御船山楽園

投稿日:

p4241238-2017-04-24-22-19.jpg

佐賀県武雄市の見どころの一つ「御船山楽園」(みふねやまらくえん)へ行ってきました。

p4241235-2017-04-24-22-19.jpg

御船山は、その姿が唐船(とうせん)に似ていることから唐船山とも呼ばれています。
また神功皇后(じんううこうごう)が三韓征伐から帰国後、ここに船を着け、それが山になったとも伝わります。

p4241396-2017-04-24-22-19.jpg

東山麓の御船ケ丘梅林では、2月中旬~3月上旬にかけて1万本もの梅が、西山麓の御船山楽園では春に5千本の桜が咲きます。
それも圧巻と聞いておりますが、しかし何と言っても御船山での花の見どころは、園内に咲く、5万本の「つつじ」でしょう。

p4241242-2017-04-24-22-19.jpg

鳥居のような門を進んでいくとすぐに、池に映る中国の山水画のような、切り立った御船山が目に入ります。

p4241246-2017-04-24-22-19.jpg

桜やもみじの新緑が眩しいです。
御船山楽園は、秋の紅葉もまた大変美しいといいます。

p4241251-2017-04-24-22-19.jpg

穏やかな坂を上り進むと、次第につつじの咲く姿が見えてきます。

p4241253-2017-04-24-22-19.jpg

御船山楽園は、武雄藩第二十八代領主・鍋島茂義(しげよし)公が別荘を設けるため、約3年の歳月を費やして造園したと云います。

p4241261-2017-04-24-22-19.jpg

茂義公はここを、花の楽園にしたかったのでしょうか。

p4241256-2017-04-24-22-19.jpg

遅咲きの八重桜や、

p4241262-2017-04-24-22-19.jpg

白や赤の椿もまだ咲いています。

p4241269-2017-04-24-22-19.jpg

花の香りに誘われてやってきた、野鳥の歌声が響いていました。

p4241271-2017-04-24-22-19.jpg

武雄と隣の武内は神功皇后の重臣として登場する、「武内宿禰」(たけうちのすくね)の故郷である可能性が高いようです。

p4241273-2017-04-24-22-19.jpg

そのこともあって、ちょっと僕はわくわくしながら、散策しています。

p4241282-2017-04-24-22-19.jpg

さて、御船山楽園のつつじ一番の見どころへとやってきました。

p4241280-2017-04-24-22-19.jpg

「つつじ谷」です。
桃源郷かと見紛う光景です。

p4241300-2017-04-24-22-19.jpg

しばらくその絶景に見惚れた後、更につつじの中を散策します。

p4241303-2017-04-24-22-19.jpg

延々と続くつつじの道。

p4241316-2017-04-24-22-19.jpg

その所々で、それぞれに花を楽しむ人たち。

p4241310-2017-04-24-22-19.jpg

蜂や蝶も喜んでいます。

p4241319-2017-04-24-22-19.jpg

だんだん山が迫ってきました。

p4241332-2017-04-24-22-19.jpg

秘密の小道のようなところを抜けると、

p4241330-2017-04-24-22-19.jpg

一番奥の高台へたどり着きました。

img_0305-2017-04-24-22-19.jpg

b_ornament-2017-04-24-22-19.jpg

p4241341-2017-04-24-22-19.jpg

園内は花ばかりではありません。

p4241344-2017-04-24-22-19.jpg

「花見台」と書かれた方へ足を向けると、

p4241342-2017-04-24-22-19.jpg

大きな岩の間に、稲荷社がありました。

p4241351-2017-04-24-22-19.jpg

そこはとても不思議な感覚がして、ひんやり、風が吹いています。

p4241373-2017-04-24-22-19.jpg

更に奥へ進むと「五百羅漢」があります。

p4241358-2017-04-24-22-19.jpg

ここで「行基」は、3年の歳月をかけて五百体の石仏を彫ったと云います。

p4241359-2017-04-24-22-19.jpg

堂内にはわりと新しそうな石仏が並んでいますが、

p4241363-2017-04-24-22-19.jpg

壁に数体の仏像が彫られていました。

p4241369-2017-04-24-22-19.jpg

更に下にも洞があり、

p4241367-2017-04-24-22-19.jpg

多数の石仏が鎮座します。

p4241371-2017-04-24-22-19.jpg

b_ornament-2017-04-24-22-19.jpg

p4241376-2017-04-24-22-19.jpg

再び花の楽園へ戻ってきました。

p4241377-2017-04-24-22-19.jpg

園内をぐるり一周したことになります。

p4241379-2017-04-24-22-19.jpg

帰り道、つつじの古木と記された木があります。

p4241382-2017-04-24-22-19.jpg

鮮やかな色彩は、年月の深さを感じさせます。

p4241385-2017-04-24-22-19.jpg

森を抜け、

p4241389-2017-04-24-22-19.jpg

池のところまで戻ってきました。

p4241391-2017-04-24-22-19.jpg

御船山楽園は、夜のライトアップも幻想的だといいます。
命あふれる花の宴に酔うも、春の醍醐味です。

p4241395-2017-04-24-22-19.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中