神龍八大龍王神社

投稿日:

9071398-2022-02-5-19-00-1.jpg

熊本県菊池市に龍神が鎮まる場所があるというので出かけてみます。
「神龍八大龍王神社」(しんりゅうはちだいりゅうおうじんじゃ)です。

p9071372-2022-02-5-19-00-2.jpg

場所は竜門ダムのすぐ下。
それにしてもすごい景観、これ、ダムが決壊したら辺り一帯水びたしじゃん。

9071451-2022-02-5-19-00-1.jpg

まあそんなバカな話はあるまい。
車を走らせていると

9071452-2022-02-5-19-00-1.jpg

天満宮がありました。
道真さんならばご挨拶せねばなるまい、と参拝してみると

9071453-2022-02-5-19-00-1.jpg

「長野神社」?どゆこと~!?

9071454-2022-02-5-19-00-1.jpg

道真さんを祀っているのか、ミナカタさんを祀っているのか、どっちやねん、って思っていたら、ここの地名が長野でした。

9071456-2022-02-5-19-00-2.jpg

長野天満宮、道真さんやったね。

9071458-2022-02-5-19-00-1.jpg

c1d-2022-02-5-19-00-1.jpg

9071374-2022-02-5-19-00-1.jpg

さて着きました。
迷惑にならないように傍に車を停めます。

9071450-2022-02-5-19-00-1.jpg

お地蔵さんこんにちは。お日柄もよろしいようで。

9071375-2022-02-5-19-00-1.jpg

さて、道路脇に不気味に立つ鳥居、

9071377-2022-02-5-19-00-1.jpg

その先に谷底に降りる階段があります。
おいおい、神域にゴミ捨てるなよ。

9071378-2022-02-5-19-00-1.jpg

入口はちょっと不気味でしたが、階段を降りるごとに竹林の笹の音が、さらさらと心地よく響いてきました。

9071379-2022-02-5-19-00-1.jpg

おや、見えてきましたよ。

9071447-2022-02-5-19-00-1.jpg

こじんまりとした境内がそこにありました。
おいゴミを捨てるなよ。

9071382-2022-02-5-19-00-1.jpg

これはなかなか。

9071445-2022-02-5-19-00-1.jpg

少し懐かしい、そんな空気がここにはありました。

9071385-2022-02-5-19-00-1.jpg

由緒書です。
この神竜八大竜王神様は宇宙最高の神だと云います。室生の「龍鎮神社」(りゅうちんじんじゃ)の龍神さんも最高位の神だという話でした。
今より約三百八十年前即ち天正三年(西暦1575年)旧五月六日、世界の平和を祈念され此の地に天降られたと。わりと最近の話ですね。

9071391-2022-02-5-19-00-1.jpg

社殿の前にも鳥居。神龍とあります。

9071390-2022-02-5-19-00-1.jpg

社殿の下を流れる川には「雄龍」と「雌龍」が棲んでいたという伝説があるそうで、その龍神を祀ったのが当社の始まりだと伝えられます。

9071395-2022-02-5-19-00-2.jpg

境内には神仏習合の名残が。

9071396-2022-02-5-19-00-1.jpg

十一面観音と

9071397-2022-02-5-19-00-1.jpg

愛染明王ですね。
愛染明王って、密教の香りががします。よく知らんけど。

9071389-2022-02-5-19-00-1.jpg

本殿の裏手には立派な夫婦の杉が聳えていました。

9071388-2022-02-5-19-00-1.jpg

この杉は雄龍と雌龍を表しているのでしょうか。
ふと思ったのですが、この雄龍と雌龍ともに宇宙最高神・八大龍王だったのでしょうか。二体合わせて最高位?それとも片方だけの称号なのか。
まあどうでも良いことです。

9071387-2022-02-5-19-00-1.jpg

杉の枝の一つが折れてはいますが、鎌首を伸ばした龍のように見えました。

9071394-2022-02-5-19-00-1.jpg

この境内から下の川に降りることができます。

9071443-2022-02-5-19-00-1.jpg

この先キケン!
ご注意ください。

9071409-2022-02-5-19-00-3.jpg

おそるおそる降りると、岩肌を流れる清らかな川に出ます。

9071415-2022-02-5-19-00-1.jpg

緩やかな滝になっている先には

9071413-2022-02-5-19-00-1.jpg

幽玄な淵があります。

9071419-2022-02-5-19-00-1.jpg

この淵は「男龍」と呼ばれ、雄龍が居たとされる場所なのだそうです。
なるほどなるほど、確かに神秘的な雰囲気があります。
では雌龍がいた場所はどこに?

9071411-2022-02-5-19-00-1.jpg

それはなんと、あのダムになっているのだいう話です。
な・ん・で・す・と・・・

9071432-2022-02-5-19-00-1.jpg

生活のためとはいえ、複雑な思いです。
宇宙最高神の威厳とはいったい。

9071433-2022-02-5-19-00-1.jpg

またこれほどの場所なので、パワースポットとしても注目を浴びているようです。

9071435-2022-02-5-19-00-1.jpg

「きくち観光物産館」や「龍龍館」(ろんろんかん)では、「福蛇の袴」(ふくへびのはかま)というお守りが販売されており、それを持参して参拝すると良いという声が聞かれます。
真心をこめて「おんめいきやしやにえいそわか」と唱えれば全ての願望が叶うのだとか。
商売が繁盛するようになったとか、宝くじに当選したとか、強力な金運が舞い込むのだそうです。

9071429-2022-02-5-19-00-1.jpg

この「福蛇の袴」とは、本物の蛇の抜け殻を龍のウロコに見立てたお札のようなものでした。
僕は出雲族の龍神信仰を素晴らしいものであると思っていますが、安易な龍蛇信仰はよくないものだとも考えるようになりました。
動物霊などは素人やにわか霊能者が扱うと、ろくなことはありません。
僕は龍神も自然神として、あるがままの姿がそこにあれば良いと考えます。

9071436-2022-02-5-19-00-1.jpg

パワースポットという呼び方を好ましく思えない理由もそこにあり、普通の人が景色や雰囲気を楽しむ分にはさほど問題はないと思いますが、霊能にかぶれた人を呼び込んでごちゃごちゃやっちゃうのは好ましくありません。
本当に霊能力をもっているのだったら尚更です。
そうした人たちのごちゃごちゃしたものは、たいてい人の邪念なので、自然を穢す結果になりかねません。

9071440-2022-02-5-19-00-1.jpg

人の邪念が吹き溜まれば、いかな聖地といえど歪めてしまいます。
自然は自然のあるままに、願わくばそうあって欲しいと僕は思います。
まあ、こうして写真を撮りまくっている僕も同罪であることは、重々承知しているのですが。

9071424-2022-02-5-19-00-2.jpg

c1d-2022-02-5-19-00-1.jpg

9071441-2022-02-5-19-00-1.jpg

こうして見ると、雄龍と雌龍が仲睦まじく空を見上げているようです。
雌龍の棲まう淵は失われても、その神霊はこの木に乗り移り、夫婦で清流の氣を受けているのでしょう。

9071407-2022-02-5-19-00-1.jpg

ごちゃごちゃやる必要はありません。
この姿を見るだけで、十分幸せな気分になれるのだから。

9071444-2022-02-5-19-00-1.jpg

2件のコメント 追加

  1. CoccoCan より:

    この清らかな水の流れを見ているだけで、心身の邪悪なものがなくなっていくような気がします。
    写真でこれだけ感じるのですから、その場に行ったら絶大な効果があるのでしょうね。体験してみたいです。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      古来から禊ぎに清流が使われるのがわかりますね♪
      きれいな場所がまだたくさん残っているのは嬉しいです😊

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください