天香久山:八雲ニ散ル花 31

投稿日:

p4030503-2017-12-13-09-43.jpg

奈良県橿原市にある「天香久山」(あめのかぐやま / 天香具山)は、「畝傍山」、「耳成山」とともに大和三山と呼ばれる聖地です。
標高は152.4メートルで、山というよりは丘と呼ぶにふさわしい、風光明媚な低山となります。

p4030585-2017-12-13-09-43.jpg

天香久山の麓に、「天香山神社」(あまのかぐやまじんじゃ)があります。

p4030584-2017-12-13-09-43.jpg

天香久山は、天から降ってきたという伝説がある山です。

p4030582-2017-12-13-09-43.jpg

その小さな美しい山に魅せられて歌にした歌人も多くいます。

p4030581-2017-12-13-09-43.jpg

参道には葛木坐火雷神社にもあった「波波架の木」(ははかのき)がありました。

p4030579-2017-12-13-09-43.jpg

昔は「朱桜」(にわざくら)と呼ばれていて、「古事記」に出てくる天の岩戸の神話の中で、雄鹿の骨と朱桜の木の皮で吉凶を占ったと記されている樹木です。

p4030575-2017-12-13-09-43.jpg

拝殿横には、明治天皇の遥拝所があります。
御陵を遥拝しているのでしょうか。

p4030573-2017-12-13-09-43.jpg

拝殿です。

p4030566-2017-12-13-09-43.jpg

天香山神社の御祭神は、聞きなれない「櫛真智命神」(クシマチノミコトノカミ)という神様です。

p4030567-2017-12-13-09-43.jpg

櫛真智命神は、知恵の神様だと云われていますが、占いの神様でもあるようです。

p4030572-2017-12-13-09-43.jpg

拝殿の奥の本殿は杜に包まれています。

p4030570-2017-12-13-09-43.jpg

本殿の奥には三枚の巨石がありました。

b_ornament-2017-12-13-09-43.jpg

p4030540-2017-12-13-09-43.jpg

天香久山にはいくつかの登山口がありますが、いずれも10~15分程度で山頂に行くことができます。

p4030544-2017-12-13-09-43.jpg

天香久山は自然の姿を残す国有林ですので、低い山だからと侮らず、歩きやすい格好で行くのが良いでしょう。

p4030545-2017-12-13-09-43.jpg

山頂に着きました。

p4030546-2017-12-13-09-43.jpg

そこには2つの社が建っており、向かって左が「国常立神」、右には「竜王神」が祀られています。

p4030547-2017-12-13-09-43.jpg

国常立神は神話に最初に出てくる神ですが、ここは村雲王が父の香語山を祀った山であるので、元々の祭神は香語山であったと思われます。

p4030548-2017-12-13-09-43.jpg

社の前には壺が埋められており、昔は雨乞いをする場所でもあったと云います。

p4030552-2017-12-13-09-43.jpg

遠くを眺めると、霞む葛城山の手前に、低山「畝傍山」が見えます。
奈良県には、藤原京があった場所を囲む「大和三山」と呼ばれる三つの低山がありますが、海家・物部家の祖である徐福が信奉する道教では、形の良い低山を聖なる山とする向きがあったそうです。

p4030557-2017-12-13-09-43.jpg

星神を信奉する道教において、登りやすく星を見やすい低山は、聖地に相応しかったのでしょう。

b_ornament-2017-12-13-09-43.jpg

p4030558-2017-12-13-09-43.jpg

下山に別ルートを辿っていると、

p4030560-2017-12-13-09-43.jpg

国生みの神を祀る「伊弉諾神社」(いざなぎじんじゃ)があります。

p4030559-2017-12-13-09-43.jpg

この伊弉諾神社は、地元の人に「上の御前」と呼ばれています。

p4030561-2017-12-13-09-43.jpg

さらに少し下ると、

p4030563-2017-12-13-09-43.jpg

伊弉諾命の妻である伊弉冊命が祀られている「伊弉冊神社」(いざなみじんじゃ)があります。
こちらは「下の御前」と呼ばれています。

p4030564-2017-12-13-09-43.jpg

b_ornament-2017-12-13-09-43.jpg

p4030516-2017-12-13-09-43.jpg

竹林の山道を抜けたところ、天香久山の麓にはもう一つの神社があります。

p4030518-2017-12-13-09-43.jpg

「天岩戸神社」です。

p4030520-2017-12-13-09-43.jpg

天岩戸といえば、宮崎の高千穂が有名ですが、神話で出てくる「天照大御神」(アマテラスオオミカミ)がお隠れになった伝説の場所になります。

p4030521-2017-12-13-09-43.jpg

拝殿の中には、神話に即したイラストが飾ってあります。

p4030523-2017-12-13-09-43.jpg

高天原で暴れる弟神スサノオに心痛めた太陽神アマテラスが岩戸に隠れたことで、世の中は暗闇になります。

p4030524-2017-12-13-09-43.jpg

困った八百万の神々は知恵を出し合い、アマテラスを外におびき出し世界に光を取り戻したという伝説です。

p4030532-2017-12-13-09-43.jpg

拝殿の裏に本殿はなく、神域との結界に鳥居が鎮座しています。
それは大神神社に見られるような三ツ鳥居の形をしており、直接御神体を拝する形式となっています。

p4030533-2017-12-13-09-43.jpg

鳥居の奥には数個の巨石があり、天岩戸の石であると言い伝えられているそうです。

p4030531-2017-12-13-09-43.jpg

大和三山の中心に藤原京を造った持統天皇は、天智天皇の娘であり、古事記・日本書紀の編纂を促した天武天皇の妻でした。
太陽の神である天照大御神は、持統天皇を慮って藤原不比等が記紀の中で、出雲太陽の女神などを元に創造した神であるようです。
持統天皇はこの太陽の女神に憧れ、天香久山の歌を詠み、大和三山の中でも聖域として扱っていたという言い伝えもあります。

p4030530-2017-12-13-09-43.jpg

また、この神社には、毎年7本の竹が枯れ、その代わり7本の竹が育つとい不思議な話が伝わっています。
天香久山は今も天の調べ香しい聖域として、言い伝えられ続けていました。

p4030537-2017-12-13-09-43.jpg

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中