安乎岩戸信龍神社(”いわんど”だったところ)

投稿日:

pc030774-2022-11-20-13-47.jpg

がさ、じゃり、がさ
「あ、神様が戻ってきたのかもしれない」
洞窟の入口で足音がしたので、龍はとびあがって、急いで覗きに行きました。
「へえー、こんなところに洞窟があるんだ」
その足音は、通りすがりの見知らぬ旅人のものでした。
「中は真っ暗で何もなさそうだな」
そういうと旅人は洞窟から離れて、また旅立ってしまいました。

がさ、じゃり、がさ
「あ、神様が戻ってきたのかな」
また龍はとびあがって、洞窟の入口まで急いで覗きに行きました。
「確かこの奥に小さなお社があったのだけど、神様はお引っ越しなされたそうだよ」
それは二人の村人でした。村人たちは洞窟の中を覗いてみましたが、真っ暗で何も見えなかったので、そのまま立ち去ってしまいました。

がさ、じゃり、がさ
時折洞窟の入口では人の足音がして、その度に龍は小さな神様が戻ってこられたのではないかと思って、入口まで急いで覗きに行きました。
しかし小さな神様が戻ってくることはなく、立ち寄った人々は皆、すぐに立ち去ってしまうのでした。

がさ、じゃり、がさ、がさ、じゃり、がさ
いく日もいく日も、そんな時が過ぎました。
龍は空を飛べたので、いつでも洞窟から飛び出して別のところへ行けたのですが、小さな神様がいらっしゃった小さな洞窟の小さな社を、小さな神様がいなくなっても離れることができず、ずっとずっと守り続けていたのです。

ごろ、ごろ、どん
「ありゃぁ、穴が開いてしもうた。そういやここは洞窟じゃったな」
ある時大きな音がして、洞窟の天井に穴が開きました。お山の工事をしていた人が穴を開けてしまったのです。
大きな石が転がり落ちましたが、小さな社は龍が守っていたため無事でした。しかし空いた穴から光が差し込み、そこに浮かび上がった小さな社はずいぶん朽ちていました。
またある時、近くに住む男が洞窟にやってきました。
「ありゃぁ、こんなところにお社が。それにずいぶん朽ちておるの」
男はそれからというもの、毎日毎日、朽ちた小さな社に、水とおそなえ物を届けました。

がさ、じゃり、がさ、がさ、じゃり、がさ
その後もたまに、洞窟の入口に、洞窟の中に、訪ねてくる人はいましたが、やはり小さな神様が戻ってくることはありません。
ざあざあと雨が降るある日のことでした。またひとりのおじいさんが洞窟にやってきました。
「ああ、あと少しでお宮だというのにひどい雨じゃ。龍よ、すまぬが少し雨宿りをさせておくれ」
小さな社のそばでとぐろを巻いてうずくまっていた龍は、とても驚きました。
「おじいさん、わたしが分かるの?」
「おお、おお、龍よ、わしにはそなたの姿がよく見えるぞ。立派なうろこの龍よ、わしは神様じゃからの」
すると、龍の瞳から大つぶの涙がこぼれ落ちました。
「おやおや、洞窟の中も大雨じゃったか。どうした龍よ、わしにその涙のわけを話してごらん」
龍はむかしむかし、小さな神様とこの洞窟で暮らしていたこと、神様のお使いに出かけて帰ってみれば神様の姿がなくなっていたこと、そして今日まで寂しくずっと小さな社を守り続けてきたことを、涙ながらに話し伝えました。
「うむうむ、そうかそれは辛かったの」
神様は龍の頭をやさしく撫でました。
「わしはこの先の八幡宮の神様じゃ。そういえばわしの所にスクナヒコという小さな神様がやってきておるが、その神様のことじゃろう。わしのように大きな神様はな、今日のように出雲の”神はかり”に呼ばれると出かけていけるが、小さな神様はなかなかお社から外に出ることはできんのだ。それにな、おぬしのように自然から生まれたものは自由に生きられるが、わしら人から生まれた神様は人の信仰がなくば消えてしまうのよ。おぬしの小さな神様は、しばらくわしの元におった方が良かろうよ」
「わたしが八幡宮にお伺いすることは叶いますか?」
「もし今、いっときでもおぬしが洞窟を離れれば、朽ちたこのお社はすぐに崩れてしまうだろう。小さな神様が帰るお社が失われれば元も子もない。八幡宮にはわしの声を聞くことができる神主がおるから、一年に一度、小さな神様とおぬしが会えるよう話しておこう」
それから大きな神様は龍に、こう付け加えてお話しされました。
「龍よ、おぬしがこれまでずっとこのお社を守り続けてきたことは誠にもって立派じゃ。これからも小さな神様が戻ってくることを信じて、おぬしがこの小さな社を守り続けるなら、いつかおぬしのことを知り、お社を立派に造り替えてくれる者たちが現れよう。そして人々の信仰がよみがえれば、おぬしの小さな神様はその時こそ戻って来れるのじゃ。その日を信じて、これからもお社を守り続けなさい」
「はい」
龍の顔には、久しぶりの笑顔が浮かんでいました。
「どれどれ、外の雨もおぬしの雨もあがったようじゃ。それではおいとましようかの。雨宿りありがとう、龍よ元気でな」
「大きな神様、ありがとうございます。あの、お名前をお聞きしても良いですか」
「わしの名はタカハセと言う」
大きな神様が洞窟から立ち去ろうとした時、もう一言だけ付け加えてお話になりました。
「おぬしは誠実な龍じゃ。主人を信じる姿をもって『信龍』と名乗りなさい」
「はい、タカハセ様」
そう答えた龍の顔は輝いて、立派なうろこはますます美しく見えたのでした。

そうして大きな神様が洞窟を去ってしばらく日が過ぎた頃、葛城の方角から太陽が昇る春の日、信龍が小さな社でとぐろを巻いてまどろんでいると
「よいさっよいさっ、よいさっよいさっ」
どこからともなく威勢の良い声が聞こえてきます。
「よいさっよいさっ、よいさっよいさっ」
それは神輿を担ぐ、男衆らの掛け声でした。
今日は年に一度の八幡宮のお祭りの日。神輿はどんどん洞窟に近づき、
「よーしここだ。さあ神輿を止めてご挨拶だ」
そう言って男衆らは洞窟の前で神輿を止め、深々と頭を下げました。
信龍は何事だろうかと洞窟の入口まで顔を伸ばしてみると
「おーい、おーい」
小さな声の、でもとても懐かしい声が聴こえてきます。
「おーい龍や、私じゃ、龍よ。私を覚えておるかの」
なんと男衆らが担いできた神輿の上に、とてもとても懐かしい、小さな神様が立っておられました。
「神様、神様、はい、もちろん忘れたりしておりません、神様。私はちゃんと神様のお社を守っております」
「そうかそうか、ありがとうよ龍よ。そなたは信龍と名前をもらったそうじゃな。ありがとう信龍、ありがとう信龍」
「はいっ、神様」
信龍の瞳からは、また大つぶの涙がこぼれ落ちました。しかし信龍の顔は嬉しそうに笑って、そして大つぶの涙はあたたかな雨粒だったのです。

こうして信龍は、またいつか大好きな小さな神様と一緒に暮らす日を夢見て、
この国で最初にできた小さな島の海岸の、小さな洞窟の小さな社でとぐろをまいて、今もまどろんでいるのです。

c1d-2022-11-15-05-47.jpg

b140725-2022-11-15-05-47.jpg

Aさん「今、淡路島です。この後”おのころ島神社”と”沼島”に行きますー(*’-‘*)」
G氏 「淡路島に”いわんど”という洞窟があってですね、取り残された龍の話が伝わっていますよ。以前は朽ちた社がありましたが、最近新しくなったそうです☆」
G氏 (そういえば”いわんど”新しくなったんだよなぁ。紹介した手前、一応僕も画像検索してみるか。ふむふむ確かに綺麗になってるな。岩戸神社、龍の伝説、ほう、なるほど。。。ん?んんっ!?)

b140721-2022-11-15-05-47.jpg

日本最初の島、AWAJIにやってきましたYO。

b140753-2022-11-15-05-47.jpg

兵庫県洲本市安乎町に鎮座の「安乎八幡神社」(あいがはちまんじんじゃ)に来てみました。

b140754-2022-11-15-05-47.jpg

立派な神門に

b140755-2022-11-15-05-47.jpg

荘厳な社殿の神社です。

b140757-2022-11-15-05-47.jpg

春の祭りのだんじりは勇壮なのだそうです。みてみたい!

b140758-2022-11-15-05-47.jpg

狛さんはなぜか

b140759-2022-11-15-05-47.jpg

左右で雰囲気が違いますね。

b140763-2022-11-15-05-47.jpg

創立年月は不詳。祭神は八幡神社なので「応神天皇」と「仲哀天皇」「神功皇后」です。

b140765-2022-11-15-05-47.jpg

ちょっと気になるのが社殿裏の磐座。

b140770-2022-11-15-05-47.jpg

白い磐座ですね。八幡系なので、豊か越智が関わっている可能性はあるのでは。
付近の腐葉土からは土器も見つかっているそうですから、月神祭祀が行われていたと思います、僕は。

b140768-2022-11-15-05-47.jpg

ところで当社を訪ねたのは、「いわんど」の神様がこちらの移られたと聞いたからです。

b140762-2022-11-15-05-47.jpg

その神様はどちらにいらっしゃるのでしょうか。
そしてその神様とは、どなたなのでしょうか。

b140766-2022-11-15-05-47.jpg

c1d-2022-11-15-05-47.jpg

b140722-2022-11-15-05-47.jpg

さて、御目当ての「いわんど」にやってきました。
いえ、今は名前が変わって「安乎岩戸信龍神社」(あいがいわとしんりゅうじんじゃ)となりました。

b140724-2022-11-15-05-47.jpg

広い駐車場ができて、参道が横に伸びています。
参道は白砂利が敷き詰められ、飛び石が置かれています。

b140723-2022-11-15-05-47.jpg

社務所もできていました。

b140719-2022-11-15-05-47.jpg

横にはなぜか「淡路島オートバイ神社」。

b140714-2022-11-15-05-47.jpg

社務所の中は無人でしたが、

b140717-2022-11-15-05-47.jpg

お守り販売機が置いてありました。せっかくなので、記念に一ついただきます。

b140715-2022-11-15-05-47.jpg

他には人生訓や

b140716-2022-11-15-05-47.jpg

おみくじ機も。

b140718-2022-11-15-05-47.jpg

記帳させていただきました。

b140720-2022-11-15-05-47.jpg

いわんどには、行基が天照大神の御神体の神鏡を祀ったという伝承もありましたが、神様はスクナヒコになっていますね。
一文字多いですが、まあそれは一般的にそうなので仕方がないです。

b140726-2022-11-15-05-47.jpg

そうそうこれ。

mg_0227-2022-11-15-05-47.jpg

記念撮影がしたかったんです、テヘペロ。

b140727-2022-11-15-05-47.jpg

変なおっさんが自撮りで看板と記念撮影をしている間にも、駐車場に車が入ってきて、4人組の女子が参拝していかれました。
龍の伝説の案内板も読んでくれていました。

b140728-2022-11-15-05-47.jpg

「いわんど」は安乎八幡神社の方や氏子さん、地元の方の熱意でこうして整備されたのでしょうか。

b140729-2022-11-15-05-47.jpg

タツノオトシゴの手水などは特注じゃないですかね。

b140730-2022-11-15-05-47.jpg

さて、龍さんは元気でいらっしゃるでしょうか。

b140733-2022-11-15-05-47.jpg

前回来た時は2019年でした。

b140735-2022-11-15-05-47.jpg

2021年4月に「安乎岩戸信龍神社」として再興され、こんなにも綺麗な神社になりました。

b140740-2022-11-15-05-47.jpg

ははっ、ほんとに綺麗になったね。それに可愛い♪

b140741-2022-11-15-05-47.jpg

これまでは地元の造園業の方が手入れや掃除をなさって、朽ちた社殿もなんとか形を保っていたと聞いています。
その方のおかげで、「いわんど」はなんとか生きながらえ、立派な「安乎岩戸信龍神社」になれたのですね。

b140742-2022-11-15-05-47.jpg

常時、LEDのライトアップまでされています。

b140743-2022-11-15-05-47.jpg

こうしている間にも参拝客がたびたび訪れていました。

b140744-2022-11-15-05-47.jpg

道向かいのショップのお姉さんにドリンクを注文しましたが、話を聞いてみると、本当に多くの人が来てくれるようになったのだと。

b140745-2022-11-15-05-47.jpg

寂しくは無くなっただろうけど、やっぱり小さな神様に逢いたいのかな。
少彦名命って書いてあるから、小さな神様は戻ってきたのだろうか。

b140750-2022-11-15-05-47.jpg

前回見送ってくれた部分にやさしく触れると、龍が喜んでくれているような、そんな感じがしたのでした。
君の寂しさが少しでも和らいだのなら、僕は本当に嬉しいよ。
そしてどうかいつの日か、小さな神様と龍が再び幸せな日々を送られますよう、心から願うのです。

b140747-2022-11-15-05-47.jpg

4件のコメント 追加

  1. pikao より:

    こんにちは^^
    「いわんど」と読みますか
    こちらは洞窟の独特な感じのパワースポットのようですね☆
    タツノオトシゴの手水もなかなかいいわぁ~
    洞窟の中ら見える鳥居や海?かな空かな?・・・こんなの好きです
    全国から参拝者も多く来てますねぇ こういう神秘感がいいのかなぁ~(*^0^*)~♪

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      pikaoさん、こんにちは♪
      いわんどは神社が新しくなる前の呼び名で、朽ちかけた社殿があった頃の方が神秘的だったのですが、新しくなってひとりぼっちだった龍も嬉しそうだったので良かったなと思いました。
      由緒書きの文章は、以前の記事で僕が書いた物語がほぼそのまま載せられていたので、今回の神社リニューアルに知らず一役買っていたのかもしれません😅

      いいね: 1人

  2. KYO より:

    随分な変わり様にびっくりですね。
    「いわんど」と添えて頂けなかったら、分からなかった気がします。謂れ看板の文章ですが、どこかで読んだことがあるような気がするのは私だけでしょうか?😅
    でも、それだけ地元の方々の尽力があったのですね。この時代、それはそれでとても凄いことではないかと思います😊

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      KYOさん、こんにちは♪
      今回の記事はKYOさんに一番にお知らせしたかった事なので、読んでいただけて嬉しいです😊KYOさんにいわんどの事を教えていただき、そこで書いたブログが少しでも今日のきっかけになったのであれば光栄ですし、謹んで小さな神様と龍の物語は御奉納させて頂く思いです。
      小さな集落で、これだけ立派な神社にするには大変なご苦労があったのではないかと思います。神秘感はやや薄れ少々こってり感もありますが、あのままではいずれ消滅しかねませんでしたし、訪ねてみて龍も寂しさが和らいでいる感じがしましたので、これで良かったのだと思います。
      平日なのに他県ナンバーの参拝者もちらほら見かけ、まだこの先も訪れる人が増えるのではないかと思われます。願わくば、誰もが自分の願い事を押し付けるのではなく、龍が幸せになってくれるよう、見守って欲しいといったところでしょうか。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください