玉置神社

投稿日:

pa028212-2017-05-25-18-00.jpg

「熊野なる玉置の宮の弓神楽 弦音(つるおと)すれば悪魔退く」

奈良県玉置山の標高1,000mを超える場所に鎮座する「玉置神社」(たまきじんじゃ)は、「神様に呼ばれた人しか行くことができない」超絶なパワースポットと云われています。
熊野三山の「奥の宮」と言われ、「空海」や「役行者」も修行に訪れていると伝わります。

pa028180-2017-05-25-18-00.jpg

玉置神社は近くまで車で行けます。
広い駐車場もあります。
が、走っても走ってもなかなか辿り着かない、そんな感じの山道を延々と走ります。

pa028182-2017-05-25-18-00.jpg

そうして、ようやく辿り着くことができました。
人によっては行こうと思うと仕事が入ったり、都合がつかなくなり、なかなか行くことができないこともあるそうです。

pa028183-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

車を降りて、しばらく歩きます。

pa028184-2017-05-25-18-00.jpg

玉置神社は2000年以上続く由緒ある神社です。
奥に行くほどに、空気が澄んでいくのがわかります。

pa028186-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

歩く壁面には所々、小さな社があります。

pa028241-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

更に歩いていくと杜が深くなってきました。

pa028187-2017-05-25-18-00.jpg

いよいよ境内の深部に入っていくと、

pa028192-2017-05-25-18-00.jpg

杉の巨木が増えてきます。

pa028239-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

「夫婦杉」「いわれ杉」など、名のついた大杉が姿を現しますが、

pa028190-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

ひときわ存在感を放つ異形の杉が見えます。

pa028194-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

「神代杉」(じんだいすぎ)と呼ばれるもの。

img_2711-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

神代の時代の3000年前からそこにある杉と云います。

pa028200-2017-05-25-18-00.jpg

そして「本殿」が見えてきました。

pa028202-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

創立は紀元前37年、崇神天皇の御宇に王城火防鎮護と悪魔退散のため、早玉神を奉祀したことに始まると伝えられています。
御祭神は「国常立尊」(クニトコタチノミコト)を筆頭に、「伊弉諾尊」(イザナギノミコト)、「伊弉冊尊」(イザナミノミコト)、「天照大御神」(アマテラスオオミカミ)、「神日本磐余彦尊」(カムヤマトイワレヒコノミコト)です。

img_2712-2017-05-25-18-00.jpg

国常立大神が主祭神で、そして御神徳がここまで攻撃的なのも珍しいです。

pa028204-2017-05-25-18-00.jpg

玉置神社の社務所はもと「高室院」という別当寺でした。

pa028205-2017-05-25-18-00.jpg

別当寺とは神社の経営管理を行っていたところです。
廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の難を逃れ、国の重要文化財に指定されています。

pa028207-2017-05-25-18-00.jpg

更に足を進めて「三柱神社」に参拝。
御祭神は「倉稲魂神」(ウガノミタマノカミ)、「天御柱神」(アメノミハシラノカミ)、「国御柱神」 (クニノミハシラノカミ)です。
三柱神社は古くは「三狐神」(ミケツカミ)と呼ばれていたらしいです。
「三狐神」とは「御饌津神」と書き、食物を司る神です。
昔は狐のことを「ケツ」と呼んだため、「御饌津神」を祀る「稲荷社」では神の使いが「狐」となったそうです。

pa028206-2017-05-25-18-00.jpg

「玉置山権現縁起」によると「三狐神」は「天狐・地狐・人狐」とされ、その本地(ほんじ/神々の根本真実身のこと)は「聖天」(ショウテン/大聖歓喜自在天)であり、「荼吉尼天」(ダキニテン)であると云います。
ここでは「憑き物落とし」などの霊験もあらたかとのこと。

pa028208-2017-05-25-18-00.jpg

さて、いよいよ玉置神社の真髄へと向かいます。
三柱神社の裏手から山に入ります。

pa028209-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

なかなか険しい山道を登ります。

pa028210-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

小さな祠などがありました。
そして途中、玉垣に囲われた場所があります。

pa028214-2017-05-25-18-00.jpg

三本の杉の木の中心に丸い石が見えます。
これが「玉置神社」の聖地の中の聖地、「玉石社」です。
「大巳貴命」 (オオナムヂノミコト)を御祭神として祀るこの玉石は、地中にどのくらい埋もれているかわからないほどの巨石のごく一部ということです。

pa028215-2017-05-25-18-00.jpg

この石が「玉置神社」の始まりの石となります。
神武天皇は東征の際、八咫烏に導かれ玉置山へ入り兵を休めました。
この時、神武天皇は「玉石」の上に神宝を置き勝利を祈ったといわれています。
また、役行者が「如意宝珠」を埋めたとか、この石の上に熊野速玉の神が舞い降りたなどの伝説があるようです。

pa028217-2017-05-25-18-00.jpg

「玉石社」の側には「三石社」があり、こちらも三つの霊石が並ぶなかなかの神跡です。

pa028216-2017-05-25-18-00.jpg

御祭神として充てがわれている神はイザナミの死を悲しんだイザナギが斬り殺した「カグツチ」にちなむ神の名です。

pa028227-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

そして息も絶え絶えに、ついに山頂に着きました。

pa028218-2017-05-25-18-00.jpg

そこには、雲の合い間をうねらせる「龍神」の姿がありました。

pa028234-2017-05-25-18-00.jpg

大きな背びれの如き山の峰々。

pa028230-2017-05-25-18-00.jpg

延々と連なる熊野の山々の姿は、まさに龍神そのものです。

pa028233-2017-05-25-18-00.jpg

遠くには熊野灘に浮かぶ船の姿。

pa028235-2017-05-25-18-00.jpg

労に値する素晴らしい光景に感動しました。

b_ornament-2017-05-25-18-00.jpg

img004-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpgimg005-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpg

ちなみに玉置神社に参拝したならおすすめなのがこちらの札。
「熊野なる玉置の宮の弓神楽 弦音すれば悪魔退く」
と、「悪魔退散」霊験あらたかな、とても強力な札だと云います。

0707e78e89e7bdaee7a59ee7a4be-2015-11-24-08-14-2017-05-25-18-00.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中