越智神社:八雲ニ散ル花 龍宮ノ末裔篇 11

投稿日:

a050045-2021-06-18-21-00.jpeg

宇佐公康著『宇佐家伝承 古伝が語る古代史』によると、宇佐稚屋は伊予国の越智氏と数年にわたって戦ったと伝えられ、その時に彼は、越智宿禰の娘ですでに夫も子供もあった常世織姫(とこよおりひめ)を拉致して凱旋し、そのまま結婚をして宇佐押人が生まれたのだと記してあります。

a050046-2021-06-18-21-00.jpeg

宇佐公康氏はまた、稚屋は神武天皇と菟狭津媛の間に生まれた皇子であるとしており、稚屋の子・押人が応神天皇であると著書の中で述べています。
つまり応神天皇は神武天皇の皇孫であるというのです。

a050047-2021-06-18-21-00.jpeg

初代神武帝の孫が15代応神帝であるとなれば欠史八代どころの話ではなく、万世一系はスカスカであるということになってしまいます。
さすがにこれは無理がある。
無理があるのですが、ここでいう神武が物部イニエ王(10代崇神帝)であるとするなら、この話も少し意味深いものとなります。

a050050-2021-06-18-21-00.jpeg

宇佐家伝承における神武がイニエであるなら、菟狭津媛(うさつひめ)は豊玉姫ということになります。
ならば越智宿禰の娘を強奪したという宇佐稚屋とは「豊彦」のことでしょう。
年代的に宇佐押人=応神帝が豊彦の息子であった、とはなりませんが、彼の末が竹葉瀬ノ君=応神帝であったことを考えると、流れの辻褄は合うように思われます。

a050051-2021-06-18-21-00.jpeg

nokananさんに教えてもらった竹葉瀬ノ君の考察は、彼は貫前神社から越の居多神社に移動し敦賀の氣比神宮に船で移動して、そこで秘密裏に息長足姫(神功皇后)の養子となったのではないかというものでした。

e5908de7a7b0e69caae8a8ade5ae9a-2-2021-06-18-21-00.jpg

それで貫前神社から居多神社までのルートを探っていると、なんとその途中に越智神社を2社見つけたのでした。

a050049-2021-06-18-21-00.jpeg

前置きが長くなりましたが、そんなことで、長野県須坂市幸高にある「越智神社」(おちじんじゃ)をはるばる訪ねてみたのです。

a050052-2021-06-18-21-00.jpeg

とても素朴な神社です。
創祀・創建年代は不詳。
式内社「越智神社」の論社のひとつで、湧水池の多いこの地に移住した越智氏が、その祖である饒速日命を奉斎したと伝わります。

a050053-2021-06-18-21-00.jpeg

本殿の横には越智池という湧水池の跡がありました。
そこには井上・須田・高梨氏の城主が寄進したという三神石(さんしんせき)も置かれています。

a050054-2021-06-18-21-00.jpeg

越智氏(おちうじ)は古代日本の伊予国(愛媛県)の豪族で、『国造本紀』によると、物部氏の大新河命の孫・小致命(おちのみこと)の子孫であると記してあります。

a050055-2021-06-18-21-00.jpeg

宇佐公康氏は宇佐稚屋は越智氏と数年にわたって争い、その娘・常世織姫を拉致して后としたと言いますが、稚屋=豊彦は物部本家のイニエ王と宇佐・豊玉姫との間に生まれた皇子であり、しかもその頃の伊予国は豊王国の勢力域であったので、二者が争う理由がありません。
越智家は、自ら常世織姫を次代の王に差し出したのではないかと思われます。

a050060-2021-06-18-21-00.jpeg

やがて豊彦が大和に東征し、さらに上毛野国に追いやられる時、常世織姫と越智家の一部の人は彼に追従したのではないでしょうか。
越智家はその後も豊彦の子孫の世話をし、竹葉瀬ノ君とともに北上、その途中で一部の人が当地に定住したのではないかと推察します。

a050061-2021-06-18-21-00.jpeg

越智神社の境内社の一つを覗いてみると、

a050062-2021-06-18-21-00.jpeg

実にリアルなサイノカミが祀られていました。

a050063-2021-06-18-21-00.jpeg

当社は明治三年の松代藩書上帳には、祭神が健御名方命となっており、一時期「諏訪大明神」と呼ばれていたこともあるようです。

a050064-2021-06-18-21-00.jpeg

確かに、出雲的な祭祀の雰囲気を感じなくもないところです。

a050065-2021-06-18-21-00.jpeg

c1d-2021-06-18-21-00.jpg

a050066-2021-06-18-21-00.jpeg

長野県中野市にある、もう一つの「越智神社」も訪ねてみました。

a050067-2021-06-18-21-00.jpeg

道を挟んで向かい側には稲荷社があります。

a050070-2021-06-18-21-00.jpeg

当社創祀・創建年代は不詳。

a050071-2021-06-18-21-00.jpeg

当初は、越智山と呼ばれる山の山頂に鎮座していたが、参拝困難なため、麓に里社を造営したと伝えられます。

a050073-2021-06-18-21-00.jpeg

その後、洪水もあって現在地に遷座され、山頂の奥社には石祠があるのだそうです。

a050084-2021-06-18-21-00.jpeg

祭神は同じく、越智氏の祖神である饒速日命。
しかし相殿に、御穗須須美命(みほすすみのみこと)を祀り、後に菅原道眞が合祀されています。

a050075-2021-06-18-21-00.jpeg

ミホススミ姫と言えばタケミナカタの妹で、出雲に残り、亡くなった父を美保関に祀ったと富家は伝えています。
美保神社では「三穂津姫命」(みほつひめ)という名で、改竄された記紀の伝承通り、大国主の妻として祀っているようですが。

a050076-2021-06-18-21-00.jpeg

境内奥にある石祠と本殿の間に、

a050077-2021-06-18-21-00.jpeg

二つの磐座があります。

a050078-2021-06-18-21-00.jpeg

その一つには何やら彫られた文字が。

a050079-2021-06-18-21-00.jpeg

これは「越文字」とも、「豊国文字」とも呼ばれる神代文字なのだそうです。

a050080-2021-06-18-21-00.jpeg

豊国文字は日本語の五十音に対応しており、象形文字の古体象字とカタカナに似た新体象字があり、濁音を表す「濁り字」なども存在するそうです。
これは新体象字で「ミホススミノミコト」と彫られているようで。

a050082-2021-06-18-21-00.jpeg

豊国文字は古史古伝の『上記』(うえふつみ)や『竹内文書』、『九鬼文書』(くかみもんじょ)などに記されていますが、それらの書の真偽と同じく、神代文字の正当性も議論分かれるところです。

a050081-2021-06-18-21-00.jpeg

どちらにせよ、この彫られた文字は後世のもので、修験者が彫ったものだろうということです。
それよりも僕には、この磐座が月形をしていることの方が気になりました。
豊家は月神信仰です。
豊家に感化された越智家の末裔が月神を祭祀したのではなかろうかと、ふと思われたのでした。

a050085-2021-06-18-21-00.jpeg

2件のコメント 追加

  1. れんげ より:

    こんにちは。
    応神天皇が敦賀で神様と名前を交換とか、神武も崇神もハツクニシラススメラミコトだったりとかいう、古事記や日本書紀のナンノコッチャ?を「ああ、何かそんな事情があって、あんな記載をするに至ったのですね」と納得させてくれる気持ちのいい考察ですね♪。

    ちなみに、今回の「ミホススミノミコト」と書かれているという文字については、「コ」だけがハングルの「コ」の音と一致しますが、これはたまたまかな。何でも結びつけるのもいけませんね(^^;)。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      れんげさん、おはようございます♪
      『日本書紀』にある「応神天皇の子の大鷦鷯尊と武内宿禰の子の平群木菟宿禰とは同日に生まれた。その際、応神の子の産殿には木菟が、武内宿禰の子の産屋には鷦鷯がそれぞれ飛び込んだので、その鳥の名を交換して各々の子に名付けた。」というのも、武力で王朝がとって替られたことを意味しています。
      応神帝の息子はウジノワキイラツコでしたが、武内宿禰系のオオサザキ(武内襲津彦の甥・平群臣都久の子?)によって殺されたとのことです。

      神代文字はいわゆる偽書と呼ばれるものに書かれているので、一概に否定はできませんが、扱いは慎重であるべきでしょう。
      大分の方にも象形文字タイプの豊国文字が刻まれた石があるそうなので、いつか訪ねてみようと思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください