御塩殿神社:斎王 番外

投稿日:

2060805-2018-03-29-17-00.jpg

神宮に奉納する「堅塩」を、古代の製法で2000年以上作り続けている御料地があるというので訪ねてみました。

2060806-2018-03-29-17-00.jpg

二見浦から1.5kmほど歩いたでしょうか、「御塩殿神社」(みしおどのじんじゃ)は三重県伊勢市二見町荘にありました。
御塩殿の読みは、神宮では「みしおどの」であり正式名称と思われますが、二見町では「みしおでん」と呼ばれているそうです。

2060807-2018-03-29-17-00.jpg

入り口の鳥居の先には深い杜のトンネルがあり、ここが神聖な場所であることを感じさせます。

2060809-2018-03-29-17-00.jpg

二見興玉神社は「伊勢の神宮125社」に含まれていませんでしたが、こちらはしっかり内宮の所管社に名を連ねています。

2060811-2018-03-29-17-00.jpg

「堅塩」とは一般的には「精製していない固まっている塩、粗製の塩」のことを言いますが、ここでは「伊勢神宮に奉納される、神事に欠かせない三角錐に焼き固めた塩」のことになります。
いわゆる「盛り塩」のようなものです。

2060812-2018-03-29-17-00.jpg

神宮の神事に用いる神饌などを調進する施設を御料地と呼びます。
その中でも神社とされる御料地は「御塩殿神社」の他に、絹布を調進する「神服織機殿神社」(かんはとりはたどのじんじゃ)と麻布を調進する「神麻続機殿神社」(かんおみはたどのじんじゃ)が松阪市にあるそうです。

2060813-2018-03-29-17-00.jpg

「御塩殿」が見えて来ました。

2060815-2018-03-29-17-00.jpg

なんとも神さびた佇まいです。
あまりの神々しさに、ここが社殿だと思いがちですが、違うそうです。
御塩殿は粗塩を焼き固め「堅塩」をつくる施設。
鳥居がありますが社殿ではありません。

2060820-2018-03-29-17-00.jpg

では社殿はどこにあるのか、と言いますと、御塩殿の左手に小さな建物があります。

2060816-2018-03-29-17-00.jpg

こちらが御塩殿神社の社殿で、鳥居はなく、内宮に準じた内削ぎの千木と6本で偶数の鰹木を持つ神明造となっています。
もともと御塩殿神社内に社殿はなく、御塩殿に祀られていたそうです。
祭神は「御塩殿鎮守神」(みしおどののまもりがみ)となっていますが、「塩土翁」(しおづちのおじ)であったとする説も有力なようです。

2060819-2018-03-29-17-00.jpg

地元の方でしょうか、僕より一足先に参拝されている方がいましたが、社殿の向かいにある杜に向かって、深々とゆっくり時間をかけて参拝されていたのが印象的でした。

c1d-2018-03-29-17-00.jpg

2060826-2018-03-29-17-00.jpg

御塩殿の右に、裏側へ続く道があるので歩いてみます。

2060827-2018-03-29-17-00.jpg

鬱蒼とした杜の先、御塩殿のちょうど裏側の位置あたりに、

2060829-2018-03-29-17-00.jpg

これまた何やら趣ある建物があります。

2060832-2018-03-29-17-00.jpg

「御塩汲入所」(みしおくみいれしょ)と「御塩焼所」(みしおやきしょ)です。

2060838-2018-03-29-17-00.jpg

当地からまた少し離れた五十鈴川の河口近くに、大和姫が定めたとされる塩田があります。
その塩田は「御塩浜」と言いますが、かつて製塩が盛んであった伊勢湾沿岸も、瀬戸内海を中心とした入浜式塩田が広まってからは衰退し、今は御塩浜を残すのみとなったそうです。

2060840-2018-03-29-17-00.jpg

6月に伊勢湾からひいた海水を御塩浜に引き入れ、 鹹水(かんすい)という濃縮された塩水を作って保管する場所がこの「御塩汲入所」です。

2060842-2018-03-29-17-00.jpg

地面に沈んでいるこの建物は、「天地根元造」(てんちこんげんづくり)と呼ばれる建築様式です。

2060831-2018-03-29-17-00.jpg

そしてもう一つの建物は「御塩焼所」と呼ばれ、鹹水を鉄鍋で煮込んで、粗塩をつくる施設になります。

2060835-2018-03-29-17-00.jpg

こちらも天地根元造です。
鹹水を煮詰める作業は8月に行なわれるそうです。

2060837-2018-03-29-17-00.jpg

c1d-2018-03-29-17-00.jpg

2060844-2018-03-29-17-00.jpg

再奥まで行くと、美しい二見の海岸が広がっていました。
爽やかに吹く潮風が、僕の心身を清めてくれるようです。

2060845-2018-03-29-17-00.jpg

再び御塩殿に戻って来ました。

2060817-2018-03-29-17-00.jpg

御塩殿の右奥に、小さな建物があります。

2060818-2018-03-29-17-00.jpg

これは「御塩御倉」(みしおのみくら)と呼ばれ、8月に作られた粗塩を保管する場所です。

2060822-2018-03-29-17-00.jpg

毎年10月5日に御塩殿祭が行なわれ、より良い堅塩がより多く得られるように祈りを捧げます。
12月と3月の2回にわけて塩は一辺10㎝ほどの三角錐の陶製容器に詰められ、舞錐で起こした火である「忌火」を使って御塩殿内で焼き固められます。
「忌火」とは「清浄な火」のことで、木と木をすり合わせて発火させる「火鑽り」で熾し神事につかう特別な火です。
年間約300個ほど作られた堅塩は、堅く真っ白な姿で、神々しいそうです。

2060846-2018-03-29-17-00.jpg

明治維新の時、新政府の「上知令」によって、全国の寺社から境内を除く全ての領地が没収されました。
この時、御塩浜も例外ではありませんでした。

2060823-2018-03-29-17-00.jpg

その後、明治10年(1877年)に神宮が土地を購入し、御塩浜を神領として取り戻したと云います。
それから20年後の明治30年(1897年)にようやく御塩浜と御塩殿神社での御塩調進が再開され、粛々と今も「堅塩」が作られ続けているのです。

2060847-2018-03-29-17-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中