相島

投稿日:

p7180095-2017-07-21-19-54.jpg

新宮の沖合に、近年「猫の島」として注目を集めている小さな島があります。
「相島」(あいのしま)は万葉集、続古今集にも歌われる歴史ある島です。

p7180108-2017-07-21-19-54.jpg

島の外周にある道は約6km。
半日もあれば、ゆっくり見て回れる大きさです。

p7180109-2017-07-21-19-54.jpg

釣りに訪れる人も多いようです。
島へ降り立つと、「猫の島」というように確かに猫をちらほら見かけますが、すごく多いということもありません。

p7180111-2017-07-21-19-54.jpg

高妻(たかづま)神社の鳥居が中学校の横にありました。
が、およそ人が通れる状態ではなくなっていたのでパスします。

p7180112-2017-07-21-19-54.jpg

港を過ぎれば、あとはひと気のない道が続きます。

p7180114-2017-07-21-19-54.jpg

ほとんど通り過ぎそうになりましたが、なにやら意味ありげな荒れた横道があり、そこを進むと鳥居がありました。

p7180115-2017-07-21-19-54.jpg

「剣神社」とあります。

p7180120-2017-07-21-19-54.jpg

剣神社へ来た道を少し戻ってみると、通り過ぎていた細い階段を見つけました。

p7180123-2017-07-21-19-54.jpg

その道を勇気をもって進んでみます。

p7180125-2017-07-21-19-54.jpg

海岸に出ました。

p7180126-2017-07-21-19-54.jpg

さらに案内板が出ていたので、その方向に進んでみます。

p7180127-2017-07-21-19-54.jpg

そこに朝鮮通信使に関する石碑がありました。

p7180131-2017-07-21-19-54.jpg

辺りは草一面に覆われる中、丸くなった石が見え隠れしています。

p7180130-2017-07-21-19-54.jpg

相島は江戸時代、朝鮮通信使の迎賓館が置かれていました。

p7180138-2017-07-21-19-54.jpg

その先は、長井浜(ナガイハマ)と呼ばれ、大きな石で埋め尽くされた海岸になっています。
ぱっと見は、無造作に石があるだけのように見えますが、

p7180142-2017-07-21-19-54.jpg

ところどころに大きく石が積み上げられたものがあります。

p7180175-2017-07-21-19-54.jpg

四角や丸く積み上げられた石。

p7180147-2017-07-21-19-54.jpg

ここには相島積石塚群(あいのしまつみいしづかぐん)という石の古墳が254基もあります。

p7180151-2017-07-21-19-54.jpg

形も様々なこの古墳は、5世紀後半から6世紀にかけて造られ、7世紀まで利用されていたそうです。

p7180156-2017-07-21-19-54.jpg

その古墳からは4~6世紀の朝鮮の土器も出土しています。

p7180164-2017-07-21-19-54.jpg

相島は「阿部島」と元は呼ばれていたようで、宮地嶽神社に最初に祀られていた「阿部高麿・助麿」兄弟とも無縁ではないのではと思っています。

p7180165-2017-07-21-19-54.jpg

相島は宮地嶽神社参道の「光の道」の延長線上にあり、しかもその道が島に届く場所がこの海岸なのです。

p7180162-2017-07-21-19-54.jpg

そして相島は志賀島と宮地嶽神社に挟まれるようにして海に浮かんでおり、
ここが隠れた阿部氏、ひいては安曇族の聖地なのではないかと思わずにはいられません。

p7180180-2017-07-21-19-54.jpg

僕が相島にやってきた理由は、この海岸を見るためでした。

p7180183-2017-07-21-19-54.jpg

しかし思っていた以上の素晴らしさに圧倒されました。
石を積み上げただけの古代人の墓が、よくぞ今まで、こんなに身近に残っていたものだと感動しました。

p7180168-2017-07-21-19-54.jpg

朝鮮通信使として来日したシンユハンは「海遊録」に「余が航海して以来初めて見る神仙境である」と記したそうです。
まさにそんなところに、安曇の聖地が残っていました。

p7180185-2017-07-21-19-54.jpg

b_ornament-2017-07-21-19-54.jpg

p7180186-2017-07-21-19-54.jpg

島を半周ほどすると、「石宮神社」という所があります。

p7180194-2017-07-21-19-54.jpg

鬱蒼としたここは、豊臣秀吉が朝鮮を攻めるときに必勝祈願をした場所と云います。

p7180195-2017-07-21-19-54.jpg

稲荷神社の反対側に、その史跡がありました。

p7180188-2017-07-21-19-54.jpg

「太閤潮井の石」と呼ばれます。

p7180191-2017-07-21-19-54.jpg

秀吉は二度にわたり朝鮮を攻めました。
このときに秀吉はこの島に寄り戦勝祈願をしました。その時に兵士一人に一石運ばせ、ここに積み上げさせました。

p7180189-2017-07-21-19-54.jpg

それがこのような石の山になったそうです。

p7180190-2017-07-21-19-54.jpg

その先には美しい海原が見えました。
その遠くにある朝鮮半島を思いながら、秀吉は祈願をしたのでしょう。

p7180201-2017-07-21-19-54.jpg

さらにのどかな道を歩いていきます。

p7180202-2017-07-21-19-54.jpg

なにやら大きな目立つ岩がありました。

p7180204-2017-07-21-19-54.jpg

龍王石(八大龍王石神)です。

p7180207-2017-07-21-19-54.jpg

その先はもう港です。

p7180208-2017-07-21-19-54.jpg

そこにある「若宮神社」に最後、訪れます。

p7180209-2017-07-21-19-54.jpg

御祭神は「豊玉姫」と「玉依姫」です。
二人とも安曇族が祀る「綿津見」(竜宮)の姫君です。
この姉妹神が一緒に祀られるのは、実は珍しいことです。

p7180213-2017-07-21-19-54.jpg

本殿の横には「山幸彦」と「豊玉姫」が出逢ったというゆかりの神木がありました。

p7180211-2017-07-21-19-54.jpg

木の根元には何やら石碑が。

p7180215-2017-07-21-19-54.jpg

古代の謎を残す相島、ここも大島・沖ノ島に並ぶ、聖なる島の一つでした。

p7180223-2017-07-21-19-54.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中