慈恩寺

投稿日:

9180512-2018-09-21-18-26.jpg

1300年の歴史を持つ山形・寒河江の古刹「慈恩寺」を訪れました。

9180516-2018-09-21-18-26.jpg

趣のある参道を登ります。

9180514-2018-09-21-18-26.jpg

そして見えてくる山門。

9180524-2018-09-21-18-26.jpg

門の両脇では、厳しい仁王像が通る人を睨みつけています。

9180525-2018-09-21-18-26.jpg

実は2015年5月1日、慈恩寺の重要文化財などに、油のような液体をかけられるという事件が起きました。
更に放火や盗難なども危惧され、現在もセキュリティ強化を余儀なくされているそうです。

9180530-2018-09-21-18-26.jpg

悲しいことです。

9180529-2018-09-21-18-26.jpg

せっかく知能を得ているのに、人のいかに愚かしいことか。

9180531-2018-09-21-18-26.jpg

それでも慈恩寺は、来るものを拒まず、門戸を開いてくれていました。

9180527-2018-09-21-18-26.jpg

そこにある、堂々たる本堂。
度々の戦禍に遭いながらも、元和4年(1618年)に山形城主最上氏によって再建されたという現本堂は、重厚な茅葺きで桃山時代の様式を残しています。

9180539-2018-09-21-18-26.jpg

寺伝によれば、天平18年(746年)に諸国巡錫の僧「行基」がこの地の景勝を「聖武帝」に奏上、勅命によりインド僧「婆羅門」(ばらもん)によって開山されたと伝えられています。

9180532-2018-09-21-18-26.jpg

檀家を持たず、「鎮護国家」「国家安寧」の勅願寺として、摂関家藤原氏、奥州藤原氏、寒河江荘大江氏、山形城主最上氏、そして江戸府と、時の権力者より庇護され、繁栄してきました。
江戸時代には幕府より2800石余の寺領を受け、院坊の数は3ヵ院48坊に達し、東北随一の巨刹となりました。

9180535-2018-09-21-18-26.jpg

しかし檀家がないことと、明治維新後、上知令で御朱印が停止されたことにより一山は困窮し、帰農する坊が続出。
現在は3ヵ院17坊ばかりが伝わるといいます。

9180552-2018-09-21-18-26.jpg

慈恩寺は、もとは法相宗の寺院でしたが、平安期以降、天台宗や真言宗が入り、複数の宗旨が併存する珍しい寺院となりました。
終戦後は宗教法人として独立し、慈恩宗・本山慈恩寺と名乗っています。

9180558-2018-09-21-18-26.jpg

本堂では特別展が行われていました。

img_0189-2018-09-21-18-26.jpg

まるで〇〇王のレアカードのようなチケットを受け取り、堂内に足を踏み入れます。
天井には年季の入った数々の絵馬が掲げられ、奥に進むにつれ、貴重な仏像が多数鎮座されております。

9180559-2018-09-21-18-26.jpg

弥勒菩薩及び諸尊像、騎象普賢菩薩及び十羅刹女像、騎獅文珠菩薩及び脇侍像、薬師三尊と十二神将、聖徳太子立像などを見ることができました。

9180561-2018-09-21-18-26.jpg

いずれも国重要文化財で、中には秘仏として、普段は見ることができない像も拝見できました。

9180562-2018-09-21-18-26.jpg

ちなみに、レアカードに印刷されているのは「阿弥陀如来坐像」ということですが、寺伝では「釈迦像」とあり、その容姿は端麗で藤原様式であると云います。

9180540-2018-09-21-18-26.jpg

境内には、薬師堂や、

9180563-2018-09-21-18-26.jpg

阿弥陀堂、

9180553-2018-09-21-18-26.jpg

釈迦堂や天台智者大師堂が立ち並び、雰囲気の良い空間を作り出しています。

9180554-2018-09-21-18-26.jpg

当院は、映画「男はつらいよ」のロケ撮影も行われたということです。

9180555-2018-09-21-18-26.jpg

c1d-2018-09-21-18-26.jpg

9180542-2018-09-21-18-26.jpg

さて、境内を一旦出て少し歩いたところに、三重塔があります。

9180543-2018-09-21-18-26.jpg

御本尊は大日如来といいますが、とても素晴らしい造りです。

9180547-2018-09-21-18-26.jpg

羽黒山の五重塔には及ばないかもしれませんが、それでも間近に見る三重塔は圧巻です。

9180548-2018-09-21-18-26.jpg

人も少ないので、ゆっくり眺めていられるのも嬉しい。

9180549-2018-09-21-18-26.jpg

そんな感じで、思いのほか堪能させていただいたお寺でした。

9180564-2018-09-21-18-26.jpg

e68588e681a9e5afba-2018-09-21-18-26.jpg

1件のコメント 追加

  1. ピンバック: 羽黒山 – 偲フ花

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中