両子寺

投稿日:

1____p1010010-2017-10-30-11-30.jpg

大分、国東半島の「両子寺」(ふたごじ)と言えば、この仁王像が有名です。

p1010003-2017-10-30-11-30.jpg

駐車場から一旦下って、山門まで降りると見ることができます。

p1010004-2017-10-30-11-30.jpg

森の中に立つ、阿吽の仁王は迫力がありパワーを感じます。

1____p1010012-2017-10-30-11-30.jpg

像の足元には、足腰にご利益があると書いてあります。
境内のあちこち他の像にも、足腰ご利益に関する但し書きがありました。

1____p1010014-2017-10-30-11-30.jpg

苔むした石段を登ります。

p1010016-2017-10-30-11-30.jpg

大分県の国東半島のほぼ中央にそびえる両子山。
そこに両子寺はあります。

1____p1010020-2017-10-30-11-30.jpg

両子寺には神仏習合の痕跡があります。
そのひとつ、山門にしめ縄がかけてありました。

1____p1010022-2017-10-30-11-30.jpg

参道を進んでいきます。

1____p1010024-2017-10-30-11-30.jpg

お堂が見えてきました。

1____p1010025-2017-10-30-11-30.jpg

両子寺は天台宗のお寺になります。

1____p1010030-2017-10-30-11-30.jpg

この日は2017年元旦、境内は参拝客で賑わっています。

1____p1010027-2017-10-30-11-30.jpg

鐘はつくことができます。

1____p1010035-2017-10-30-11-30.jpg

鐘をついた後、ろうそくと線香を購入し、お祈りしました。

1____p1010033-2017-10-30-11-30.jpg

ここではとりあえず、商売繁盛を。

1____p1010029-2017-10-30-11-30.jpg

護摩堂です。

1____p1010039-2017-10-30-11-30.jpg

護摩堂には、厄除け、安産にご利益があるという不動明王が祭られています。

1____p1010042-2017-10-30-11-30.jpg

両子寺では「奥の院」まで行った方がいい、というコメントを見かけましたので、少し奥まで登っていきます。

1____p1010040-2017-10-30-11-30.jpg

と言ってもそれほどきつい道のりではありません。

1____p1010043-2017-10-30-11-30.jpg

5分も歩かないうちに「鬼橋」が見えてきます。

1____p1010049-2017-10-30-11-30.jpg

千徳坊という怪力の僧がこの大石を引き下ろしてかけたと伝わります。

1____p1010051-2017-10-30-11-30.jpg

鬼橋の先の階段を上ると、

1____p1010056-2017-10-30-11-30.jpg

なんと、立派な鳥居がありました。

1____p1010057-2017-10-30-11-30.jpg

奥の院は神社なのか。

p1010059-2017-10-30-11-30.jpg

また階段を登ります。
かなりの急勾配です。

1____p1010062-2017-10-30-11-30.jpg

その先にありました。

p1010080-2017-10-30-11-30.jpg

見た感じはやはりお寺です。

1____p1010064-2017-10-30-11-30.jpg

背後の岩に食い込むようにお堂が建っています。

p1010065-2017-10-30-11-30.jpg

清水寺のような柱で足場が造られています。

1____p1010070-2017-10-30-11-30.jpg

奥の院には千手観音立像、両子大権現などの貴重な文化財が安置されています。

1____p1010071-2017-10-30-11-30.jpg

不老長寿と子授け祈願のご利益があるそうです。

p1010066-2017-10-30-11-30.jpg

本堂の奥に洞窟らしきものがありました。

1____p1010067-2017-10-30-11-30.jpg

中には石仏が並んでいます。

1____p1010072-2017-10-30-11-30.jpg

ここでもろうそくと線香を供えさせていただきました。

1____p1010076-2017-10-30-11-30.jpg

壁はいろいろ彫られていて、

1____p1010077-2017-10-30-11-30.jpg

飲用できる霊水が湧いていました。

1____p1010052-2017-10-30-11-30.jpg

最後に大講堂を回って下山します。
深山の雰囲気と、秘境を感じさせる奥の院。
両子寺はなかなか楽しませてくれる場所でした。

1____p1010084-2017-10-30-11-30.jpg

1218e4b8a1e5ad90e5afba-2017-10-30-11-30.jpg1218e4b8a1e5ad90e5afba02-2017-10-30-11-30.jpg1218e4b8a1e5ad90e5afba03-2017-10-30-11-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中