白嶽:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 番外

ついに、再び彼の地へ足を運ぶことになりました。 神秘の島「対馬」。 そして安曇族の謎を知るため、まずは念願だった霊山「白嶽」(しらたけ)登山に踏み切ったのです。 白嶽登山口は、洲藻(すも)と呼ばれる場所にあり、正式には「…

穂高神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 17

海を離れ、彼らが辿り着いた場所は、清き水湧く日本アルプスの麓「安曇野」でした。 安曇族の聖地「穂高神社」本宮を訪ねてみます。 穂高神社本宮は、長野県安曇野市穂高にあります。 他に、松本市安曇の上高地に「奥宮」、奥穂高岳山…

有鹿神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 番外

神奈川県の中央を流れる鳩川沿いに「有鹿神社」(あるかじんじゃ)は鎮座しています。 街中にある小さな神社でしたが、相模国最古の神社と言い伝えられています。 そのことを教えていただいたのが「れんげ」さんでした。 ありがとうご…

櫛田神社 浜宮

たまたま訪れたベイサイドプレイス博多の先に、「櫛田神社」の浜宮がありました。 基本的にひとりでぶらぶらする僕ではありますが、休日が合えば妻の機嫌取りをすることだって、まああったりするもので。 甘味処「たきむら」さんは、ス…

高良玉垂宮 2021年 夜

そういえば今年のお正月に参拝した、高良玉垂宮(こうらたまたれのみや)の写真を上げてなかったので、慌ててアップします。 明けましておめでとうございます。 今年は2月12日が旧正月らしいから、まだセーフ!かな? 筑後国一宮「…

野点とアニメと神様と

よし、野点だ! なんでしょうね、つい一気見してしまいました『ゆるキャン△』。 こんな女子高生が冬キャンはせんやろと思いつつも、キャンプの描写がなかなかね、良い。 ソロキャンをこよなく愛する「志摩リン」ちゃんのモノローグが…

寒川神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 16

大彦は北陸道を通り信濃国で没し、当時はすでに更級郡の布制神社に祭られていた。 かれは越前国足羽郡に子孫を残したが、子孫・足羽臣は阿須波の神を祭る足羽神社の社家となった。 足羽氏は信濃にも移住し、諏訪大社上社の社家になって…

宗任神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 15

茨城県西部の下妻市に鎮座する「宗任神社」(むねとうじんじゃ)を訪ねます。 車を停め歩いていると、「日本一早い豆まき」と大きく描かれた看板が目に入りました。 これは社名にもなっている祭神の阿部宗任が、大晦日から眠りにつき1…

伊佐須美神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 13

福島県会津美里町にある岩代国一の宮にして陸奥国二の宮、会津総鎮守「伊佐須美神社」(いさすみじんじゃ)にふらり立ち寄りました。 伊佐須美神社は磐梯山と明神ヶ岳の間にあり、強いパワーがみなぎる神社だと云うことです。 また、四…