籠神社・真名井神社:八雲ニ散ル花 22

投稿日:

p7041143-2017-11-16-13-14.jpg

徐福の子「五十猛」(イソタケ)は、成長すると父の意志に従い、丹後国に移住しました。
そこに鎮座するのが「籠神社」(このじんじゃ)です。

p7041113-2017-11-16-13-14.jpg

籠神社は古くは「吉佐宮」(よさのみや)と呼ばれ、いくつかある元伊勢の代表格として紹介されています。
元伊勢とは、伊勢神宮(皇大神宮・内宮と豊受大神宮・外宮)が、現在地で祀られる以前に、一時的にせよ祀られたという伝承を持つ聖地のことです。
第10代崇神天皇の時代までは皇居内に祀られていた「天照大神」の御神体である「八咫鏡」を畏れ多いとし、皇居外の相応しい地に祀るように同天皇が皇女「豊鋤入姫命」に命じます。
豊鋤入姫は聖地を求めて各地を旅しますが、これを果たせず、第11代垂仁天皇の第四皇女「大和姫命」がこれを引き継いで、およそ90年をかけて現在地に遷座したとされています。
この流れの中で、籠神社にも天照大神が祀られた経緯があるということです。

p7041144-2017-11-16-13-14.jpg

五十猛は父が秦氏の都とした丹後(当時は丹波に含まれていた)へ、母君の高照姫と奥方となる大屋姫も連れ移転しました。
出雲王の親族だった大伴氏の祖「日臣」も、付き添いとして行ったと云います。
五十猛が丹後に移ると、石見国や出雲国にいる大部分の秦族を、丹後国に召集しました。
彼はそこで指導者となり、「香語山」(かごやま)と名前を改めます。

p7041145-2017-11-16-13-14.jpg

丹後に移った秦族は「海家」(アマケ)と呼ばれるようになり、海家は葛城に移住して「尾張家」と呼ばれるようになります。
そして尾張家は再び、「海部家」(アマベケ)と名を変えます。

籠神社の名前は「御祭神が篭船に乗り竜宮に行かれた」という伝承に因みます。
御祭神とは「天火明命」(アメノホアカリノミコト)であり、「徐福」のことです。
「天」(アメノ)とは「海」(アマノ)を転じた尊称です。
籠神社で火明を祀り続けてきたのが海部家となります。

海部家は日本では、出雲の東西王家と宗像家に次ぐ、古い家柄です。
この社所蔵の「海部氏本系図」と「海部氏勘注系図」は、その歴史的価値から国宝となっています。
丹波国の初の国造は、海部家の先祖「大倉岐」(おおくらき)でした。
そして大化の改新まで、丹後国の国造には海部家から就任したと云います。

p7041147-2017-11-16-13-14.jpg

籠神社の撮影ができるのは、この神門までです。
その先には決して広くはありませんが、重厚な境内が広がります。

丹後風土記に、次の記述があります。

二石崎につき、古老が伝えていう。
むかし、天下を治められる時に、大己貴命と少名彦命が来られまして、この地で御二方が相談しました。
白と黒の真砂(まさご)をすくい持ち、天火明命を呼び寄せて詔りしました。
「すなわち、それらの石は、私の分霊である。あなたは良く、この土地で祭りなさい」と。

この時「大己貴」(大国主)が掬った黒の真砂は砂鉄であった、と云われています。
そこの黒い岩はくずせば砂鉄になり、製鉄可能なものであることを、火明は出雲王から教えられたと云うことです。

p7041148-2017-11-16-13-14.jpg

籠神社の神宝に「息津鏡」(おきつかがみ)と「邊津鏡」(へつかがみ)があります。
この神宝の鏡は、今から2000年ほど前の漢の時代のものだそうです。
その鏡が示すように、海部家は宗像家の三姉妹の血脈も受け継いでいます。
五十猛の祖母は長女「田心姫」であり、最初に妻に迎えた大屋姫の祖母が次女「多岐津姫」です。
そして彼は、後に三女「市杵島姫」の娘「穂屋姫」を妻に迎え、大和王朝初代の大王「天村雲」を儲けます。

つまり海部家は日本の初代大王(天皇)の血筋であるということに繋がるのです。
そしてその母系に連なるのが宗像家であり、出雲王家なのです。

p7041149-2017-11-16-13-14.jpg

さて、籠神社の境内外ギリギリから撮影してみました。
籠神社は撮影ポイントがありませんので、その厳かな雰囲気は、実際に訪れて感じる他ありません。

b_ornament-2017-11-16-13-14.jpg

p7041119-2017-11-16-13-14.jpg

籠神社に訪れたなら、もう一つ行くべき場所があります。
「真名井神社」(まないじんじゃ)です。

p7041120-2017-11-16-13-14.jpg

神代の昔、大和国から天照大神が初めて遷ったのがここ真名井神社と云われ、その後天照大神と豊受大神は共に真名井神社に祀られていたと籠神社は伝えています。
やがて、天照大神は伊勢へと遷り、その後を追うようにして豊受大神も伊勢へと遷ったので、籠神社、及び真名井神社を元伊勢と呼びます。

p7041121-2017-11-16-13-14.jpg

豊受大神が伊勢へ遷ることになったエピソードは有名で、伊勢に遷った天照大神が「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の真名井にいる豊受大神を近くに呼び寄せなさい」と雄略天皇時の夢枕に立ったため、と伝えられています。
つまり、ここ真名井神社の主祭神は「豊受大神」であり、「丹波」の地名の由来にもなっているそうです。

p7041122-2017-11-16-13-14.jpg

真名井神社は鬱蒼とした竹林と杉林の先にありました。

p7041124-2017-11-16-13-14.jpg

幽玄な空気が漂います。
ここにはいくつかの磐座が鎮座すると云います。
あいにく本殿は工事中でしたが、どのみちほとんど撮影は禁止されています。
以前は本殿などなく、直接磐座のそばまで歩いていけて、撮影もできたそうです。
それは古代の祭祀跡によくある、直接御神体を祀る太古の祭祀形態だったのだろうと思われます。
パワスポブームなどもあり、聖地を守るために今の形に作り直したのかもしれません。

p7041131-2017-11-16-13-14.jpg

が、よく雑誌やテレビを見ていると、著名人がやってきて撮影されたりしています。
宗像の沖ノ島もそうですが、禁止だと言うのならメディアだろうが著名人だろうが、禁忌は禁忌だと思うのです。
そこに人の都合良さをちょっと感じてしまいます。
その点、三輪山を守る大神神社・狹井神社は好感が持てます。

p7041135-2017-11-16-13-14.jpg

籠神社・真名井神社の後方の小高い山は「香語山」と呼ばれます。
五十猛はその山にちなみ、「カゴヤマ」と名を変えました。
もちろん香語山は禁足地とされています。

p7041125-2017-11-16-13-14.jpg

左に写っている石碑ですが、かつて地中に埋まっていた古いものを掘り起こして作った石碑だそうです。
これには真名井神社の由緒が彫られていますが、上部の「三つ巴」の紋は、以前は「六芒星」が刻まれていたという話は有名です。

p7041127-2017-11-16-13-14.jpg

神社のいくつかには、六芒星が隠し刻まれていることがあるそうですが、これには秦族が関わっていると云います。

徐福とともに来た秦族は、中国の秦に亡ぼされた「斉」の国の子孫でした。
そして斉の王族は、「消えたユダヤ十支族」といわれる人々の一族だ、との言い伝えがあったそうです。

p7041128-2017-11-16-13-14.jpg

彼らの信奉した「道教」には、ユダヤ教の影響が見受けられるとも云います。

旧約聖書にある「脱エジプト」によると、
太古、エジプトの奴隷となっていたイスラエル人たちを、モーゼが救い、率いてイスラエルに帰ることになりました。
しかしアラビア半島を通るとき、かれらは飢えの危機に遭います。
その時、彼らは植物が分泌した樹脂性の液体を摂ることで生き長らえました。
彼らはそれを神の恵みだと信じ、それを「マナ」と呼びました。

真名井神社の名前の「真名井」は、このマナと関係があるのかもしれません。

p7041141-2017-11-16-13-14.jpg

境内には御霊水である「天の真名井の水」が湧き出ています。
社伝によれば三代目祖神「天村雲命」が高天原に行き、神々が使う水を黄金の鉢に入れて持ち帰ってきたと伝えられています。

p7041129-2017-11-16-13-14.jpg

また丹後風土記の加化の郡・田造の郷には、天香語山命が射った場所に懇田を造り、天村雲命が霊泉の水を真名井にそそぎ、そこから稲作が盛んになったので「田造」の名がついたとあります。
これは、天香語山の時代に、日本の稲作が始まり、それは中国からの渡来人によって直接伝えられたことを丹後風土記が述べたことになります。
稲作の普及は丹波文化の先進性を意味しています。

p7041130-2017-11-16-13-14.jpg

真名井神社の撮影が許されているのは、ここまでです。
この先には、磐座が鎮座しています。

p7041133-2017-11-16-13-14.jpg

案内板によるとこのような感じになっています。
錚々たる神の名が祀られているようです。
造化三神の「天之御中主」(アメノミナカヌシ)の正体が謎のままでしたが、ここに秦氏が関わってくるとしたら、それは天上の中心の神「ヤハウェ」のことになるのかも知れません。

例の六芒星は一説によると籠神社の裏神紋とも呼ばれているそうです。
籠神社の「籠」は「かご」であり、竹で編まれた籠の目は六芒星になっています。
一部のオカルト説では童謡「かごめかごめ」の歌が籠神社やニギハヤヒに関わる秘密が隠されていると噂されています。
「籠の中の鳥」は籠神社に封印されたアマテル神(火明・饒速日)であり、「鶴=伊雑宮」と「亀=籠神社」が「夜明けの晩=旧時代の終わり」に「滑る=統べる」と新しい時代が始まる、とかいう話です。
僕はこの手の電波的オカルトにはあまり興味がないので、気になる人は検索でもしてみてください。

p7041134-2017-11-16-13-14.jpg

天照大神遷宮の初代を務めたとされる「豊鍬入姫」は豊王国「豊玉姫」の娘でした。
彼女は物部・豊王国連合の東征によって、三輪山の麓、檜原神社で月読神の巫女として祭祀し、人気者になります。
しかしこれに危機感を感じた物部のイクメ大王は豊国軍を攻めようとします。
姫は豊国軍とともに尾張から丹波へと逃れ、一時、海部家で保護されます。
この豊鍬入姫こそが「豊受大神」の正体であると云います。
姫はさらに東へ逃れ、伊勢の椿大神社で保護されますが、そこで刺客に狙われて命を落とします。

イクメ大王の娘に天照大神遷宮の二代目とされる「大和姫」がいますが、彼女は丹波で育ちました。
彼女はやはり月読神を信仰していましたが、出雲族の血を引く「日葉酢姫」の母の影響もあってか、日の神、「日霊女貴」(ヒルメノムチ)を祀りました。
朝日信仰を大切にした彼女は、朝日を拝むには東向きの海岸が良いと考え、伊勢国に移住し日霊女貴を祀る内宮を築きました。
この時の太陽の女神は、三輪山から遷したと伝えられています。

そのような経緯で関わった聖地、便乗した聖地が「元伊勢」と言い伝えられているようです。

0113e7b1a0e5aeaee5a4a7e7a4be-2017-11-16-13-14.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中