晴明神社

投稿日:

rimg0243-2017-08-19-09-00.jpg

京都の「晴明神社」は安倍晴明が屋敷を構えていた一条戻り橋の袂に鎮座します。

1____p2170252-2017-08-19-09-00.jpg

陰陽道を確立した安倍晴明はあまりに有名です。
晴明神社の象徴ともいうべき、「五芒星」は陰陽、五行、そして星信仰を併せて作り出されたと云います。
魔除けの呪符としても効力があり、陰陽五行の「相克」(そうこく)を示しています。

1____p2170255-2017-08-19-09-00.jpg

晴明の五芒星を「セーマン」、縦線四本、横線五本をあわせたマークを蘆屋道満にちなんで「ドーマン」と呼びます。

1____p2170254-2017-08-19-09-00.jpg

境内の外に現在の「戻橋」があります。
今でもお嫁さんなどは出戻りにならないようにと縁をかつぎ、渡らないそうです。
晴明は道満に呪詛で殺された父「保名」を「泰山府君」という禁術で蘇らせたのがこの「一條戻橋」と云います。
またこの橋の下に、晴明は式神を飼っていたとも伝わります。

本当の戻り橋は架け替えが行われましたが、架け替えをする前に使っていた欄干の親柱を、晴明神社の境内に遷したものが境内にあります。

1____p2170257-2017-08-19-09-00.jpg

晴明神社一番のパワスポと云われる「晴明井」です。
晴明が念力で湧出させたと云われる井戸です。

p2170260-2017-08-19-09-00.jpg

湧き水は闘病平癒の水として御利益があります。
水の湧き出し口は、毎年恵方を向いていているそうです。
この写真を壁紙にすると運気がアップすると聞いたことがあります。

p2170269-2017-08-19-09-00.jpg

晴明は「せいめい」と一般的には呼ばれます。
しかし本来の読み方はわかっておらず、「はるあき」や「はるあきら」と呼ぶ人もいます。

p2170264-2017-08-19-09-00.jpg

厄除けの桃の像です。
桃は厄を祓うと、日本書紀や古事記に残されています。

p2170261-2017-08-19-09-00.jpg

数々の伝説を残した安倍晴明。

p2170265-2017-08-19-09-00.jpg

一時期、僕も夢中で本を読みあさりました。
今もこの名を聞くと、ワクワクしてきます。

p2170273-2017-08-19-09-00.jpg

0202e6b885e6988ee7a59ee7a4be-2017-08-19-09-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中