猪群山環状列石

投稿日:

pc220371-2017-10-30-09-18.jpg

自然崇拝には幾つかの形があります。
巨木奇木を信仰するもの、水や滝を信仰するもの、そして巨岩磐座を信仰するもの、などです。
大分の宇佐地方のあちこちに不思議で神秘的な岩石を見ることができます。

pa025157-2017-10-30-09-18.jpg

安心院の米神山もそうした謎の石が点在する霊山。
麓の佐田京石は見事なストーンサークルです。
これを見るだけでもその神秘を感じることができます。

pc220317-2017-10-30-09-18.jpg

さて宇佐には更に、すごいストーンサークルがあるというので行ってきました。
知る人ぞ知る「猪群山」(いのむれやま)です。

pc220318-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

国東半島中程にある猪群山は登山ルートが2つあります。
北側の「臼野コース」は30分ほどで比較的簡単に登れるコース。
南側の「常盤コース」は1時間強かかる、やや難関コース。
できれば「常盤コース」にチャレンジすることをおすすめします。

pc220320-2017-10-30-09-18.jpg

「常盤コース」には「臼野コース」にはない、名所が数多くあるからです。

pc220321-2017-10-30-09-18.jpg

登り始めて少しすると石垣が広がる場所に出ます。

pc220322-2017-10-30-09-18.jpg

ここはかつて炭焼きが行われていたところ。

pc220323-2017-10-30-09-18.jpg

古い炭窯の跡が点在します。

pc220324-2017-10-30-09-18.jpg

植林が盛んに行われていたようなので、ここで炭を作っていたのでしょう。

pc220325-2017-10-30-09-18.jpg

登り続けます。

pc220326-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

なかなかキツイ。

pc220328-2017-10-30-09-18.jpg

途中「天与水」という標識を見つけます。

pc220330-2017-10-30-09-18.jpg

水が湧いてます。
ここで喉を潤していたのでしょう。

pc220331-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

不思議な存在感のある木々を見かけます。

pc220332-2017-10-30-09-18.jpg

大きな岩には植林の記録が刻まれていました。

pc220333-2017-10-30-09-18.jpg

この辺りから大きな岩が見え始めます。

pc220334-2017-10-30-09-18.jpg

そして他を圧倒する巨岩が。

pc220335-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

「立石常盤遺跡」とよばれるもの。
苔むした巨岩は鬼と猪が運んだと伝えられています。

pc220402-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

ここまで割とペース良く登って30分といったところ。

pc220343-2017-10-30-09-18.jpg

しかしここからの勾配が地獄です。

pc220342-2017-10-30-09-18.jpg

小さなハートを見つけました。

pc220344-2017-10-30-09-18.jpg

汗も吹き出します。

pc220345-2017-10-30-09-18.jpg

もう帰りたくなる頃、開けた場所に出ました。

pc220346-2017-10-30-09-18.jpg

「いっぷく望」と名付けられたこの場所は、

pc220350-2017-10-30-09-18.jpg

「ミニストーンサークル」とも呼ばれ、幾つかのやや小ぶりな石が円形に配置されています。

pc220348-2017-10-30-09-18.jpg

展望も晴天なら良いでしょう。

pc220356-2017-10-30-09-18.jpg

「立石」から20分くらいでしょうか。
この間が勾配がきつく、最も大変でした。

pc220354-2017-10-30-09-18.jpg

「いっぷく望」を後にします。
ここからはいくらか傾斜が緩やかになった気がしました。

pc220358-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

夫婦岩のような不思議な岩があります。

pc220359-2017-10-30-09-18.jpg

登山道は道標が細かく記してあるので迷うことはありません。

pc220362-2017-10-30-09-18.jpg

巨岩の集落があり、その先に頂上が見えてきました。

pc220363-2017-10-30-09-18.jpg

山頂に到着。
北側の「臼野コース」はここで合流です。

pc220400-2017-10-30-09-18.jpg

お目当のストーンサークルは、ここをT字に曲がった先にあります。

pc220365-2017-10-30-09-18.jpg

またひと谷、10分弱ほど歩いて行くとその姿を現し始めます。

pc220366-2017-10-30-09-18.jpg

明らかに今までとは違う雰囲気。

pc220368-2017-10-30-09-18.jpg

「陰陽石」がゲートのように立ちふさがります。

pc220372-2017-10-30-09-18.jpg

この隙間を通る時、体がぶるっとしました。

pc220370-2015-12-26-20-18-2017-10-30-09-18.jpg

案内によると中央の「神体石」を中心に東西33m南北42mの範囲に巨石が16個配置されているようです。
さらにその外側直径約70mの範囲に24個の石が配置され、その外側に2mほどの土坡をめぐらしているそうです。
pc220373-2017-10-30-09-18.jpg

中央の「神体石」。
この巨岩は磁気を帯びていて磁石が効かなくなるそうです。

pc220386-2017-10-30-09-18.jpg

この岩は「山幸彦」「海幸彦」の伝説から山幸彦が龍宮から持ち帰った「潮盈珠」(しおみちのたま)、「潮乾珠」(しおひのたま)を置いた場所とされています。
岩の天辺はくぼみがあり、満潮時には水が満ち、干潮時には水が乾くといいます。
またこのくぼみの中に金魚がいて、これを見た人は盲目になると言い伝えられます。

pc220387-2017-10-30-09-18.jpg

これに似た巨岩が、佐賀の金立山頂に徐福の伝説とともにありました。

pc220376-2017-10-30-09-18.jpg

この神域は「オミセン」と呼ばれ、昔から女人禁制になっていたそうです。

pc220389-2017-10-30-09-18.jpg

神体石の下には手水鉢のような石が。

pc220379-2017-10-30-09-18.jpg

ここはかつて祈りを捧げた祭祀の遺跡でしょう。

pc220378-2017-10-30-09-18.jpg

この広い場所に点在する岩々はいつからそこにあるのでしょうか。

pc220381-2017-10-30-09-18.jpg

饒速日・徐福の子孫は物部氏となります。
彼らは祭祀と武力に長けた一族でした。

pc220382-2017-10-30-09-18.jpg

物部の王「イニエ」は遠く東の大和に焦がれ、東征を決意します。
しかし政(まつりごと)に不可欠な巫女がいなかったため、宇佐の月読みの巫女「豊玉姫」とその王国に同盟を持ちかけます。

pc220385-2017-10-30-09-18.jpg

豊王国にやって来た物部氏、またはその子孫が、この猪群山の山頂にいくつかの巨石を発見し、配置し直し、この祭壇を造り上げたのではないでしょうか。

pc220391-2017-10-30-09-18.jpg

古代にはここで月の神、もしくは道教で祭祀された星の神を祀ったのかもしれません。

pc220397-2017-10-30-09-18.jpg

金立山、猪群山の山頂にある神の石の頂きにあるとされる水の鏡は、天体の神を映しとる神籬だったのでしょう。

pc220395-2017-10-30-09-18.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中