風の森神社

投稿日:

1____p6070540e381aee382b3e38392e3829ae383bc-2017-12-1-07-08.jpg

葛城の旧高野街道「風の森峠」に素敵な神社があるというので立ち寄ってみます。
そこは名の通り、田園の中に爽やかな風が吹き抜ける場所でした。

p6070539-2017-12-1-07-08.jpg

ナビを頼りにうろうろしますが、なかなかその場所が見つかりません。
ふと見上げると小高く盛り上がった杜を見つけましたので、そこを目指してみます。

1____p6070525-2017-12-1-07-08.jpg

何の標識もありませんが、唯一この石垣だけが怪しさを放ってます。

p6070526-2017-12-1-07-08.jpg

しかし階段を上っても公民館らしき建物があるばかりです。

1____p6070527-2017-12-1-07-08.jpg

と、その建物の横裏にまた階段がありました。

1____p6070536-2017-12-1-07-08.jpg

そこには、小さな杜にかこまれた、小さな社が鎮座しています。

1____p6070532-2017-12-1-07-08.jpg

新しい石灯籠と古い石灯籠。
これが高鴨神社と一対になっている、と言われる小祠です。

p6070534-2017-12-1-07-08.jpg

正式には「風の森坐志那都比古神社」と呼ぶようです。
ご祭神は「志那都比古神」(しなつひこのかみ)。

1____p6070533-2017-12-1-07-08.jpg

シナツヒコは、日本神話に登場する神で、古事記では「志那都比古神」(しなつひこのかみ)、日本書紀では「級長津彦命」(しなつひこのみこと)と表記されます。

p6070535-2017-12-1-07-08.jpg
神産みにおいてイザナギとイザナミの間に生まれた神であり、これは風の神であると記述されています。
葛城地方は、日本の水稲栽培の発祥の地と云われていますが、風の神は、五穀みのりを、風水害から守る農業神として祀られているそうです。

1____p6070538-2017-12-1-07-08.jpg

伊勢神宮には内宮の別宮に「風日祈宮」(かざひのみのみや)、外宮の別宮に「風宮」があり、どちらも級長津彦命と級長戸辺命が祀られています。
風日祈宮は元々「風神社」と呼ばれていましたが、元寇の際に神風を吹かせたのは風神社の神であるとされたことから、「風日祈宮」の宮号が宣下されたと云います。
いずれの場所も、独特の突き抜けるような気を感じる場所なので、古代の人もそれを感じ祀ったのかもしれません。

1____p6070542-2017-12-1-07-08.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中