月山・夏

投稿日:

7031128-2018-07-6-18-00.jpg

出羽三山最大の聖地「月山」。
昨年秋に絶景を見せてくれたその山を忘れられず、再び女神に出会うべく、夏の登山を決行しました。

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

mg_1775-2018-07-6-18-00.jpg

ところで、「月山山菜そば」なるものが気になりました。
山菜王国西川町ならではの名物だといいます。

mg_2645-2018-07-6-18-00.jpg

「出羽屋」さんというお店にお邪魔しましたが、太めのシコシコそばを器に入れ、

mg_5461-2018-07-6-18-00.jpg

もはや山菜鍋大盛りと呼べる山菜汁をぶっかけていただきます。
山菜はもちろん特盛りですが、鶏肉やキノコ、きくらげなんかがこれでもかって入っています。
田舎料理ではよくあることですが、大盛りにしなくて良かった。
これ、普通盛りです。

mg_4178-2018-07-6-18-00.jpg

当地ではシメに蕎麦粉を水でといた「ハット」とよばれるものを、直接鍋に入れて煮込みます。
これもつるフワで美味しかったです。

mg_8179-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7030859-2018-07-6-18-00.jpg

前回の登山ではリフトを使う「志津口コース」を利用しました。
見事な紅葉を堪能できる、最短登頂コースです。
今回は羽黒山側、月山8合目からスタートする「羽黒山口コース」を選択します。

7030865-2018-07-6-18-00.jpg

長い山道を車を走らせ、月山8合目にある「月山レストハウス」までやってきました。
そこから見える景色も、すでに素晴らしいものでした。

7030866-2018-07-6-18-00.jpg

ここから登山をスタートします。

7030869-2018-07-6-18-00.jpg

すぐに見えて来るのは広い湿地帯「弥陀ヶ原湿原」です。

7030870-2018-07-6-18-00.jpg

湿原といえば、高山植物の宝庫。
「ニッコウキスゲ」が道案内してくれてます。

7030875-2018-07-6-18-00.jpg

群生する「コバイケイソウ」は、まるで白装束を着た行者の群れのようでした。

7030879-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7030880-2018-07-6-18-00.jpg

歩き始めてすぐに「御田原参篭所」があります。

7030881-2018-07-6-18-00.jpg

御田原参篭所は宿泊と食事をすることができます。

7030884-2018-07-6-18-00.jpg

そこにある「御田原神社」は「月山中之宮」として位置付けられており、祈祷・神礼等も取り扱っています。

7030886-2018-07-6-18-00.jpg

祭神は「奇稲田姫神」(くしいなだひめのかみ)。

7030890-2018-07-6-18-00.jpg

境内には月神の使い、狛うさも鎮座しています。

7030883-2018-07-6-18-00.jpg

それはどこか霊場を思わせる景色。

7030892-2018-07-6-18-00.jpg

では、心静かに足を進めていきます。

7030887-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7030894-2018-07-6-18-00.jpg

湿原はまだ続きます。

7030897-2018-07-6-18-00.jpg

可憐な花が目を楽しませます。
これは「イワカガミ」。

7030901-2018-07-6-18-00.jpg

弥陀ヶ原を抜けると、

7030902-2018-07-6-18-00.jpg

勾配のきつい「無量坂」を登ります。

7030904-2018-07-6-18-00.jpg

息を切らせて振り返ると、

7030907-2018-07-6-18-00.jpg

池塘と呼ばれる小さな池が点在する、弥陀ヶ原の全景が一望できます。

7030906-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7030913-2018-07-6-18-00.jpg

ここからしばらくなだらかな道が続きます。

7030915-2018-07-6-18-00.jpg

下を見ると小さな花が咲き、

7030919-2018-07-6-18-00.jpg

耳をすませば、野鳥の鳴き声があちこちから聴こえてきます。

7030920-2018-07-6-18-00.jpg

「ウサギギク」

7030926-2018-07-6-18-00.jpg

「ガクウラジロヨウラク」

7030939-2018-07-6-18-00.jpg

「シラネアオイ」

7030927-2018-07-6-18-00.jpg

花の名を調べて回るのも楽しい。

7030938-2018-07-6-18-00.jpg

熊の足跡のようにえぐれた石が目につきました。

7030940-2018-07-6-18-00.jpg

やがて道が険しくなり、

7030941-2018-07-6-18-00.jpg

川のように水が流れる道になりました。

7030943-2018-07-6-18-00.jpg

見ればなるほど、

7030945-2018-07-6-18-00.jpg

雪渓です。

7030949-2018-07-6-18-00.jpg

雪の上を歩き、

7030950-2018-07-6-18-00.jpg

岩の道を進んで、

7030951-2018-07-6-18-00.jpg

また雪になる。

7030953-2018-07-6-18-00.jpg

そんな道を進みます。

7030954-2018-07-6-18-00.jpg

おまけにガスって真っ白。

7030955-2018-07-6-18-00.jpg

そこにあるロープが道しるべです。

7030957-2018-07-6-18-00.jpg

月山は7月まで滑れる夏スキーで有名な山。
反対側の姥ヶ岳方面では、今もスキーを楽しむ人たちがいるはずです。

7030962-2018-07-6-18-00.jpg

なんとか雪渓を抜けるとまた、なだらかな道に出ます。

7030963-2018-07-6-18-00.jpg

白骨のような木の枝、

7030965-2018-07-6-18-00.jpg

荒涼とした石の道は、あの世を彷彿とさせます。

7030969-2018-07-6-18-00.jpg

ガスっていた山道でしたが、

7030974-2018-07-6-18-00.jpg

光が差し込み始めました。

7030979-2018-07-6-18-00.jpg

今回の再登山を決意させた目的の一つが、山頂からの展望を期待してのこと。
しかし標高2000m弱の月山山頂は雲に覆われていることも多く、なかなかそれを拝むことは困難であると聞いています。

7030985-2018-07-6-18-00.jpg

が、どうでしょう。

7030988-2018-07-6-18-00.jpg

青空が見えてきましたよ♪

7030996-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7031000-2018-07-6-18-00.jpg

登山開始から90分ほどしたところで、

7031003-2018-07-6-18-00.jpg

山小屋が見えてきました。

7031010-2018-07-6-18-00.jpg

そこに小さな池が見えます。

7031021-2018-07-6-18-00.jpg

「仏生池」、

7031013-2018-07-6-18-00.jpg

ここには水神八大竜王や三十六童子の伝説が伝わっています。

7031018-2018-07-6-18-00.jpg

周遊20mほどの小さな池ですが、なにやら神聖な感じがします。

7031015-2018-07-6-18-00.jpg

ここが月山の9合目。
今回の登山のちょうど中間地点になります。

7031022-2018-07-6-18-00.jpg

仏生池のそばにある小屋では宿泊・食事ができるようになっています。

7031023-2018-07-6-18-00.jpg

またこの池には、クロサンショウウオが生息しているのだそうです。

7031027-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7031025-2018-07-6-18-00.jpg

ところで、先ほどから見えているこの山、山頂かと思いきや、

7031029-2018-07-6-18-00.jpg

「オモワシ山」、真の頂を隠して、自らを頂上と「思わし」めることに由来している山です。

7031030-2018-07-6-18-00.jpg

わりと激しい岩の道を登り、オモワシ山を迂回します。

7031032-2018-07-6-18-00.jpg

絶景。

7031044-2018-07-6-18-00.jpg

しかしオモワシ山がオモワシぶり過ぎます。

7031039-2018-07-6-18-00.jpg

喜びの後の絶望ほど辛いものはありません。

7031043-2018-07-6-18-00.jpg

雪が蒸気のように舞い上がっています。

7031047-2018-07-6-18-00.jpg

白装束が続く道。

7031053-2018-07-6-18-00.jpg

なんか見えてきました。

7031054-2018-07-6-18-00.jpg

それは、

7031056-2018-07-6-18-00.jpg

岩の壁。

7031060-2018-07-6-18-00.jpg

「行者返し」です。

7031061-2018-07-6-18-00.jpg

役行者(えんのぎょうじゃ)が山頂を目指した時に、蜂子皇子に使える除魔童子に修行の未熟を悟らされ、羽黒山に返されたと伝わる難所です。

7031062-2018-07-6-18-00.jpg

しかし行者返しの真の難所は下り道にありました。
足震えます。

7031192-2018-07-6-18-00.jpg

そしてこの行者返しには、隠しルートがあります。

7031193-2018-07-6-18-00.jpg

中程から横に分かれる道があり、そのめんどくさそうな岩場を登ると、

7031191-2018-07-6-18-00.jpg

「来名戸神社」がありました。
出雲王国初代王「クナド」を祀っています、おおー。

7031064-2018-07-6-18-00.jpg

行者返しを登りきると、またなだらかな道になります。

7031073-2018-07-6-18-00.jpg

しかし酸素も薄いせいか、疲労感が襲ってきます。

7031076-2018-07-6-18-00.jpg

道はまだまだ続く。

7031078-2018-07-6-18-00.jpg

雪渓。

7031085-2018-07-6-18-00.jpg

そして続く登り坂。

7031092-2018-07-6-18-00.jpg

可憐な花たち。

7031094-2018-07-6-18-00.jpg

ずいぶん高いところまでやってきました。

7031098-2018-07-6-18-00.jpg

矢印の先に進むと、

7031106-2018-07-6-18-00.jpg

広がる絶景。
素晴らしい。

70311012-2018-07-6-18-00.jpg

後ろにオモワシ過ぎのオモワシ山。

7031105-2018-07-6-18-00.jpg

そして前方には、真の目的地、月山山頂。

7031112-2018-07-6-18-00.jpg

風がたまらなく涼しい。
来て良かった。

7031115-2018-07-6-18-00.jpg

ここに来ての木道が嬉しい。

7031118-2018-07-6-18-00.jpg

ここは「大峰」(おみね)と呼ばれる月山の峰。

7031121-2018-07-6-18-00.jpg

ガスが晴れて、太陽が眩しいです。

7031124-2018-07-6-18-00.jpg

ここまで来たら後一息、気持ちが逸ります。

7031129-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7031133-2018-07-6-18-00.jpg

月山最後の雪渓。
月山神社の建物も見えています。

7031139-2018-07-6-18-00.jpg

滑る足をこらえて、少しずつ進みます。

7031144-2018-07-6-18-00.jpg

しかしなかなか進まない。

7031145-2018-07-6-18-00.jpg

下を見れば、吸い込まれそうな景色。

7031147-2018-07-6-18-00.jpg

上には撮影禁忌の聖域が見えます。

7031151-2018-07-6-18-00.jpg

ようやくたどり着いた懐かしい景色。

7031153-2018-07-6-18-00.jpg

着きました。

7031155-2018-07-6-18-00.jpg

前回は吹雪でホワイトアウトしていた山頂。

7031156-2018-07-6-18-00.jpg

今日は下界が少し見えています。

7031159-2018-07-6-18-00.jpg

月神「月読命」を祀る月山神社本宮。
月読命は謎多き神とされていますが、邪馬台国の卑弥呼とされる宇佐の「豊玉姫」女王が信奉した神です。
その娘にして後継者の「豊姫」(台与・豊鉏入媛)が大和笠縫邑(やまとのかさぬいのむら)で月神を祭祀したので、彼女自身が「月読の巫女」として崇められるようになりました。

e69c88e5b1b1e8aa8de5ae9a-2018-07-6-18-00.jpg

この石の鳥居をくぐると、先は絶対なる神域です。
入り口でお祓いを受け、中に足を踏み入れます。

7031161-2018-07-6-18-00.jpg

堅牢な石垣に囲まれた天空の神殿は、その最奥に本宮本殿があり、社殿を取り囲む石の回廊に小社群が鎮座します。
この石垣は常に吹きすさぶ強風と、20mの高さになるという積雪から神殿を守るために造られています。
背丈以上の高さの石垣内部は、静謐で神秘的な、独特の世界が創り出されていました。

7031170-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7031174-2018-07-6-18-00.jpg

いっとき微笑んでいた太陽が、瞬く間に閉ざされていきます。

7031178-2018-07-6-18-00.jpg

おにぎりを頬張り終えると下山を開始することにしました。

7031184-2018-07-6-18-00.jpg

霧に霞んでも美しい月山。
月山大好きです。
好き過ぎます。

7031187-2018-07-6-18-00.jpg

ハートの石を見つけました。

7031188-2018-07-6-18-00.jpg

雪渓を超えて、

7031189-2018-07-6-18-00.jpg

ここにもハート。

7031202-2018-07-6-18-00.jpg

僕は下りが苦手なので、気を紛らわせながら降りていきました。

7031203-2018-07-6-18-00.jpg

c1d-2018-07-6-18-00.jpg

7031207-2018-07-6-18-00.jpg

弥陀ヶ原まで降りて来ました。

7031208-2018-07-6-18-00.jpg

もう無理ってくらい疲れ果てましたが、気を振り絞って弥陀ヶ原を半周してみることにしました。

7031209-2018-07-6-18-00.jpg

弥陀ヶ原は、阿弥陀如来が祀られていたので「弥陀ヶ原」とも、神様が御田植えをされたことから「御田ヶ原」とも云われる湿原です。

7031213-2018-07-6-18-00.jpg

この小さな池は「池塘」(ちとう)と呼ばれます。

7031250-2018-07-6-18-00.jpg

遠くに月山も見えていますが、

7031217-2018-07-6-18-00.jpg

ん?

7031223-2018-07-6-18-00.jpg

カルガモの子供たちが戯れていました。

7031256-2018-07-6-18-00.jpg

「チングルマ」も咲き、そこは命あふれる楽園でした。

7031247-2018-07-6-18-00.jpg

1902e69c88e5b1b1e7a59ee7a4be-2018-07-6-18-001.jpg1903e5bea1e794b0e58e9fe7a59ee7a4be-2018-07-6-18-001.jpg1901e69c88e5b1b1e9a082e4b88a-2018-07-6-18-001.jpge69c88e5b1b1e7899b2-2018-07-6-18-001.jpge69c88e5b1b1e5a4a7e9bb92-2018-07-6-18-001.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中