五家荘

投稿日:

p5191007-2017-04-15-00-00.jpg

「五家荘」(ごかのしょう)、熊本の秘境と言っていいでしょう。
深い山を延々と進み、忽然と現れるそこは、平家の隠れ里でした。

p5190946-2017-04-15-00-00.jpg

震災の影響で、至るための細い山道は落石やひび割れが出ているところもあるようです。

p5190948-2017-04-15-00-00.jpg

が、調べた感じでは村自体に深刻な影響はなさそうで安心しました。

b_ornament_24_0m-2017-04-15-00-00.jpg

p5190951-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

【せんだん轟の滝】
五家荘は山々に囲まれ、深い森と豪快な滝、そこにひっそりとある古民家の調和が美しいところです。

p5190952-2017-04-15-00-00.jpg

一番迫力ある滝が「せんだん轟の滝」です。

p5190953-2017-04-15-00-00.jpg

山をぐんぐん降りていきます。

p5190955-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

滝が見えてきました。

p5190974-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

飛沫を散らす荘厳な滝です。

p5190986-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

b_ornament_24_0m-2017-04-15-00-00.jpg

p5190990-2017-04-15-00-00.jpg

菅原道真の息子兄弟ゆかりの「左座家」(ぞうざけ)の屋敷はあいにくの改修中でした。
道真の死後、藤原家の追い討ちから逃れてここに住み暮らしたそうです。

p5191017-2017-04-15-00-00.jpg

「緒方家」です。
平清盛の孫の子孫が住んだとされます。

p5190997-2017-04-15-00-00.jpg

厳しい山里での素朴な暮らしが垣間見えます。

p5190994-2017-04-15-00-00.jpg

五家荘は清盛の孫「清経」が住みついた「椎葉」(しいば)、「久連子」(くれこ)、「葉木」(はぎ)、

p5190992-2017-04-15-00-00.jpg

道真の息子兄弟が住みついた「仁田尾」(にたお)、「樅木」(もみき)の五つの地区で、それぞれ庄屋として支配してきたのが名の由来です。

p5190998-2017-04-15-00-00.jpg

民家は分散し、まばらに点在しています。

p5191002-2017-04-15-00-00.jpg

落ち延びた兵がたどり着いたのは、深い山に囲まれた小さな山村でした。

p5190999-2017-04-15-00-00.jpg

そこでは不安で心細くも、ささやかな平穏があったのでしょうか。

p5191016-2017-04-15-00-00.jpg

b_ornament_24_0m-2017-04-15-00-00.jpg

p5191018-2017-04-15-00-00.jpg

【五家荘平家の里】

p5191019-2017-04-15-00-00.jpg

そこには平家好みの朱色の建物がありました。

p5191022-2017-04-15-00-00.jpg

中は資料館となっています。

p5191020-2017-04-15-00-00.jpg

「鬼山御前」という女性の伝説がありました。
鬼山御前とは源氏方の那須与一が撃ち落とした扇を持っていた女性「玉虫」でした。

p5191027-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

平家の官女、玉虫御前は屋島の戦いに敗れ四国より日向を経て、弟と共に源氏の追討をさけ、名も鬼山御前と改名し、柿迫村岩奥にすみつきました。
その頃源氏の追討はきびしく那須与市の弟大八が、平家の残党を追い求めて、椎葉村まで参りましたが、大八の帰国がおそいので、那須与市の嫡男を第二の追討に差向けました。
那須の軍勢は、岩奥を通り五家荘へと向かいました。
岩奥に住みついていた鬼山御前は、那須の軍勢の後を追い、同じ同族の平家を討たせてはならぬとやっとこの地、保口にて追いつき「この奥は人の住む所ではない、ここに留まって様子を見ては」と引き留め、那須与市の嫡男と鬼山御前との共同生活が始まり、そのままこの保口で一生を過ごしたと伝えられます。
(保口の那須家は、その子孫とつたえられる)

p5191028-2017-04-15-00-00.jpg

b_ornament_24_0m-2017-04-15-00-00.jpg

p5191033-2017-04-15-00-00.jpg

【樅木の吊り橋】

p5191034-2017-04-15-00-00.jpg

五家荘は山々に覆われているので、いたるところに吊り橋があります。

b_ornament_24_0m-2017-04-15-00-00.jpg

p5191036-2017-04-15-00-00.jpg

【梅の木轟】

p5191040-2017-04-15-00-00.jpg

「轟」(とどろ)とは滝のことです。

p5191041-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

吊り橋で谷川を渡り、その先へ進みます。

p5191043-2017-04-15-00-00.jpg

かつて、ここは道が整備されてなく、当時この先の滝に行くには困難を極めました。

p5191048-2017-04-15-00-00.jpg

ゆえに「幻の滝」と呼ばれていたそうです。

p5191049-2017-04-15-00-00.jpg

谷を深く深く、歩いていきます。

p5191052-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

道の横では、川の水が勢いよく流れています。

p5191072-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

小さな滝や

p5191059-2017-04-15-00-00.jpg

苔むした岩があります。

p5191058-2017-04-15-00-00.jpg

そしてようやく、「幻の滝」が見えてきました。

p5191076-2016-05-8-07-53-2017-04-15-00-00.jpg

そこはまるで、秘境の中の楽園のようでした。

p5191086-2017-04-15-00-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中