石神様

投稿日:

pa030076-2017-09-1-12-00.jpg

青森の「入内」(にゅうない)という所に、気になる磐座があるので行ってみました。
が、ここはかなり衝撃的です。
僕的R-18なので閲覧注意です。

pa030013-2017-09-1-12-00.jpg

青森空港からレンタカーを借り、入内を目指します。
空港から車で15分ほどで入内の集落に着くことができます。
まず見えてくるのが「小金山神社」です。

pa030015-2017-09-1-12-00.jpg

鬱蒼とした杜の中で出迎えてくれるのが「狛犬」と「狛馬」でした。

pa030016-2017-09-1-12-00.jpg

どちらも愛嬌ある顔をしています。

pa030021-2017-09-1-12-00.jpg

ここでは軽く参拝して、先を急ぎます。

pa030023-2017-09-1-12-00.jpg

入内の集落をまっすぐ突き進むと山道に入っていきます。
途中分かれ道もありますが、小さな看板を頼りに進んでいきます。

pa030026-2017-09-1-12-00.jpg

この道はGoogle mapや一般の地図に載っていません。

pa030028-2017-09-1-12-00.jpg

砂利の山道を5kmほど進んでいくのですが、道幅は思ったよりも広いものの、
砂利がタイヤを滑らせます。
後輪を何度かスリップさせながら、この道で正しいのか不安になる頃、次の目印が見えてきました。

pa030029-2017-09-1-12-00.jpg

山の中に忽然と現れる鳥居と国旗。
「御鈴滝」へと下る参道です。

pa030030-2017-09-1-12-00.jpg

不動像や小さな祠らしきものがちらちらあります。

pa030031-2017-09-1-12-00.jpg

ぐっと降りていくと、滝が見えました。

pa030034-2017-09-1-12-00.jpg

なんとも優美な滝です。

pa030035-2017-09-1-12-00.jpg

鈴のような、大きな岩の横を水が流れ落ちていきます。

pa030047-2017-09-1-12-00.jpg

少し眺めて、来た道を戻りました。
先ほどの不動像、よく見てみると優しいお顔立ちです。

pa030049-2017-09-1-12-00.jpg

行きがけはスルーした横長い祠の中を見てみるとびっくり。

pa030050-2017-09-1-12-00.jpg

天然木なのでしょうが、まるで生きているようです。

pa030059-2017-09-1-12-00.jpg

さらに車で進むと、ようやくお目当ての場所に着きました。
集会所のような建物があります。

pa030055-2017-09-1-12-00.jpg

赤い橋を渡ったすぐに小さな鳥居があります。

pa030056-2017-09-1-12-00.jpg

「水神様」と呼ばれる御神水です。

pa030060-2017-09-1-12-00.jpg

そしてふたたび赤い橋を渡り、鳥居を登っていきます。

pa030062-2017-09-1-12-00.jpgpa030063-2017-09-1-12-00.jpg

変わった龍の彫刻があります。
狛犬の役割をしているのでしょうか。

pa030064-2017-09-1-12-00.jpg

隣村の小館村に長内弥十郎というきこりがいたそうです。

pa030065-2017-09-1-12-00.jpg

目を患った弥十郎は、ある日、駒田山の清水で目を注ぐと、眼病が治るという不思議な夢を見ました。

pa030067-2017-09-1-12-00.jpg

翌日、杖にすがり駒田山に分け入ると、夢で見たのとまったく同じ風景があります。

pa030068-2017-09-1-12-00.jpg

そしてそこにある不思議な自然石「石神様」に出会います。
弥十郎は「石神様」の目の窪みから湧き出る清水で目を洗うと、夢のお告げの通りたちどころに治ってしまったと云います。

…その「石神様」がこれです。

pa030072-2017-09-1-12-00.jpg

絶句。

僕は今まで、いろんな磐座を見てきましたが、こんなのは初めてです。
「磐座」と書きましたが、いやこの岩そのものが神、御神体なのです。

pa030084-2017-09-1-12-00.jpg

向かって右上の目が「天照皇大神」、

pa030083-2017-09-1-12-00.jpg

左下が「月読大神」を表しているそうです。

pa030077-2017-09-1-12-00.jpg

弥十郎の話は、やがて村人に広まり、大勢の人が神水の御利益で病気を癒したそうです。
しかし明治元年に神仏混淆禁止令が出されると、この「天石大神」への参拝も禁止されます。
それでもひそかに神水をくみだす人が絶えなかったため、役人は多数の石工に命じて「石神様」を破壊しようとしました。
ところが石工が石に触れると手がしびれ、氷雨が降るという奇異な現象が起きます。
これに驚いた石工は怖くなって逃げ出し、ついに石神様を壊すことができなかったと云うことです。

pa030078-2017-09-1-12-00.jpg

天照側の目に深い穴がありましたが、水はありません。

pa030074-2017-09-1-12-00.jpg

月読側の下まぶたに水が溜まっていますが、湧き水というよりは雨水でしょう。

pa030085-2017-09-1-12-00.jpg

今は湧き水は枯れてしまったそうです。
しかし下にあった水神様の水が、今同じ霊験をもっているそうです。

pa030081-2017-09-1-12-00.jpg

自然にできたとは思えない、その外観。
この石は鉄隕石だそうです。

pa030080-2017-09-1-12-00.jpg

その妖しげな目からは、磁石も狂うほどの強力な磁力を発しているそうです。

pa030066-2017-09-1-12-00.jpg

石神様の前には拝殿があります。

pa030087-2017-09-1-12-00.jpg

中ではスーツ姿のおじさんが、見事な鉢さばきで太鼓を奉納してありました。

pa030088-2017-09-1-12-00.jpg

一見恐ろしげな石神様ですが、あたりの雰囲気は心地よく、怖いという感じは実のところ、あまりありません。
むしろここへ至る山道の方が、物理的な恐怖を感じました。

pa030071-2017-09-1-12-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください