060166-2017-12-18-11-00.jpg

そこにも崩れかけた、古い狛犬があります。

b060167-2017-12-18-11-00.jpg

古い独特の形状を彷彿とさせますが、保存が行き届いていないのが残念です。

b060191-2017-12-18-11-00.jpg

その女性が教えてくださったのが寝転がったように見える山神の姿と、

b060184-2017-12-18-11-00.jpg

境内の下にある、もう一つの大山遥拝所でした。

b060187-2017-12-18-11-00.jpg

それは知っていなければ見つけようのないくらい、ひっそりとその場所にありました。

b060186-2017-12-18-11-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中