高良山(中篇):筑秦ノ饒速日 番外

投稿日:

5190419-2020-06-20-23-04.jpeg

悠久の昔、高牟礼山に神在り。
ある時、海からやってきたという玉垂の神が高牟礼の神に願い申す。
「どうか一夜、山を貸していだだきたい」
そういうと玉垂の神は、山の麓にある大石を馬に激しく足蹴らせ、蹄の跡を打ち付け、これを清廉の証とした。
人の良い高牟礼の神が承諾すると、玉垂の神はこれ幸いに馬蹄の跡の残る石を中心に八葉石の列石で山を囲み、結界を為した。
以来、高牟礼の神は山に戻ること叶わず、麓の高樹神社にて鎮座すると云う。

c1d-2020-06-20-23-04.jpg

5190418-2020-06-20-23-04.jpeg

高良大社ニノ鳥居です。
ここから歩いて登って、山頂付近の高良大社を目指します。

5190420-2020-06-20-23-04.jpeg

いつもは車で登拝していましたが、コロナで時間も持て余しているので、意を決することに。

5190569-2020-06-20-23-04.jpeg

ふと二ノ鳥居の側を見ると、六町と彫られた石柱があります。
これは大社前の本坂下、十五町までを一町(およそ108m)ごとにたてた標識になります。
つまりここから大社までは972mの道のりになるということ。

5190421-2020-06-20-23-04.jpeg

早速あゆみ進めると、足元に広がる大きな岩盤に驚きます。

5190425-2020-06-20-23-04.jpeg

この参道は、岩盤と石の階段を登っていくことになります。

5190424-2020-06-20-23-04.jpeg

登り始めてすぐに

5190427-2020-06-20-23-04.jpeg

神功皇后が三韓出兵の吉凶を占ったという「背比べ石」があります。

5190433-2020-06-20-23-04.jpeg

その先の大きな岩盤に、一部囲われた場所が。

5190431-2020-06-20-23-04.jpeg

これが「馬蹄石」(ばていせき)。
ある意味、高良大社で最も重要な霊跡かもしれません。

5190430-2020-06-20-23-04.jpeg

一般には高良の神が神馬の蹄あとを残したものであると伝えられています。

11-2020-06-20-23-04.jpg

高良山の有名な史蹟に「神籠石」(こうごいし)と呼ばれるものがあります。

e7a59ee7b1a0e79fb3s-2020-06-20-23-04.jpg

この神籠石は高良山を取り巻くように大きく一円を描くように配されています。
実際には北半部はその存在が確認されていませんが、これは未完成のまま今に至るという説と、天武天皇7年12月(679年1月)の筑紫大地震によって崩壊したとする説が唱えられています。

5190415-2020-06-20-23-04.jpeg

現在は大学稲荷神社がある車道あたりでその存在をお手軽に確認することができますが、見るからに古代山城の城壁っぽく見えます。
が、果たしてこの程度の壁で防御になり得るのかも疑問。

5190548-2020-06-20-23-04.jpeg

実は本来、神籠石と呼ばれたのは先の馬蹄石の方であり、この列石は「八葉の石畳・八葉石」と称されていたそうです。

5190429-2020-06-20-23-04.jpeg

馬蹄石は八葉石の起点・終点にあたる神籠石であり、磐座として祭祀されていた可能性が濃厚です。
となれば、八葉石はその先の聖域を区別するための結界であると考えた方が納得するものです。

5190432-2020-06-20-23-04.jpeg

c1d-2020-06-20-23-04.jpg

5190435-2020-06-20-23-04.jpeg

再び登っていきます。

5190446-2020-06-20-23-04.jpeg

なにやら面白そうなものがあります。

5190439-2020-06-20-23-04.jpeg

道を外れたそこに聳えていたのは、立派なマキの木。

5190445-2020-06-20-23-04.jpeg

不老長寿の神木、

5190443-2020-06-20-23-04.jpeg

推定樹齢400年とありますが、

5190444-2020-06-20-23-04.jpeg

ここの目玉はこれではないようで、

5190441-2020-06-20-23-04.jpeg

その横にある、この小さな榊の木でした。

5190447-2020-06-20-23-04.jpeg

また登ります。

5190448-2020-06-20-23-04.jpeg

程よく侘びた神社がありました。

5190449-2020-06-20-23-04.jpeg

境外末社、式内社の「伊勢天照御祖神社」(いせあまてらすみおやじんじゃ)です。

5190452-2020-06-20-23-04.jpg

延暦3年(784年)に伊勢の皇大神宮から分祀されたそうですが、一ノ鳥居である石造大鳥居の北にかつてあったのだそうです。

5190453-2020-06-20-23-04.jpeg

明和4年(1767年)の府中大火が契機となり、現在地に遷座したということです。

5190454-2020-06-20-23-04.jpeg

左右の小社は八幡宮と天満宮。
小さな境内ですが、伊勢社特有の清々しい空気が満ちていました。

5190456-2020-06-20-23-04.jpeg

さらに登ります。

5190457-2020-06-20-23-04.jpeg

それにしてもこの辺りは杜の気配がとても濃厚で、南国の島の密林を思わせるほど。
これも八葉石の結界の効果でしょうか。

5190459-2020-06-20-23-04.jpeg

すると雰囲気のある山門がありました。

5190546-2020-06-20-23-04.jpeg

これは旧宮司邸「蓮台院御井寺跡」(れんだいいんみいでらあと)と呼ばれるもの。

5190469-2020-06-20-23-04.jpeg

高良山も歴史的に神仏習合されていた時期がありました。

5190467-2020-06-20-23-04.jpeg

やがて明治2年、神仏分離により仏教は高良山から退去となります。

5190466-2020-06-20-23-04.jpeg

かつての高良山仏教の中心がこの場所であり、明治になって座主が廃止されてからは宮司邸として使われていました。

5190460-2020-06-20-23-04.jpeg

この奥にはもみじ谷と呼ばれる場所があり、紅葉の季節はことさら美しい景観を見せてくれるそうです。

5190464-2020-06-20-23-04.jpeg

c1d-2020-06-20-23-04.jpg

5190468-2020-06-20-23-04.jpeg

蓮台院御井寺跡の前に

5190475-2020-06-20-23-04.jpeg

「大井河」(おおいご)と呼ばれる井戸を発見。

5190476-2020-06-20-23-04.jpeg

案内板によると「北井河」(きたいご)、「西井河」(にしんご)とともに、「お汐井とりの井戸」「御供水の井」と言われていたそうです。

5190477-2020-06-20-23-04.jpeg

家内安全、無病息災を願ったお潮井汲みが終戦まで持ち回りで行われていたそうで、毎朝早くここで水を汲み、高良大社に参拝した後、各家々の玄関に杉の枝で水を振って回っていたということです。
また、特に出征兵士の家にはたっぷりの水が撒かれていました。

5190472-2020-06-20-23-04.jpeg

大井河の先には蔦の絡んだ石鳥居。
扁額には「大学稲荷神社」とあります。

14-2020-06-20-23-04.jpg

この辺りの階段坂を撮ったものであろう古写真もありました。

5190478-2020-06-20-23-04.jpeg

十二町までやってきました。

5190481-2020-06-20-23-04.jpeg

第2代久留米藩主「有馬忠頼」(ありまただより)が三代将軍「家光」の位牌を祀った「御霊社」(みたましゃ)の跡地がありました。

5190483-2020-06-20-23-04.jpeg

車道を越えて

5190486-2020-06-20-23-04.jpeg

さらに登っていきます。

5190487-2020-06-20-23-04.jpeg

「鏡山神社」がありました。

5190488-2020-06-20-23-04.jpeg

祭神は、高良玉垂命の分祖とされていますが、

01-2020-06-20-23-04.jpeg

元は麓の御手洗池の側に鎮座していて、その御本体所には「物部胆咋連」(もののべさくのむらじ)の像が置かれていたと云います。
ということは、「高良玉垂命」とは物部族の祖神である、ということになるのでしょうか。
高良大社宝物館に収められている2枚の鏡のうちの1枚「四雲文重圏規距鏡」(しうんもんじゅうけんきくきょう)もここに祀られていたそうです。

5190491-2020-06-20-23-04.jpeg

鏡山神社の周りには、神社を取り巻くように国指定天然記念物の「孟宗金明竹林」(もうそうきんめいちくりん)が黄金色に広がっています。

5190490-2020-06-20-23-04.jpeg

高良山で、孟宗金明竹が発生したのは、昭和9年(1934年)のことだそうです。
その後数も増え、今では約300本になっています。
地下茎から、小枝に至るまで一節ごとに左右交互に緑の縦縞があらわれているのも特徴の一つです。

5190492-2020-06-20-23-04.jpeg

もうひと階段、

5190494-2020-06-20-23-04.jpeg

登り終えると立派な鳥居が見えました。
あれ?

5190495-2020-06-20-23-04.jpeg

ここはもう、目指す高良大社の目前、本坂の手前まで来ていました。
思ったよりあっけなく登りきった印象です。
時間は20分ほど。
もっときつい行程かと思っていましたが、程よいトレッキングでした。

5190496-2020-06-20-23-04.jpeg

しかしまだ階段は続きます。

5190497-2020-06-20-23-04.jpeg

山麓から参道を登って来ると最後にあるこの坂は、社殿正面にある本坂に対し、「下向坂」(げこうざか)といいます。
昔は、下向坂が本参道だったそうで、この階段を登り切ればいよいよ高良大社本殿へとたどり着くのです。

5190499-2020-06-20-23-04.jpeg

c1d-2020-06-20-23-04.jpg

5190500-2020-06-20-23-04.jpeg

もう目的地の高良大社は目の前ですが、ここからさらに山頂方面を目指してしばしトレッキングを続けます。

01-2020-06-20-23-04.jpeg

それは霊泉湧き出でる奥宮を訪ねるためです。

5190502-2020-06-20-23-04.jpeg

高良大社本社から奥宮までは、穏やかな勾配ある山道を行きます。

5190503-2020-06-20-23-04.jpeg

その距離は1kmほど、約20分の道のり。

5190505-2020-06-20-23-04.jpeg

さて、謎多き祭神、「高良玉垂命」(こうらたまたれのみこと)について少し考えてみます。

5190506-2020-06-20-23-04.jpeg

もともと高良山は高牟礼山と称され、高牟礼神が祀られていたという伝承があります。
この高牟礼神とは「高木神」、つまり徐福の母親「栲幡千千姫」(たくはたちぢひめ)のことです。

5190507-2020-06-20-23-04.jpeg

徐福と彼が連れてきた童男童女らは出雲で「海氏(海部氏)」となり、佐賀で「物部氏」となります。
彼らの信奉した宗教は「道教」であり、星神信仰でした。
彼らは星読みを行うため、標高の低い形の良い山を聖域としたと云います。

5190508-2020-06-20-23-04.jpeg

この高良山は物部族にとって、まさに聖地とするにふさわしい山でした。
そこに彼らの祖神を祀ったとしてもなんら不思議はありません。
ただひとつ、腑に落ちない点があります。
支那の秦国からやってきた彼らは、父系社会制でした。
母系社会制だった出雲族なら理解できますが、彼らが果たして母神を祀ったものでしょうか。

5190510-2020-06-20-23-04.jpeg

秦国からやって来た海部族と物部族は「秦族・秦氏」とも呼ばれました。
佐賀平野にたどり着き勢力を徐々に拡大していった物部族は吉野ヶ里に都を築き、更に筑紫平野に王国を築きました。
彼らはそこを「築秦」と呼び、それが「筑紫」になったと云うことです。
筑後から筑豊地区にかけて鷹羽の神紋を持つ神社や高木神社群が存在し、確かに高木神を頂きに掲げる一族が一体に存在した痕跡が今も残されています。

5190518-2020-06-20-23-04.jpeg

随分歩いて来ましたが、鬱蒼とした杜が途切れた場所がありました。

5190516-2020-06-20-23-04.jpeg

そこからは久留米の市街が一望できました。

5190512-2020-06-20-23-04.jpeg

c1d-2020-06-20-23-04.jpg

5190522-2020-06-20-23-04.jpeg

鳥居が見えました。
この少し先に奥宮があります。

5190523-2020-06-20-23-04.jpeg

高良大社奥宮は「奥の院」とも呼ばれ、古くは「高良廟」「御神廟」あるいは「語霊廟」と称していました。
それは当地が、高良玉垂命に比定されていた「武内宿禰」の葬所とされていたからです。

5190526-2020-06-20-23-04.jpeg

武内宿禰は300年を生き、6代の天皇に仕えたという怪人として伝えられますが、それは「宿禰」という物部王朝での重鎮に与えられる役職名を受けた数代の武内家の人物を総称したものでした。
高良大社に縁ある武内宿禰といえば、神功皇后に随伴した武内襲津彦であろうと思われます。

5190538-2020-06-20-23-04.jpeg

しかし彼は神功皇后と共に大和に入り、そこで亡くなっていますので、ここが彼の墓であるはずはありません。

5190529-2020-06-20-23-04.jpeg

奥宮です。

5190531-2020-06-20-23-04.jpeg

社殿の横では、霊水が滔々と湧き溢れています。

5190530-2020-06-20-23-04.jpeg

秦族の聖地には水が湧き出ているところも多く、湧水は神聖なものとされていました。

5190533-2020-06-20-23-04.jpeg

「天真名井」(あめのまない)と名付けられた聖なる井戸(湧水)を各地で見かけることがあります。
秦族は支那の秦国からやって来たので、その名で呼ばれました。
しかし彼らは正確には、秦国人ではなく、秦国に滅ぼされた「斉」の国の人で達でした。

5190532-2020-06-20-23-04.jpeg

斉国人はイスラエルの失われた十支族の末裔であると云うことです。
旧約聖書にある「脱エジプト記」では、エジプトの奴隷となっていたイスラエル人たちをモーゼが率いてイスラエルに帰るシーンがあります。
アラビア半島を通るとき、彼らは飢えました。
そのとき見つかったのが、「マナ」であったと記されています。

5190534-2020-06-20-23-04.jpeg

それは植物が分泌した樹脂性の物質で、神の恵みだと彼らは感じたと云います。
つまり真名井とはマナの事で神の恵みの井戸を示すものなのです。

5190535-2020-06-20-23-04.jpeg

ところで佐賀で徐福伝承を追っていた時、秦族にも出雲のサイノカミ信仰のように、男根女陰に似せた岩を神体として祀る風習があることに気がつきました。
そして女神の岩は得てして霊水が沸き出る場所で祀られることがあったことを思い出します。
であれば、物部族がこの聖なる山を登拝し、山頂付近に霊水が湧き出るのを発見した時、何を思ったか。
ここは太祖母神が眠る山であると考えたのではないでしょうか。
高木神を祀っていたとされる英彦山山頂付近にも、そういえば霊水が湧く場所がありました。

5190537-2020-06-20-23-04.jpeg

高良山麓には、現久留米市を含む三井郡(御井郡)の名の由来となった「高良三泉」をはじめ、有数の霊泉が湧き出る地区です。
ここを中心に高木神を信仰する一族が勢力を広げていった可能性は、確かに高いと思われたのでした。

04-2020-06-20-23-04.jpg

2507e9ab98e889afe5b1b1e5a5a5e5aeae-2020-06-20-23-04.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください