銀山上神社

投稿日:

1____p7050121-2017-08-12-19-00.jpg

対馬の苔寺があるというので行ってみました。

1____p7050114-2017-08-12-19-00.jpg

そこは寺ではなく、苔の参道が見事な神社でした。
「銀山上神社」(ぎんざんじょうじんじゃ)は日本で銀を産した始まりと日本書紀にも記載がある古社です。

1____p7050115-2017-08-12-19-00.jpg

銀山上神社は対馬の南西、厳原町の久根(くね)という、少し山に入り込んだところにあります。
古代、銀を朝廷に献上したことから当時は大調(おおつき)と呼ばれていました。

1____p7050116-2017-08-12-19-00.jpg

緑の絨毯を敷き詰めたような参道。

1____p7050118-2017-08-12-19-00.jpg

辺りは日中も薄暗く、参道は苔むしています。

p7050122-2017-08-12-19-00.jpg

苔を踏まずに歩くことは不可能なので、なるだけ優しく歩きます。

1____p7050125-2017-08-12-19-00.jpg

やがて拝殿が見えてきました。
御祭神は諸黒(もろくろ)神と安徳天皇です。

1____p7050127-2017-08-12-19-00.jpg

諸黒神は朝鮮半島から来た鉱山技術者を神格化したものではないかといわれています。
安徳天皇は、壇の浦で入水し、わずか八歳で崩御しましたが、
この久根地区では、対馬に逃れて生き延び、対馬島主、宗氏の始祖であると信じられています。
安徳天皇の御陵と伝えられるものも、近くにありました。

1____p7050130-2017-08-12-19-00.jpg

行くには不便な場所にありますが、足を延ばす価値は十分にありました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください